コンビニ店長になるには

コンビニには大きく分けると「直営店」と「フランチャイズ(オーナー店)」の2種類があります。

両者では店長を目指すための方法が若干変わってくるため、ここではそれぞれの特徴と、店長になるための道のりについて紹介します。

直営店の店長になる

直営店とは、コンビニエンスストアの本部が直接経営する店舗のことをいいます。

直営店の店長を目指す場合、まずは各コンビニに正社員として就職をし、そこからキャリアアップしていくなかで店長になります。

企業ごとに若干の違いはありますが、まずは一般社員として現場の店舗へ配置され、そこから副店長を経て店長になるというのが一般的なルートです。

副店長になるのは、早ければ入社から半年後くらいのようです。

店長として経験を積むと、さらにスーパーバイザーやエリアマネジャーといった役職へ昇格し、その地区の担当店舗を統括するようなポジションに就く人もいます。

フランチャイズ(オーナー店)の店長になる

コンビニは直営店に対して、フランチャイズという形態の店舗もあります。

フランチャイズとは、店の「オーナー」となる人がコンビニエンスストアの本部に加盟し、コンビニの看板を借りて営業している店舗のことをいいます。

フランチャイズは本部が経営しているのではなく、あくまでもオーナーの自営業という形になります。

そこでは経営者であるオーナーが店長を兼ねている場合もありますし、別の人を店長として雇っている場合もあります。

したがって、フランチャイズの店長を目指す場合には、自らフランチャイズのオーナーになって店を経営するか、別のオーナーの元で働くというのが一般的なルートとなります。

アルバイトや契約社員から店長になる人も

フランチャイズの場合、ずっとアルバイトスタッフとして働いていた人が、オーナーに声をかけられる形で店長になるというケースも比較的多く見られるようです。

また、契約社員として、店長候補といった形での転職の求人が出ることもあります。

いずれにしても、コンビニでは未経験者がいきなり店長として責任者を務めるのは難しく、短期間でもスタッフとして実務経験を積む必要があります。