ローディーになるための学校

音楽の専門学校へ

ローディーになるために必要なのは楽器全般に関する知識や演奏技術です。

学歴に関しては特に求められませんが、音楽の専門学校で学んでおくと就職の際に即戦力になれることをアピールしやすいでしょう。

音楽の専門学校は全国的に見るとそれほど数は多くないため、東京や大阪などの大都市に集中している傾向があります。

学科の名前は学校ごとに異なり、「音響芸術科」「音楽芸能スタッフ科」「コンサートスタッフ専攻」「コンサート・イベント科」などを選択すると、楽器や機材、音響に関する勉強をすることができます。

専門学校のカリキュラムとしては、演奏の基本的な技術や音楽史を学ぶ授業があったり、楽器のメンテナンスやリペアの実習を受ける授業があったりするのが一般的です。

実際のイベント会場に行って機材のセッティングや音作りの方法を学ぶ機会もあるので、ローディーとしての基本的なスキルはここで身につけられると考えてよいでしょう。

履修期間は平均的には二年とされているので、高校を卒業してから専門学校に入学し、二十歳前後で専門学校卒業と同時に就職するという流れが一般的です。

少しでも早く現場に出たい、絶対にローディーになりたい、という明確な目標を持っている人にとっては専門学校は最短で夢を叶えられるルートのひとつともいえます。

音大や芸大に進学する人も

ローディーをめざす人の中には、音楽の専門学校ではなくて音大や芸大に進学して音楽の専門的な勉強をする道を選ぶ人もいます。

大学の場合は四年制のカリキュラムで学べることが多いので、じっくり腰を据えて知識と技術を身につけることができるのが大きな強みでしょう。

また、大卒という学歴を手に入れることができるので就職の幅も広がります。

ただし、音大や芸大はどちらかというと演奏のプロフェッショナルである演奏家や作曲のプロフェッショナルである作曲家、あるいは編曲者や指揮者などの育成に力を入れていることが多く、ローディーになるためのカリキュラムが充実していることはまれです。

専門学校と大学、それぞれにメリットとデメリットがあるのでよく比較してから選択することが大切です。