葬儀屋のつらいこと、大変なこと

体力的なつらさ

葬儀屋としてつらいことは、体力を消耗することです。

葬儀の依頼が入れば、ひと通り仕事が終わるまでの数日間、休むことができません。搬送や納棺などで、遺体を持ち上げるときや、棺を運ぶときには体力を使いますので、腰を痛めることもあります。

また、葬儀の日は、ほとんど一日中ずっと立ち続けていなければなりません。極寒のときに、暖房のない場所で葬儀の参列者を誘導することもありますし、嵐の中でも外で案内をする場合もあります。

さらに、葬儀が重なると、徹夜で作業するケースもあります。睡眠不足のまま仕事をするときは、体力的に一番つらく感じます。

精神的なつらさ

葬儀屋になりたての人がつらいと感じるのは、肉体面よりも精神面に負担がかかったときです。

まず、乗り越えなければならない壁は、遺体の処置です。病院で亡くなられた場合は、それほど問題はありません。

しかし、警察に呼ばれて、事件や事故で亡くなった人の遺体を引き取るときは、はじめはショックを受けます。このような遺体に慣れるまでは、精神的な負荷がかかります。

また、遺族との関係で大変な時もあります。葬儀屋に対して優しく接し、感謝してくれる遺族が多いのですが、ときには葬儀屋に不信感を抱えて厳しくあたる人もいます。

遺族同士の骨肉の争いを目の前で繰り広げられることもあり、人間不信に陥る葬儀屋もいます。

偏見をもたれるつらさ

葬儀屋は、ときには偏見の目で見られることがあります。とくに、年配の人たちのなかには死をタブー視していて、葬儀屋と聞いただけで嫌がる人もいます。

また、人の死を商売にしている、との言葉を浴びせられるときもあり、悲しい思いをすることもあります。

葬儀屋に偏見を持つのは、今まで身内の葬儀を出した経験がない人や、悪い葬儀屋に頼んで嫌な思いをした人たちです。きちんとした葬儀屋に依頼して葬式を出した人は、心無い言葉をかけてくることはありません。

葬儀屋は人が嫌がる仕事、というイメージを持たれることも多く、就職を家族に反対されたり、葬儀屋との結婚を反対されたりと、つらい思いをするときがあります。

それでも葬儀屋の人たちは、誇りと使命感をもって働いています。

もちろん、葬儀屋の仕事を理解してくれる人がほとんどですので、葬儀屋を目指す人は周囲の声にまどわされず、信念を持って目指しましょう。