力士の食事

力士といえばちゃんこ鍋?

力士の食事といえば、真っ先に思い浮かぶのが「ちゃんこ鍋」でしょう。

実際、力士は毎日のようにちゃんこ鍋を食べており、それによって力士の体がつくられているといっても過言ではありません。

ちゃんこ鍋は、野菜や魚、肉をふんだんに使うため、栄養がとりやすいというメリットがあるようです。

しかし実際のところ、ちゃんこ鍋はさほどカロリーが高いわけではなく、味付けをしたスープで大量の白飯を食べることによって、体を大きくしようとしているそうです。

なお、ちゃんこ鍋に使う肉は、一般的に鶏肉となっています。

牛や豚などの4本脚の動物の肉は、「土俵に手を置く」ということから、相撲の世界ではあまり縁起がよくないとされているようです。

ちゃんこ鍋以外も食べている

もちろん、力士はちゃんこ鍋以外を食べることもあります。

力士の食事は1日2回が一般的で、1回目が朝稽古を終えた11時頃、2回目は昼寝を終えた18時から19時くらいが一般的となっています。

とくに夕食時にはカレー、ラーメン、ステーキといったものを食べることもあるようです。

さらに、寝る前にお腹が空いたときには、丼ものなどを夜食として食べている力士もいるそうです。

食事を作るのは幕下の力士

力士は階級社会であり、食事についても番付が高い力士から順番に食べていくことになります。

大量の食事がつくられますが、幕下力士になると、日によっては食事はほとんど残っていないこともあるようです。

日々の食事を作るのは入門したての若者で、朝は5時くらいには起きて稽古をし、食事の準備にかかります。

なお、相撲部屋で料理をする人は「ちゃんこ番」と呼ばれます。

相撲部屋によってちゃんこの伝統の味付けは異なり、先輩から教わりながらちゃんこ番としても腕を磨いていきます。

なお、こうした経験があるからこそ、現役引退後にちゃんこ店をオープンさせる元力士もいるようです。