探偵の勤務時間・休日

探偵になりたいと考えたとき、自分が望むライフスタイルに合った働き方ができるのか、1日の流れはどのようになるのかが気になるのではないでしょうか。

本記事では、探偵の休日や働き方などを紹介します。

探偵の勤務時間

探偵は一般的なサラリーマンや公務員とは仕事内容が違うため、勤務時間が明確に決まっているわけではありません。

あくまで仕事を軸にして日々の動きも決まります。

依頼内容によっては夕方まで休みで、夜から仕事が開始するといった不規則な勤務をすることもあります。

探偵の休日

いつどのように調査するかは状況や依頼内容によって変わりますから、土日祝日など決まった休日を取ることは難しいでしょう。

ですが、休みがまったくとれないといったことはあまりなく、会社規模にもよりますが、週に1日か2日は休日があります。

ただし、業務内容が一定ではないので1日の勤務時間が十数時間と長丁場なる場合もあります。

勤務時間や休日はおおむね勤務先の事務所の規模や従業員数に左右されます。

零細で人数も少ないところだと、サービス残業や休日出勤など厳しい環境に身を置くことになるケースもあります。

一方、チームを組んだり交代したりすることが可能なだけの人員がいる大手の場合は、勤務時間や休日を一般企業と同等に取れる会社も多いでしょう。

探偵の残業時間

地位があがって管理職になると、管理業務が増えるのは探偵事務所でも同じですが、人の上に立つ人間はやはりそれなりの貢献が求められます。

対外的な折衝や教育、管理と会社運営も加わってきて、一般会社の上役と同じように勤務時間が長くなる傾向はあります。

一般的に探偵業務は不確定な要素や突発的な事態も多いですから、予定外の出勤や残業は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

探偵に夜勤はある?

依頼内容や調査対象にもよりますが、探偵は調査のために夜通し待機をしたり張り込みをしたりすることもあります。

一般的な夜勤のように夜だけ働くということはほとんどありませんが、夜間にも活動する可能性があるということをあらかじめ知っておきましょう。

無料オンラインセミナーのお知らせ
超初心者でもできる 人生100年時代に向けた賢いお金の持ち方・増やし方 オンライン開催 2022年10月27日木曜日 20時から21時まで 参加無料 ファイナンシャルプランナー 虫鹿恭正(むしか やすまさ) 主催:アクサ生命保険株式会社
セミナー内容
  • つみたてNISAとiDeCoの違い
  • 変額保険、投資信託のメリット・デメリット など

探偵は忙しい? 激務?

探偵は依頼内容や調査対象によって仕事をする時間が変わるため、一般的なサラリーマンのように定時の概念がありません。

ときには連日休みなく調査をすることもありますし、早朝や夜中まで仕事をすることも少なくありません。

そのため、決められた勤務時間で働きたいという人には不向きな仕事でしょう。

探偵の休日の過ごし方

休日は体を休めてゆっくりする人が多いようです。

しかし、休日でも調査が気になってしまい、プライベートと仕事の線引きがなかなか難しいという人もいるようです。

探偵の1日・生活スタイル

探偵の勤務時間・休日のまとめ

探偵は一般的なサラリーマンや公務員とは仕事内容が違うため、依頼内容によっては夜から仕事が始まったり、休日が明確に決まっていなかったりします。

一般的に探偵業務は不確定な要素や突発的な事態も多いですから、予定外の出勤や残業は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

ハードな仕事ですから、たまの休日は体をしっかり休める人が多いようです。