回答者:スーさんさん(男性/34歳)

職業名:警備員 / 現在の状態:現役 / 経験年数:3年

仕事内容
私の会社は山形にあり勤務先自体は30人ほどの支社ですが、某大手警備会社の子会社として日夜業務を行ってます。

仕事内容は、取引先を警備するために人が来たら感知する機械を契約時に設置させていただき、仕事を終えて帰られる際にシステムを起動していただきます。

それで本来なら誰もいないはずなのに、そこで何か機械が反応を示した場合にそれは異常と捉え、私たち警備員が車で現場に駆けつけて原因を究明するという仕事です。

私がこの仕事を始めたきっかけは、元々自衛隊で勤務しており、任期が終わって次の仕事を探さないといけなくなった際に紹介されたことがきっかけです。
仕事のやりがい
やりがいといえばやはり毎日違うことが起こる、これに尽きるのではないかと思います。

現場に駆けつける以外にもATMが止まった場合にATMの中を調べたり、誰かが交通事故を起こした場合に保険屋さんの代わりに現地に行って状況を調べたり、とにかく毎日違うことが起こりますので退屈しない日々が送れます。
覚悟しておいた方がいいこと
将来性はあると思います。

現場では機械が監視してますが、機械は同じことしかできないので、毎回状況が違う現場では結局最後は人間が見極めることになります。

ただこの通り24時間機械が動いているものですから、こちらも土日関係なく24時間勤務となりますので、周りの人達とは都合を合わせるのが難しいところがあります。
給料・待遇
私は山形ですので都会よりは安いと思うのですが、34歳で勤続年数3年の私の収入が大体24時間を月10日ほどの勤務で月収22万に交通費で各種保険が引かれて手取り18万円位です。

それに年4ヶ月分のボーナスがあり年収350万円位です。

ちなみに山形では多い方です。
この職業の恋愛・結婚事情
基本女性が少ない仕事ですので社内恋愛はまずないですが、その中で働いている数少ない女性の大半は関係者と結婚しています。

私の所属する支社だけが特別なのか、この支社は独身が多いです。

だからといって女性ができにくい訳でもなく、既婚者ばかりの支社もあり、不思議なアンバランス差です。

やはり自分で苦労して相手を見つけるしかないようです。

ただ結婚しても拘束時間は長いものの休みは多いので、家族計画サービスの時間は取りやすいです。
この職業を目指す人へのメッセージ
とにかく特殊で覚える仕事のジャンルが多岐に渡るので、一通り覚えるまでは本当に苦労します。

ただ、毎日会社行って机に座って終わる日々と違い、同じ一日がなく毎日毎日ストーリーができます。

同じ毎日に飽きている人になら天職になると思いますよ。