鍵師になるには

経験が何よりも大事

鍵師は職人的要素の強い職業であり、一般的に学歴や年齢が問われることもないため、やる気さえあれば誰でも目指すことができます。

ただし、専門的な知識と技術が必要とされることから、一人前になるためにはそれなりの時間がかかります。

鍵師になるために絶対に必要とされる資格はありませんが、知識や技術を有していることを証明する資格として、日本鍵師協会が認定する「鍵師技能検定試験」があります。

なお、「鍵師」は日本鍵師協会の登録商標となっており、正確には、この技能検定で認定された人以外が「鍵師(「錠前師」「カギ士」等も含む)」と名乗って鍵関連の仕事を行うことは禁止されています。
※ただし、ここでは便宜上、鍵関連の専門知識と技術を持っている人のことを「鍵師」と呼んでいます。

鍵師技能検定試験には主に二級と一級があり、二級に合格することで一級の試験を受けることが可能になります。

この検定試験は、基本的に日本国籍を有する18歳以上の人、さらに前科のない人であれば、誰でも受験することができます。試験の対策講座として、日本鍵師協会では専門の講座も開催しています。

検定試験に合格後、協会に認定登録を行うことで、「鍵師」と名乗って仕事ができるようになります。

学校には通うべき?

もちろん、必ずしも講座に受講したり、資格を取得したりする必要はありません。

直接弟子入りさせてくれるプロの鍵師がいれば、いきなりその人の下で修業を積むことも鍵師になるためのひとつの方法です。

しかし、そういった環境がないという場合には、まずスクールに通って基礎から学んでいくとよいでしょう。

なお、鍵師スクールのカリキュラムは1週間程度~2ヵ月程度となっており、さほど時間をかけずに修了することができます。

鍵師の就職先は?

鍵師の就職先として代表的なのが、鍵屋です。鍵師の仕事は現場経験がモノをいう部分が大きいため、すでに鍵師として働いている人の下で経験を積むことは、早く一人前になるためのポイントといえます。

自ら鍵屋を開業することもできますが、独立となれば鍵師としてのプロの知識・技術はもちろんのこと、お金のやりくりを含めた経営ノウハウ等も必要になります。

そのため、まずは鍵屋で働きながら仕事を覚え、スキルアップし自信をつけたところで独立する人が多いようです。