放送作家になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・スクール)

放送作家になるための学校の種類

放送作家になるためにはさまざまな方法があります。

大学を卒業してから放送関係の事務所やプロダクションに就職する人もいれば、放送作家に弟子入りしたりラジオ番組へネタを送るハガキ職人からパーソナリティに認められたりして放送作家になる人もいます。

この他にもスクールに通ってコンクールを目指し、放送作家になるという方法もあります。

しかしながら、このスクールはあくまでも知識やスキルを身につけるための場所であり、資格系の専門学校やスクールのように勉強して資格を取ったら必ず放送作家になれるというわけではありません。

放送作家に必要なのは資格ではなく、才能なのです。

その才能を少しでも身につけたり、台本の書き方や文章能力などを学んだりするために、就職前に学校に通うと考えておくとよいでしょう。

放送作家になるには

放送作家になるための大学

放送作家を目指すために大学に行きたい人は、マスコミ関係の学部がある大学を選んだり文系の学部を選んだりすることが多いようです。

もちろん、理系の学部だからといって放送作家になれないということはありません。

幅広い知識を身につけることや日本語能力を磨くこと。

こうしたことを目的とするのであれば、どのような大学のどのような学部に行っても問題ないでしょう。

ただし、実際にテレビ局番組制作会社でアルバイトをしたいという人や放送作家の養成スクールにも通いたいという人は、関西や関東のような大都市圏のほうが選択肢が広がることがあります。

学生時代に始めた放送業界でアルバイトがそのまま就職に繋がることもあるので、こうしたチャンスが広がる都心の大学に進学するのもひとつの方法です。

放送作家になるための専門学校

放送作家を目指す人のなかには、放送系の専門学校に進学する人もいます。

放送系の専門学校ではカメラマンや映像編集、シナリオ制作などのコースに分かれていることが多いので、放送作家を目指すのであればシナリオ制作や脚本などを学べるコースを選ぶとよいでしょう。

もちろん、撮影や編集を学ぶ場合も、放送作家の仕事に役立てることができる知識を身につけることはできます。

専門学校ではカリキュラムに沿って放送の歴史から機材の扱い方、企画の立て方やアイディアの出し方まで幅広く学ぶことができます。

卒業後にすぐに就職できるよう実践的な知識やスキルを教えてくれることが多いので、高校卒業の段階で「放送作家になりたい」という明確な目標がある人は、専門学校への進学を視野にいれることもできるでしょう。

放送作家になるためのスクール

放送作家になるための学校として、現役の放送作家が主催しているスクールや養成塾、講座などもあります。

基本的には短期の講座で、社会人から学生まで講習料さえ払えば誰でも参加できることが多いようです。

講座の内容はスクールによってさまざまですが、毎回の講座で自身が考えて来た企画を提出し、現役の放送作家や講師がその企画にダメ出しをしていくという内容が一般的です。

受講生同士でディスカッションをすることもあります。

バラエティ番組の企画からドラマの脚本、コントの台本までさまざまなカリキュラムがあります。

スクールによっても特徴がありますので、自分が何を学びたいかをもとに、どのスクールがよいのかを調べてみるとよいでしょう。