コンビニ店長の仕事とは? わかりやすく仕事内容を紹介



陳列された飲料や食料品などの商品を販売するだけでなく、宅急便の受付やチケット発券、または各種代行収納など、多種多様なサービスを提供しているコンビニ。

現代の私たちの生活にはならない存在となっていますが、各店舗の責任者として働く店長の仕事内容は多岐にわたるものとなっています。

ここでは、コンビニ店長として働く人のおもな仕事内容を紹介します。

商品管理

コンビニが提供するサービスの中心は、お客さまに商品を販売することです。

コンビニが進む商品は、飲料、食品、生活雑貨、書籍や雑誌など非常に豊富であり、品物もに多いものとなっています。

お客さま誠には、いつ行ってもいい商品があるのが理想的ですが、お弁当などの消費期限が短いものは、廃棄になってしまうと商品原価の大部分を店や会社が負担しませんてはなりません。

さて、店長は売れ行きながら、どんな商品をどれだけ置けばいいのかを考えて、品切れにならないように発注します。

以上商品管理は、少しでも多くの利益を出すために最も重要な業務のひとつです。

スタッフの教育や管理

コンビニの多くは、24時間365日、年中無休で営業しています。

そのため、店長一人だけで店を回すことは困難であり、たいていの場合、複数のアルバイトスタッフを雇うことになります。

人を新たに雇用する際には、店長が面接を行います。また、採用後は教育をして、お客さまに適切なサービスが提供できるようにします。

そのほか、各スタッフの勤務日時を示したシフトの作成と管理も重要な仕事です。

接客

確かに、店長自らレジオンって接客を行うこともあります。

アルバイトが困っている時にフォローしたり、忙しい時間帯には積極的に立ち向かうようにもします。

その地域に根付いているコンビニには、毎日足を運ぶお客さまも大勢います。

店長は「店の顔」としての責任を持ち、笑顔でお客さまに接して、明日もまた利用したいと思ってもらえるようにします。

また、大勢の方が頻繁に出入りする場所だからこそ、清掃にも力を入れて気持ちよく利用していただける空間づくりに取り組みます。

雇われのコンビニ店長とは

「借りた」とは何か

コンビニ業界では、頻繁に「雇われ店長」という言葉が使われています。

この「雇われた」というのは、言葉の通り、誰かに雇われて働くことを意味しています。

コンビニの場合、会社に就職して店長職を務めている人は「雇われ」となります。

そして、フランチャイズに加盟している個人オーナーが経営する店舗で、店長として働く場合も「雇われ」となります。

もっと簡単にいえば、自分で店を経営するオーナー兼店長ではなく、雇用主の下で働く店長は「雇われ店長」です。

以前はオーナーであっても、1店舗だけの出店であれば、自ら店長を出すことがほとんどでした。

しかし、最近は多店舗展開をしているオーナーも増えているとされており、そのような場合はオーナー自ら店長として働くのが難しいことから、別で店長を採用するというケースが発生します。

雇われ店長の特徴

「雇われ店長」というと雇用されて働いていることから、一般的な会社員のように安定した給料や待遇が期待できるはずだと思うかもしれません。

しかし、実際のところ、雇われて働いている場合の労働条件はオーナーによって随分と異なるようです。

店が儲かっているオーナーであれば、店長にはできるだけ長く頑張って働いてもらうために、良い条件で雇用することもそうです。

したがって、全体的に見ていくと、かなり厳しい条件で雇われて店長としての責任をまっとうしている人も少なくなりません。

アルバイトスタッフのシフトの穴を変えるために労働時間が長くなったり、残業代が出なかったり、不規則な生活になったりする可能性もあります。

また、オーナーのなかには店長ときちんと意思疎通を試みるつもりがなく、店長に大きな精神的な負担がかかることもあるようです。

さすがに、雇われで前向きに働いている店長も大勢いますが、いくら雇われてもはい、契約安定した環境で働けるわけではないということは頭の片隅に置いておく方がいいでしょう。

フランチャイズのコンビニオーナーとは

直営店とフランチャイズ店

街を歩けばあちこちに見えるコンビニ。

同じ会社の店舗であればどこも同じように見えるかもしれませんが、それを細かく見ていくと「直営店」と「フランチャイズ店(オーナー店)」の2種類に分けられます。

このうち、「直営店」とはコンビニの本部が直接経営する店舗のことをいい、「フランチャイズ店(オーナー店)」とは、オーナーとなる人がフランチャイズに加盟し、親会社の看板や商号を掲げることながらオーナー自身が店を経営していくビジネスモデルのことをいいます。

フランチャイズの特徴

ここからは、フランチャイズについてもっと詳しく紹介しましょう。

まず、「自分のコンビニを持ちたい」という人(オーナー)がフランチャイズに加盟すると、さまざまなメリットがあります。

親会社の看板を掲げて営業できるため、それだけでブランド力や知名度を生かすことができます。

また、宣伝広告やマーケティング、販売方法、スタッフの教育などに関しても支援をしていただくことができ、経営陣のいない人でも独立開業しやすいことが特徴です。

しかし、メリットだけではありません。

アイランドはさまざまな形がありますが、代表的なものは売上の数パーセント~50%程度を結びつけるというものです。

コンビニオーナーは稼げる仕事?

フランチャイズのコンビニオーナーとなり、たくさん稼ぎたいと考えている人は多いようです。

しかし、オーナーになったからといって必ず成功できるとは限らず、実際に年収もまちまちのようです。

手のオーナーのなかには、複数店舗を持って年収1000万円や2000万円以上稼いでいる人もいるといわれますが、競合は経営がうまくいかずに停止している人もいます。

コンビニの成否は立地条件も大きく左右すると言われますが、いくら良い立地であっても店を自分で経営して陸上にのせていくのは大変なことで、それなりのリスクをともないます。

しかし、地道に経営の勉強をして徐々にを積み重ね、日々店をよりよくするよう努力を続けていければ、大きく稼ぐことも夢ではありません。