医療事務の勤務先の種類と仕事内容の違い



医療事務の勤務先・働き方の種類

医療事務はおもに医療機関に勤務して働きます。

ひと口に医療機関といってもさまざまな形態がありますが、大きく分けると「病院」と「診療所」の2つが挙げられます。

「病院」は入院のためのベッド数が20床以上備えられている施設を指し、総合病院を含む「一般病院」や「精神科病院」「感染症病院」などが当てはまります。

入院のためのベッド数が19床以下、もしくは入院の設備がない施設は「診療所」に分類され、クリニックや医院と呼ばれることもあります。

入院病棟のある一般病院で勤務する場合、診療科や患者の数が多いため、医療事務の業務は分担制になるのが一般的です。

受付業務、クラーク業務、会計業務など、それぞれに特化した業務を担当することになります。

一方、規模が小さい診療所で働く医療事務スタッフは、受付から会計まで、一人で幅広い業務をこなすことが多いです。

また、歯科医院や調剤薬局、訪問看護ステーションなどでも医療事務が必要とされます。

医療事務の仕事内容

総合病院で働く医療事務

総合病院には複数の診療科があり、たくさんの患者が外来診療に訪れます。

また、入院施設も備わっているため業務内容も多岐に渡わたります。

そのため、規模の大きい総合病院では、患者さんの対応や医師看護師のサポートをスムーズにおこなえるよう、医療事務スタッフは分業制で働いています。

外来の受付や入退院の受付業務、外来・病棟クラーク、請求事務、会計業務など、担当業務に特化した専門性を身につけることができます。

医療事務の特定の業務に関するスペシャリストになりたい人にとってはメリットだといえるでしょう。

ただし、受付からレセプト作成、会計までの業務全体の流れを把握しにくいため、配属先によっては転職などの際に即戦力として見てもらえない可能性があります。

分業制の職場では、患者さんだけでなく関連する部署で働くスタッフとの連携が不可欠です。

たくさんの人と関わることになるため、コミュニケーションスキルが求められます。

クリニックで働く医療事務

個人で開業している小規模なクリニックは、総合病院と比べてスタッフの数が圧倒的に少ないのが特徴です。

分業制をとるのが難しいため、一人の事務スタッフが担当する業務は多岐にわたります。

受付や会計業務、カルテの管理、レセプトの作成といった基本的な業務はもちろん、院内外の清掃や開院準備、事務用品や備品の発注などをおこなうこともあります。

医師や看護師とのやりとりも多く発生し、クリニックによっては看護助手などの仕事をするケースもあります。

たくさんの仕事をこなす必要があるため覚えることも多いですが、医療事務に関する総合的なスキルを得られるメリットがあります。

一方、スタッフの数が少ないため、総合病院よりもシフトや休暇の融通が利きづらいと感じる人もいます。

病院・クリニック以外で働く医療事務

医療事務は、歯科医院や調剤薬局など、病院・クリニック以外でも必要とされる職業です。

内科や皮膚科、眼科などの医科と同じく、歯科にも診療所(歯科医院)があります。

この歯科医院にも、受付や会計、レセプト作成などをおこなう医療事務スタッフが勤務しています。

ただし、歯科の場合は、医療器具の準備や管理、歯科医師のサポートをおこなう「歯科助手」と呼ばれるスタッフが医療事務を兼ねることが多いです。

また、調剤薬局にも医療事務スタッフが働いており、薬剤師登録販売者のサポートとして処方箋の受け取りや調剤報酬請求業務、会計などをおこないます。

とくに調剤薬局の医療事務は「調剤薬局事務」と呼ばれることもあります。

ほかにも、訪問看護ステーションや救急診療施設、企業内の診療室なども医療事務スタッフの勤務先となります。

公務員の医療事務

国立大学の付属病院や、県立・市立病院に勤務する公務員の医療事務スタッフもいます。

公務員の医療事務の場合、自治体によるものの、おもに2つの部署に分けられます。

ひとつは「医事課」と呼ばれる部署で、民間の病院と同じく受付や会計業務をおこないます。

ただし、専門的な医療事務に関しては委託業者が請け負っていることが多く、最近の公立病院の事務スタッフはレセプトの作成を担当しない場合がほとんどです。

もうひとつの部署は「管理課」と呼ばれ、病院の建物管理や職員のサポートをおこないます。

病院に勤務する医師や看護師などの人事や給与計算、医療機器や消耗品の管理、病院施設の整備など、患者ではなく職員を相手に仕事をする裏方の役目を果たします。

民間の病院とは異なり、基本的には公務員試験を受験する必要がありますが、近年では民間と同じような選考の方法をとる公立病院も増えています。