軍人と傭兵の違い

軍人とは何か

軍人とは、国家の正規軍事組織に所属し、国内の防衛と国外への侵攻を目的として、戦争に参加する人のことを指します。

「戦争の放棄」を明文化している現在の日本国憲法においては、国外からの侵略を守ることを目的とした自衛隊は所有しているものの、「自ら戦争に参加するための軍隊を持たない国」として国家を存続させています。

しかし、一切の軍隊を持たない国は、世界的に見ると決して多いわけではありません。

韓国、フィンランド、トルコ、シンガポールなど、国民に一定期間軍隊に入ることを義務化する「徴兵制」をとっている国もあれば、アメリカのように国民に軍隊入隊の募集を募る「志願制」をとる国では、自ら志望して軍人になる人もいます。

傭兵との違いは?

軍人と傭兵は、どちらも戦争に参加します。しかし、両者の最も大きな違いは、前者は「自らが国籍を置く国家の軍事組織に所属する」のに対し、後者は「自国の利害とは関係ない第三国人がその職に就く」という点です。

軍人であれば、国の管理下で訓練を受け、経験や実績に応じてキャリアアップも望めます。また、基本的人権も保障され、手厚い待遇の下に職務をまっとうすることができます。

一方、傭兵として働く人は、さまざまな国の軍隊や民間の軍事組織と契約を結び、一定期間のみ戦争に参加し、報酬をもらう、いわゆるフリーランスの立場です。

契約が終われば新しい仕事を自ら見つけにいかなくてはなりませんし、待遇はほとんど用意されておらず、万が一捕虜となってしまった場合でも守ってもらえることは基本的にありません。

日本人の傭兵は世界的に見ても数百人程度とされていますが、世界各国の民族・宗教紛争などでは、いまだに傭兵が多数雇われているようです。