国際公務員の勤務時間・休日

勤務地によって大きく変わる

国際公務員という職業に就くと、多くの場合、日本国内で働く人たちとはだいぶ異なった働き方や生活スタイルとなるでしょう。

それというのも、国際公務員は専門職に就くとほとんどが母国外での勤務となり、赴任地の文化や習慣などに影響された生活となるからです。

日本人の場合も、多くの人が海外で勤務しています。

そこでは日本とは異なる時差の環境で仕事をすることになりますし、勤務時間や休日も勤務先によって変わってきます。

業務内容や階級によってはフレックス勤務として、仕事を滞りなくこなせる範囲で個人が勤務時間を調整できることがあります。

とくにフィールドワーク(現地調査)の仕事においてフレックス体制が適用されるケースが多いようです。

休日・休暇は?

国際公務員の休日についても、勤務先となる機関によって異なります。

多くの場合、平日に仕事をして土・日曜日に休みとなるようです。

休暇については、年齢やポストに関わらず1年につき30日間の年次有給休暇が与えられるのに加え、病気休暇、特別休暇、出産休暇があります。

また、本国外で勤務する職員は、2年に1回(勤務困難地では1年に1回)機関側の費用によって家族とともに自国へ帰ることができる帰国休暇制度もあります。

帰国休暇が1年に1回のサイクルの勤務地で、家族が勤務地国外に居住している職員の場合は、家族訪問休暇という休暇制度も適用されます。

国際公務員は忙しい?

どのような機関で働くのかによって仕事内容は異なるため、仕事の忙しさも人によってまちまちっだといえるでしょう。

ただし、全体として国際公務員は高い能力や意識をもって職務を遂行することが求められており、専門性を発揮しながら日々忙しく働くことになるでしょう。

とはいえ、普段は機関ごとに定められた休日をきちんと取得することができ、日本とは異なる生活環境での暮らしを楽しんでいる人が多いようです。