力士はどんな食事をしている? 摂取カロリーは?

力士といえばちゃんこ鍋?

力士の食事といえば、真っ先に思い浮かぶのが「ちゃんこ鍋」です。

実際、力士は毎日のようにちゃんこ鍋を食べており、それによって力士の体がつくられているといっても過言ではありません。

ちゃんこ鍋は、野菜や魚、肉をふんだんに使って調理されるため、バランスよく栄養がとりやすいというメリットがあります。

しかし実際のところ、ちゃんこ鍋そのものはそれほどカロリーが高いわけではなく、味付けをしたスープで大量の白米を食べることによって、体を大きくしようとしています。

なお、ちゃんこ鍋に使われる肉は一般的に鶏肉の場合が多く、牛肉や豚肉などは使用しません。

牛や豚などの4本脚の動物の肉は、「土俵に手を置く」という意味合いから、相撲の世界ではあまり縁起がよくないとされているためです。

ちゃんこ鍋以外も食べている

もちろん、力士はちゃんこ鍋以外を食べることもあります。

体の大きな力士たちですから、食事は1日に何度もとっているように想像するかもしれませんが、相撲部屋の食事は基本的には1日に2回だけです。

1回目は朝稽古を終えたあとの時間帯で11時くらい、2回目は昼寝を終えた18時から19時くらいの時間帯が一般的です。

1回目の食事は「昼ちゃんこ」、2回目の食事は「夜ちゃんこ」とも呼ばれ、実際にちゃんこを食べることが多いですが、他の料理を食べることもあります。

夕食時にはカレー、ラーメン、ステーキといったものを食べることも少なくありません。

さらに、寝る前にお腹が空いたときには、丼ものなどを夜食として食べている力士もいます。

食事を作るのは幕下の力士

相撲の世界は階級社会であり、食事についても番付が高い力士から順番に食べていきます。

大量の食事が作られますが、最後のほうに食事することになる幕下力士の順番になると、日によってはちゃんこ鍋の具がほとんど残っていないこともあります。

日々の食事を作るのは入門したての若者で、朝は5時くらいには起きて稽古をし、食事の準備にかかります。

なお、相撲部屋で料理をする人は「ちゃんこ番」と呼ばれます。

相撲部屋によってちゃんこの伝統の味付けは異なっており、先輩から教わりながらちゃんこ番としても腕を磨いていきます。

若手時代にそういった経験をしているため、現役引退後にちゃんこ店をオープンさせる元力士も少なくありません。

1日の摂取カロリーは?

力士はあれだけの大きな体を維持し、激しい稽古をこなすために、一般人よりもかなり多くのカロリーを摂取しています。

力士が一日の食事で摂取するカロリーは、約7000~8000キロカロリーといわれています。

一般男性の1日の摂取カロリーの目安は2400~3000キロカロリーとされており、重労働をする人でも3500キロカロリー程度です。

一般人とくらべて力士がどれほど多くのカロリーを摂取しているかがわかります。

普通の人がこれほど多くのカロリーを摂取した場合、成人病等のリスクがかなり高くなりますが、力士は日々の激しい稽古によってエネルギーを消費しているため必要なカロリーとなっています。