傭兵の仕事内容

傭兵とは何か

傭兵として働いている日本人の数は、正式には発表されていないものの、世界中で数百名程度とされています。

傭兵という職業は、戦争を行わない日本で生活をしている私たちにとっては、あまり馴染みのないものかもしれません。しかし、ひとたび世界に目を向けてみれば、いまだ戦争や紛争を続けている国や地域が多くあります。

傭兵は、こういったさまざまな国の軍隊や軍事組織に雇われて、自国の利害なく戦争に参加し、雇い主から報酬をもらって働く人のことをいいます。

「戦争に参加」といっても、戦地に行き、前線で戦いを行うばかりではなく、戦争の後方援助として通信や武器の使い方の指導などを行う人もいます。

このように「直接的」あるいは「間接的」に、軍事組織に雇われた「個人」として国や軍隊から報酬を受け、戦争に協力する人のことを傭兵といいます。

なお、戦争について定めているジュネーブ条約では、傭兵は「戦争当事者国に含まれない第三国の軍人である」と定められています。

傭兵の所属先

傭兵は、海外の軍隊や軍事組織、民間軍事会社で働いています。

民間軍事会社とは、直接戦争行為に関わるほか、要人警護や車両警備、物資輸送等のさまざまな軍事サービスを行う企業です。

「本来の意味での傭兵とは異なる」といわれることもあれば、「新しいタイプの傭兵組織」と定義づけられることもあります。

一般的な企業と同様、民事軍事会社の規模はさまざまですが、アメリカやイギリスなどでは元軍人を多数抱える大規模組織も存在します。

代表的な民事軍事会社としては、アメリカの「ブラックウォーター」が挙げられます。

なお、日本国内には民間軍事会社がなく、日本で雇われて傭兵として働くこともできません。そのため、傭兵になる人は必ず海外で仕事をします。

現地の軍隊や組織の傭兵募集を見て、入隊試験を受験し、採用されれば傭兵として働くことができます。

なお、傭兵は契約の期間が決まっている場合が多く、期間が満了となればたとえ戦争が終わっていなくても戦闘を終えて帰国することになります。

基本的には自分で雇い主を探して戦地に行き、帰ってきたらまた雇い主を探すといった流れが多いようです。