探偵の勤務時間・休日

探偵の勤務時間

探偵は一般的なサラリーマンや公務員とは仕事内容が違うため、勤務時間が明確に決まっているわけではありません。

あくまで仕事を軸にして日々の動きも決まっていきます

決定的な証拠を掴む必要があるのに、定時出勤定時帰宅などは事実上不可能で、依頼された仕事にふさわしい勤務時間が設定されます。

場合によっては夕方まで休みで、夜から仕事が開始するといった不規則な勤務形態をすることもあります。

探偵の休日

調査対象者の休日の行動を調べる場合、相手の勤務体系によっては土日休みとは限りませんので、自分がいつどのように調査するかは状況や依頼内容によって変わります。

ですが、いくら多忙でも休みがまったくとれないといったことはあまりありません。

会社規模にもよりますが、週に一日か二日は休日がとれるようになっています。

ただし、一日の勤務時間が十数時間と長丁場なる場合もあります。

業務内容が一定ではないので、はっきりとした時間は定まっていないためです。

勤務時間や休日は勤務先の事務所の規模や従業員数に左右されるところもあります。

やはり零細で人数も少ないところだと、多忙な日にはサービス残業のような形で仕事が伸びたり、休日出勤をしたりなどの厳しい職場環境の場合もあるようです。

逆に大手の場合、一つの事件でチームを組み交代要員も豊富にいるため、週休二日で勤務時間も常識的な範囲内におさめられるということもあります。

探偵の残業時間

地位があがって管理職になると、管理業務が増えるのは探偵事務所でも同じですが、人の上に立つ人間はやはりそれなりの貢献が求められます。

対外的な折衝や教育、管理と会社運営も加わってきて、一般会社の上役と同じように勤務時間が長くなる傾向はあります。

一般的に探偵業務は不確定な要素や突発的な事態も多いですから、予定外の出勤や残業は覚悟しておいた方がいいでしょう。

探偵に夜勤はある?

依頼内容や調査対象にもよりますが、探偵は調査のために夜通し待機をしたり張り込みをしたりすることもあります。

一般的な夜勤のように夜だけ働くということはほとんどありませんが、夜間にも活動する可能性があるということをあらかじめ知っておきましょう。

探偵は忙しい? 激務?

探偵は依頼内容や調査対象によって仕事をする時間が変わるため、一般的なサラリーマンのように定時の概念がなく、勤務時間もあってないようなものとなっています。

ときには連日休みなく調査をすることもありますし、場合によっては早朝や夜中まで仕事をすることも少なくありません。

そのため、決められた勤務時間で働きたいという人には不向きな仕事でしょう。

探偵の休日の過ごし方

探偵は休みが不規則のため、しっかりと体を休めてゆっくりするという人が多いようです。

しかし、休日でも調査が気になってしまい、プライベートと仕事の線引きがなかなか難しいという人もいるようです。

休日でも調べものをしたり、現場に足を運んだりして仕事から離れられないという人もいます。

探偵の1日・生活スタイル