医療情報技師の勤務時間、休日

勤務時間は平日がメイン

医療情報技師の多くが病院や医療関係の企業で働いています。

基本的に病院の診療時間に合わせて働くことになるので、平日の8時半から夕方6時頃にかけて勤務をすることが多いようです。

出勤してから朝礼、午前中の勤務、昼食休憩、午後の勤務、退勤と規則正しい働き方ができることもありますが、情報システムを扱う仕事なのでトラブルがあった際には緊急の対応が必要になるのが特徴です。

ときには夜遅くまで残業をすることもありますし、重大なアクシデントが起きた際には休日返上で働くこともあります。

システムの開発に携わるか、運用や管理に携わるかによっても働き方は変わってくるので、担当する業務によっては残業が多い職場となることもあるようです。

土日や祝日に休める傾向

日本全国の病院に共通していることとして、土曜日の午後や日曜日、祝日などは休診にするのが一般的とされています。

もちろん、救急医療や産婦人科などは年中無休で診療していますし、時代の変化とともに病院のスタイルも変わってきました。

近年では都会を中心に夜遅くまで診療している歯医者や皮膚科、メンタルクリニックなども少しずつ増えてきてはいますが、他のサービス業に比べると圧倒的に土日祝日が休みとなる確率が高いといっても間違いないでしょう。

このような理由から、医療業界で働く医療情報技師は、他の業界のエンジニアに比べるとどちらかというと世間の暦に合わせた働き方がしやすいという傾向があります。

土日休みはしっかり確保したい、祝日は家族と一緒に過ごせるようにしたいという人にとっては理想的な職場かもしれません。

医療情報技師の長期休暇

医療情報技師は、ゴールデンウィークや盆休み、年末年始の休みなどの長期休暇もしっかり取得できることが多いようです。

女性の場合は産休や育休、介護休暇などが取りやすいような福利厚生の充実している病院を選ぶとより働きやすくなるでしょう。