コンビニ店長の1日

年中無休、24時間体制で休みなく動いているコンビニ。そこで提供するサービス内容は幅広いものとなっており、店の責任者として活躍する店長には、つねに店の様子を見ながら臨機応変な動きが求められるといえます。

ここでは、コンビニ店長として働く人のおもな1日の過ごし方を紹介します。

コンビニ店長のある1日

07:00 出勤

ユニフォームに着替えます。深夜勤務のスタッフから引き継ぎを行い、何かトラブルや変わったことはないかを確認。

加えて前日の販売データ分析と、朝のピークに備えた商品の陳列状態をチェックします。

08:00 接客

通勤や通学途中に飲み物やおにぎり、サンドイッチなどを買い求めるお客さまが多く、とても忙しい時間帯です。

アルバイトスタッフと一緒にレジに立ち、元気な声で接客をします。

09:30 商品の検品と陳列

店内を整えて、入荷された商品の検品や陳列作業を進めます。

11:00 発注

いつでもお客さまがほしいと思う商品を確実に揃えておくために、重要な業務です。

13:00 休憩

お客さまの数が減る時間帯にバックヤードで休憩をとります。ただし、混みあった場合にはすぐに店頭に出てフォロー。

14:30 清掃

床磨きやトイレ掃除など、店内をくまなくキレイにします。また、POPの張り替えなども行います。

16:00 アルバイトの面接と教育

新たに応募があったアルバイト希望の人の面接をします。

その後、夕方の時間帯に出勤してきた新人スタッフにレジ業務などを教育。

17:00 引継ぎ

夜の時間帯の責任者となるベテランアルバイトに、当日の店の状況や、こなしておいてほしい仕事内容を引き継ぎます。

18:00 退勤

日報作成など事務処理を済ませて退勤。残業が発生することもあります。