映画宣伝プロデューサー清宮 礼子さん

1980年4月14日東京都生まれ。明治大学文学部文学科にて演劇学を専攻し、大学卒業後、松竹株式会社に入社。映画宣伝パブリシストを経て、映画宣伝プロデューサーとして活躍中。

座右の銘:為せば成る。為さねば成らぬ何事も。

HP:著書:『大切なひとのためにできること』(文芸社刊)

映画宣伝プロデューサーの仕事内容を教えてください。

映画宣伝プロデューサーは、一言で言うと映画宣伝の責任者です。担当する映画に関して、どのように映画を商品として売りだしていくのかを考えるのが仕事です。

映画監督や出演者、プロデューサーの方々の意向を聞き、さまざまな関係者と打ち合わせをしながら、公開日に向けて宣伝戦略を考え、実行します。

弊社の場合、一つの映画ごとに映画宣伝プロデューサーと3〜4人の映画宣伝パブリシストがチームを組んで、映画宣伝の仕事を進めます。プロデューサーはパブリシストに売り方の方向性を示したり、取りまとめたりしています。

宣伝パブリシストとはどんな仕事ですか?

実は宣伝プロデューサーになったのは、昨年のことで、それまでは宣伝パブリシストをしていました。

パブリシストとは、マスコミにタダで映画を取り上げてもらえるように、ネタを考え、売り込みをする役割を担っています。具体的には、出版社に行って雑誌に取り上げてもらうようにお願いしたり、試写会やトークイベントなどの企画をします。

マスコミに「おもしろいネタ」として取り上げてもらうためにどうすべきかを常に考えています。

イベントでは会場の演出を考えたり、映画と親和性の高いタレントさんに来てもらったりと、いろいろなことを一から手配しなければいけません。

この業界に入ったきっかけを教えて下さい。

この業界は映画マニアの方もたくさんいらっしゃいますが、私は学生時代は、人並みに好きという程度で、ものすごく映画が好きという訳ではなかったんです。でも映画が人に与える影響はとても大きいと思っていました。

流行だけでなく時代を映し出したり、人生の局面に寄り添うような何かが映画にはあると感じていました。

就職活動中にたまたま今の会社の求人を見つけて応募したのが、この業界に入ったきっかけです。没頭できて、公私共に楽しめるような仕事を探していて、これだ!と思ったんです。

実際に映画業界で働いてみてどうでしたか?

この業界ではよくあることなのですが、正社員ではなく契約社員としてスタートしました。でも仕事内容は先輩の正社員と一緒です。

最初は宣伝パブリシストとして、女性雑誌にも担当する映画を取り上げてもらえるように、女性編集部をたくさん周りました。パブリシストはどの媒体にどれだけ露出を稼げたかという結果がすべてです。人によってはそれがつらかった人もいたみたいですが、私は楽しくて仕方がなかったんです。

あの憧れの雑誌の編集者の人と仕事してるって思って(笑)

楽しかったからこそ、そして想いが強かったからこそ人一倍がんばれたし、それが次第に評価されて正社員にして頂けたんだと思ってます。