医療事務の働き方と雇用形態の種類は?



医療事務の雇用形態

医療事務はさまざまな雇用形態で働くことができます。

正社員からパート・アルバイト、派遣社員まで幅広く募集されており、希望する勤務時間や待遇に合わせて柔軟に働き方を選択できるのが医療事務の魅力の一つとなっています。

正社員として就職して将来的にマネジメント職に就くキャリアを目指すこともできれば、子育てと両立しながらパートタイムで働くこともできるといったように、個人のキャリアプランやライフスタイルに沿った雇用形態を選びすい職業だといえます。

基本的には、病院やクリニック、歯科医院など、医療機関の種類を問わず、正社員やパート、派遣社員それぞれの募集がおこなわれています。

ただし、夜間の救急外来を設けている大型の総合病院などで当直が発生する場合、夜勤を専門とする派遣会社の医療事務スタッフが担当するケースが多いようです。

正社員の医療事務

正社員の採用は狭き門になることも

病院やクリニックなどで活躍する医療事務はさまざまな雇用形態で働く人がいますが、なかでも「正社員」は、勤務条件の面などから最も人気がある働き方といえるでしょう。

医療機関によって、正社員の求人を出しているところもあれば、ないところもありますが、待遇のよい病院では正社員の採用試験にかなりの数の人が集まることもあるようです。

どうしてもキャリアやスキルがある人が有利になりやすいため、未経験者の場合、まずは医療事務の資格を取得してから、正社員への就職を目指す人もいます。

契約社員などから正社員へステップアップ

近年、医療事務は人気が高まっていることから、実務未経験であったり経験が浅かったりする場合、いきなり正社員として就職するのは難しいところがあります。

しかし、正社員になることをあきらめる必要はありません。

一部の病院では、契約社員など別の雇用形態からスタートし、その後の勤務態度などを考慮したうえで正社員登用されるケースもあります。

正社員登用をしている病院であれば、求人情報に「正社員登用実績あり」といった表記がなされていることが多いため、ゆくゆくは正社員になりたいという希望があれば、そのようなところを探してみるのもよいでしょう。

医療事務は経験やスキルが重視されるため、どのような雇用形態であっても実務経験を積んでいれば、その後、正社員を目指すための転職活動もしやすくなります。

マネジメント職に就ける場合も

正社員として働くメリットは、一般的に給与や賞与、福利厚生などの面が他の雇用形態より恵まれている点にあるといえますが、それ以外に、キャリアアップが期待できるところも挙げられます。

たとえば、ある病院では正社員の医療事務は、医療事務課の「責任者」になれるチャンスがあるようです。

そうなると、医療事務の実務はもちろん、スタッフの労務管理や教育などにも携わることができるほか、よりいっそう経営に近い部分の仕事も任されるようになるでしょう。

医療事務のスキルを生かしながら、さらに仕事の幅を広げていくことが可能です。

アルバイト・パートの医療事務

アルバイト・パートの募集も多い

医療事務が活躍する病院やクリニックでは、正社員、契約社員、派遣社員以外にも、アルバイト・パートの募集をかけているところもあります。

契約社員、派遣社員やアルバイト・パートの場合、たいていは勤務時間や出勤日を調整できるため、子どもが小さいうちはそうした雇用形態で勤務し、子どもが大きくなってから正社員になる方法で長く仕事をする女性が多くいます。

医療事務の募集は年間を通して行われていることが多く、上記のように多様な雇用形態の求人があります。

自分の希望やライフスタイルに合った形で働きやすい仕事だといえるでしょう。

アルバイト・パートでも専門性が求められる場合も

一般的に「アルバイト・パート」というと責任の軽い仕事だと思われがちですが、医療事務の場合、勤務先によってはそうはなりません。

大きな病院では各専門のスタッフが分担して仕事をしているため、アルバイト・パートは比較的責任の少ない業務を行うことが多いようです。

場合によっては、簡単な受付や清掃程度を担当することもあります。

しかし、小さな病院や診療所では仕事内容が正社員とほぼ同じで、責任の大きなレセプト業務なども任される場合があります。

ただし、アルバイト・パートの仕事の忙しさは正社員に比べると、それほどハードにならないようです。

アルバイト・パートには早出・残業はない

アルバイト・パートは勤務時間や出勤日が自由になるのが特徴ですが、もうひとつのメリットは早出や残業、休日出勤はほぼないことです。

正社員の場合、レセプトの提出期間など、時期によって残業をしなくてはならないときがありますが、アルバイト・パートではそのようなことはありません。

決まった時間に出勤して退勤できるため、他に仕事を掛け持ったり、子育てと両立して仕事をしたりしやすいといえます。

アルバイト・パートの待遇

アルバイト・パートの時給は都心部の病院か地方の病院か、または個人の病院か大病院かによって異なります。

給与は時給で計算され、時給にして900円~1,100円くらいが相場とされています。

なお、診療時間が長い病院では勤務時間がシフト制になっており、そのような病院では深夜の勤務時間でのアルバイト・パート募集もあります。

深夜時間の時給については、深夜料金が追加されるため、昼間の勤務よりも高くなります。

派遣の医療事務

派遣の需要も大きい

医療事務は、病院やクリニックを中心とする、さまざまな医療施設で活躍できる仕事です。

そこでは多様な雇用形態で働く人がおり、正社員以外にも、パート・アルバイトや派遣スタッフの医療事務の需要も大きくなっています。

最近、医療事務の民間資格を取得する人が増えていますが、誰しも初めての職場は不安がつきものです。

そこで、いきなり正社員としての就職ではなく、派遣として実務経験を積んでから、正社員としての転職を目指す人も多いようです。

派遣の医療事務として働くには

派遣の医療事務として働きたい場合、派遣会社にスタッフ登録をして、派遣先をあっせんしてもらうことになります。

医療事務に関する知識やスキルの有無、実務経験、取得済みの資格、その他勤務に関する希望条件を派遣会社に伝え、条件に見合う案件があれば仕事をすることができます。

医療事務の経験がある人や、医療事務の資格を取得している人は歓迎されやすいですが、未経験者でも研修を受けて働ける求人もあります。

なお、医療事務に関連する派遣会社としては、一般的な派遣会社のほか、医療事務の就職に特化したサポートをおこなっている会社もあります。

そのような派遣会社を選べば、就業前の不安やキャリアに関するカウンセリング体制もしっかりとしており、未経験者でも安心して仕事に挑戦しやすいでしょう。

派遣として働くメリット

医療事務の派遣として働く良さは、契約期間が3ヵ月程度であることが多く、さまざまな職場での仕事を経験しやすい点にあるといえるでしょう。

もちろん、派遣先との相性がよく、派遣先が引き続き人手を欲していれば、契約を更新していくことも可能です。

残業も正社員に比べるとあまり多くないため、プライベートを充実させたい人にも向いている働き方だといえます。

なお、働きぶりが認められれば派遣から直接雇用へ切り替えとなったり、紹介予定派遣では3ヵ月程度の派遣期間を経たのち、正社員として採用されたりするケースもあります。