庭師野村 ゆみさん

1976年京都生まれ。埼玉の大学で管理栄養士の資格を取得後、病院に就職し、管理栄養士として勤務。退社後、千葉大学園芸別科で2年間学び、28歳時に造園会社に就職。1年半の勤務の後、2008年に庭師として独立。

座右の銘:超えられない試練はない

HP:花蝶園ホームページ / 女庭師のお仕事日記

仕事内容を教えて下さい。

庭師として、個人のお客さまを中心に、ご自宅のお庭の「剪定(せんてい)」や「庭造り」をしています。

「剪定」とは、樹木の枝を切るなどして形を整えることです。「庭造り」は、お客さまとどういう庭をつくるかを相談するところからスタートして、ゼロから庭を仕上げるところまでやります。

1日の仕事の流れを教えて下さい。

だいたい6時ごろに起床し、朝8時には現場に到着しています。準備を終えたら、剪定作業を始めます。10時、12時、15時に休憩がありますが、それ以外の時間はずっと作業をしています。

暗くなったら作業ができないので、季節にもよりますが、17時ごろには作業を終えて、片付けをして事務所に帰ってきます。事務所に帰ってきたら、枝や葉っぱのゴミ捨てです。大量にあるので、捨てるのもなかなか大変です。

そのあと事務処理や次の日の準備をして、19時すぎぐらいに1日の仕事が終わります。

一つの現場での作業は何日ぐらいで終わるのですか?

個人のお客さまのお庭の剪定作業は、ほぼ1日で終ります。期間としては半年に1回か1年に1回といったところです。

庭造りの場合は、一つの現場で1ヶ月ぐらいかかることもありますね。

お休みはありますか?

photo2-2

一人でやっていたときは、全然休みが取れなかったのですが、今は2人の従業員がいますので、日曜日をお休みにしています。

ただ、作業予定日の平日に、雨や雪などが降ってしまい、作業ができなかったときには、日曜日に振り替えて作業をすることもあります。

休日も日本庭園協会の勉強会や展覧会に行ったりするので、あまりゆっくりはできていないのですが…。

今後はもう少し自分を見つめたり、静かな時間を過ごしたいと思っています。

庭師になるまでの経緯を教えて下さい。

庭師を目指す前は病院で管理栄養士をしていたんです。父が医者だったということもあり、病院で仕事がしたいなとなんとなく思ってまして。

ですが、医療系の職業は自分にはちょっと合わないような気がしたので、病院の栄養士になりました。

栄養士の仕事もやりがいはあったのですが、作業場が病院の地下でまったく窓がないところだったんです。朝から夕方まで天気もわからないという状態でして(笑)

これはちょっと息苦しいなと思い、辞めてしまいました。それで、本当に好きだと思える仕事を見つけようと思って、半年考えた結果、庭師に辿り着いたんです。