警備員への転職・未経験からなるには?

警備員は、他の職業と比較しても、転職してこの仕事に就く人の割合が大きいといえるでしょう。

本記事では、警備員の転職理由やその状況などを紹介します。

警備員への転職状況は?

警備員になるには特別な学歴や資格は必要なく、既定の研修を受ければ誰でも警備員を目指すことができるため、転職は比較的容易です。

未経験からでも健康状態がよく意欲的であれば、警備員として一からやっていくことは可能なため、年齢を問わず転職することができます。

警備員への転職の志望動機で多いものは?

警備員への転職理由で多いのは、需要が高く、経験を生かせる仕事であるという動機です。

経験者は優遇される傾向にあるため、再就職の際は有利です。

さらに、警備に関する資格を取得していれば有資格者として優遇されます。

特別な知識やスキルを必要とせず、体力さえあればだれでもチャレンジしやすい仕事であるうえ、長く働くことができるため、高齢でも警備員に転職する人は多くいます。

警備員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から警備員になるには

未経験・社会人からであっても、警備会社の試験を受け採用され、既定の研修を受ければ誰でも警備員になることができます

警備員は慢性的な人手不足で、警備会社では採用を強化しているため、他の職業に比べると転職のハードルは低いといえます。

警備員への転職に必要な資格・有利な資格

新卒の際と同様、警備員になるために特別な知識やスキルは必要なく、必要なのは意欲や体力です。

もし警備の経験があったり、警備の資格を取得していたりした場合は経験者として重宝されるでしょう。

警備員に必要な資格や検定はある?

警備員への転職に役立つ職務経験は?

警備員への転職で役立つ職務経験は特にありません。

警備会社に就職すると研修があるため、あらかじめ知識やスキルを学んでおく必要はないでしょう。

しいていえば、警備員は施設のお客さまや利用者、依頼者と直接触れ合う機会が多いため、接客などの経験がありコミュニケーション能力があると仕事をするうえで役に立つかもしれません。

警備員への転職面接で気をつけるべきことは?

警備員は転職で仕事に就く人も多いため、誰でも簡単になれると思っている人も多いかもしれません。

しかし、警備員は安全・安心を守る仕事であるため、採用側も面接で印象の悪い人を採用するわけにはいかないのです。

以下のような細かいところまでチェックされていることが多いので注意しましょう。

面接でチェックされるポイント
  • 身だしなみは整っているか
  • きちんと自分の言葉で話し相手とコミュニケーションができるか
  • 面接時の態度

警備員に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

警備員のなかには定年を迎えたあとも働いている人は多くいます

ただし年齢が上がると正社員として雇用されにくく、やむなくアルバイトとして働いている人もいるようです。

もし警備員として転職し、キャリアアップを目指していきたいのであれば、少しでも若いうちに行動したほうがよいでしょう。

未経験から警備員の転職での志望動機

警備員という職業は未経験からの転職でもハードルが低い仕事ですが、単に「自分にもできそうだから」「体力に自信があるから」などの安易な志望動機は採用には至らないでしょう。

街や人の安全・安心を守る仕事として警備員という職業をどのようにとらえ、どのように働きたいのかを具体的に話せるようにしておくことが大切です。

警備員の転職状況のまとめ

警備員になるには特別な学歴や資格は必要なく、既定の研修を受ければ誰でも警備員を目指すことができるため、転職は比較的容易です。

未経験からの転職でもハードルが低い仕事ですが、単に「自分にもできそうだから」「体力に自信があるから」などの安易な志望動機では採用は見込めません。

街や人の安全・安心を守る仕事として警備員という職業をどのようにとらえ、どのように働きたいのかを具体的に話せるようにしておきましょう。