傭兵になるには

日本では傭兵として働けない

日本では「軍隊の所有」が法律で禁じられているため、傭兵になることはできません。

もし傭兵になりたいのであれば、海外の軍隊や軍事組織、民間軍事会社などを自分で探し、現地に渡って仕事をすることになります。

傭兵に求められるスキルはさまざまです。

まず、海外で働くことから最低限の外国語の能力が必要となります。日本人の傭兵は数も少ないため、外国の傭兵たちとコミュニケーションをとったり、業務を正しく遂行するためにも、語学ができることは重要です。

また、戦闘を行うとなれば、銃器や兵器に関する高い知識と技術力、そして何よりも強靭な肉体と精神力が必要になります。

傭兵は即戦力としての活躍が期待されることが多いため、戦いに関する何の訓練も受けたことがない人がいきなり傭兵として働くことは不可能に近く、日本人の場合、自衛隊の出身者が比較的目立つようです。

海外においては、傭兵を募集する軍隊や民間軍事会社は決して珍しい存在ではありません。しかし、傭兵に対する待遇は、最低限度の衣食住が保障される以外は、ほぼ皆無に等しい状況です。

傭兵の学校

日本国内には傭兵を育てる学校がありません。自衛隊はありますが、あくまで自衛隊の主な目的は、日本の平和や安全を守ることや、公共の秩序の維持を行うことです。

そのため、日ごろから訓練は行いますが、戦地で戦闘を行う経験を積むことはできません。

いざ傭兵を本気で目指そうと思った場合は、海外の傭兵派遣会社に登録したり、すでに傭兵として働いている人とコンタクトをとり、人脈を使って仕事を見つける場合が多いようです。

傭兵になる際の心構え

最近は「元傭兵」の肩書きを持つ日本人がメディアに出演する機会が増しており、何となく「カッコイイ」というイメージを抱き、傭兵に憧れている若者が多くなっているようです。

しかし、実際に戦地に赴き、自ら戦争行為に関わるということの重みについては、よく考える必要があります。

常に危険と隣り合わせの状態、そして自分の手で人の命を奪うことももちろんあります。生半可な気持ちで傭兵になるのは絶対にやめましょう。

なお、傭兵は国に仕える軍人や捕虜とは立場が異なるため、万が一捕虜になった場合も国際法は適用されません。ひどい拷問に遭うか、最悪の場合は命を失うこともあります。

長く傭兵として活躍している人たちも、戦場に出れば常に生と死のギリギリの状況で戦い続けています。「何となくやってみたい」「楽しそうだから」なんていう気持ちだけでは、とても務まる仕事ではありません。

いざというときの後ろ盾がないということを理解したうえで、本当に傭兵を目指したいのか考えるべきでしょう。