警備員の求人・就職状況・就職先選びのポイント

警備員の就職先にはどんなところがある?

警備員のおもな就職先は、警備会社です。

会社の規模も大手から中小までさまざまであり、企業基盤が安定しており、給与などの待遇面でも恵まれていることが多い大手企業は人気が高くなりがちです。

また、各社で社内教育制度にも違いがあります。

経験者を優遇しているところもありますが、未経験からしっかりとスキルを身につけていける会社も多いため、安心して就職することができます。

警備員の求人の状況

警備員の求人の増加

近年は警備員の需要が増していること、また既存の警備員の高年齢化が進んでいることなどから、新たに採用活動を行う警備会社は増え、求人数は増えているようです。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、少子高齢化が続く日本では、今後警備員の需要は増えていくと考えられています。

近年はIT・AIの発達により、これまでのように現場に常駐する警備員は少なくなり、監視モニターやセンサーを駆使して遠隔で警備をする仕事も増え、警備員の仕事は多様化しています。

今後警備員という仕事を目指す場合は、こうした機会がより増えると考えられ、ただ警備の知識やスキルを身に付けているだけでなくITやAIの活用にも長けている必要があるでしょう。

キャリアプランを踏まえて就職先を考える

会社によって考え方は異なりますが、新卒の正社員として採用された人は入社後の数年間は現場の警備業務に就き、その後は本社で幹部候補としての仕事を任されることもあるようです。

警備員といっても、警備の内容は会社によっても異なるため、自分のキャリアプランをイメージしながら就職先を考えていくとよいでしょう。

警備員の就職先の選び方

警備員といっても、さまざまな仕事があります。

警備会社によって、仕事内容は施設警備・交通誘導・雑踏警備・ボディーガードなどまちまちで、得意とする分野も違います。

自分がどのような警備をしたいのかを考え、それに合った就職先を選ぶとよいでしょう。

また、警備の仕事をする上では各種資格や検定の取得が欠かせません。

そうした資格を取得し業務の幅を広げることができるか、キャリアアップの道が開けているかどうかなども事前に調べておくとよいでしょう。

警備員の志望動機・面接

若くして警備員を目指す人は、「安全・安心を守る」という警備員の役割に魅力を感じていることが多いようです。

子どもの頃から警備員の制服姿に憧れを抱き、自分もあのような服を着て格好よく働きたいというところから警備員になる人もいます。

ビルや商業施設などでも見かける警備員は、ある意味では警察官よりも身近な存在かもしれません。

もともと体を動かすのが好きで、使命感や責任感が強い人が警備員を目指すこともよくあります。

警備員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

警備員の求人は比較的多く、一般的な求人サイトやハローワークでも多く見つけることができます。

なかには警備の求人をメインに掲載している求人サイトもあるため、積極的に活用するとよいでしょう。