コンビニ店長のやりがい、魅力

地域やお客さまの役に立っている実感

コンビニは、現代社会を生きる人々にとって、もはや欠かせない存在となっています。

毎日必ずコンビニで買い物をするという人も少なくありませんし、1日に複数回同じコンビニに行くという話も決して珍しいものではありません。

また、最近のコンビニはただモノを売るだけではなく、代行収納や宅急便の受付など提供するサービスの内容も幅広くなっています。

コンビニで働いていると、その地域に住んでいる方やお勤めの方の生活を支えている実感が味わいやすく、それが店の責任者である店長のやりがいにもつながっていくといえるでしょう。

店が変化していく様子がわかる

コンビニ店長は、つねに店の売上や利益など数字のことを気にしていなくてはなりません。

思うようにお客さまが来店されなかったり、売上が低かったりする日が続けば、スーパーバイザーなどと相談しながら対策を講じて、もっと売上が上がるように改善していきます。

店は日々変化していくものですが、どのように変化していくかは店長の頑張り次第という面もあります。

重圧感に負けそうになることもあるかもしれませんが、店が少しずつ変わっていく様子を見ていくことは、店長ならではの喜びです。

さまざまなお客さまとの出会い

コンビニには老若男女たくさんのお客さまが訪れますが、地元にお住まいの方とは顔を合わせる機会が多く、自然と世間話などの会話をするようになることもよくあります。

店にいるだけでさまざまな方と出会えるのは、コンビニで働くことの魅力のひとつ。そこから徐々に信頼関係が生まれていくと、何ともいえぬ温かな気持ちになるものです。

地元の高齢者の方などは、いつも笑顔で優しくしてくれる店長と会えることを楽しみに店に行くということもあるようです。

人とコミュニケーションをとることが好きな人にとっては、多くの人との出会いはとてもやりがいに感じられるでしょう。