占い師になるためにはどんなテクニックが必要? 心理学は学ぶべき?

占い師になるために勉強すること

霊感や勘だけではダメ

占い師という職業に対して、「霊感が強い人が就く職業だ」とか「勘が鋭い人じゃないと仕事ができない」というイメージを持っている人もいるかもしれません。

実際に、占い師の中には「霊感が強い」「勘が鋭い」ということを武器にして活躍している人はたくさんいます。

しかし、霊感や勘だけあれば商売ができるほど甘い世界でもありません。

占いの歴史や種類・占いのための道具の使い方・占い方のコツ・相談者の心を掴むための心理学の知識など、占い師には学ぶべきことがたくさんあるのです。

霊感や勘だけでは複数の占いができなかったり、相談者の多様な相談内容に対応できなかったりすることがありますが、占いに関する幅広い学習をしていればたくさんのケースに臨機応変に対応することができます。

また、複数の占いを使いこなせるようになると働き口の選択肢も増えますし、独立開業する際にも仕事の幅が広がるというメリットがあります。

占いは種類が多いためすべてを深く学ぶことは不可能に近いですが、できるだけ幅を広げるように努力することが大切です。

カウンセリングやコミュニケーション能力を磨く

占い師は、メールや電話、あるいは対面でお客さまに占いのサービスを提供しますが、そこでは心理カウンセリングと似たようなスキルが求められます。

相手の話をよく聞くこと、そして相手どのような悩みを抱えているのかをきちんと理解することは、占い師にとって絶対に必要なスキルです。

もちろん占いの技術は不可欠ですが、それだけではお客さまの心を掴むことは難しく、高いコミュニケーションも求められるのが、占い師という職業です。

経営や営業について学ぶ

占い師が学ぶべきことは、占いに関することだけではありません。

独立開業して自分の店を持つ人の場合は、他の職業の人と同じように、経営ノウハウやマネジメント、集客のしくみなどについても勉強しなければいけません。

開業するとなれば、売上を伸ばして収入を確保しなければ自分の生活が成り立たなくなりますし、売上の集計や確定申告、ときには営業活動やメディアで宣伝するということも必要です。

効果的なセールストークや顧客のフォローをするコツなども勉強しておいたほうがよいでしょう。

神秘的なイメージさえある占いの世界ですが、商売としてやっていくにあたっては占いをビジネスととらえることができなければやっていけません。

商売の基本をしっかりと勉強し、確実に集客をすることが占い師として成功するためのカギを握っています。

占い師に心理学は必要?

カウンセリング能力とは

占い師として仕事をするにあたって求められるのがカウンセリング能力です。

占いを求めてやって来る相談者は、何かしらの悩みを抱えています。

それは恋愛・結婚のこと、仕事の方向性や家族との人間関係のことなど多岐にわたりますが、自分だけでは解決することができない悩みや不安を解決するために、占い師のもとを訪れているという点では皆同じです。

そんな状況のなか成果を出すためには、占い師がいかにして相談者の本音を引き出してあげられるかが重要です。

初対面の相談者が心を開いて話をしてくれるためにはどのような雰囲気を作るべきなのかを考え、相談者の言葉だけでなく、仕草や表情からも本音を探ることができるようにならなくてはいけません。

「当たっている」と思わせる秘訣

占いにおいて大切なのは相談者に信頼感を与えることです。

ベテランの占い師のなかには最初の段階で誰にでも当てはまるようなことを述べて、相談者の心を掴むという「バーナム効果」を使う人もいます。

やりとりのなかである程度の信頼関係ができれば、相談者も自然と饒舌になりますし、占いの結果に対しても満足度を感じやすくなります。

心理学の知識は必要?

こうした能力を磨くために欠かせないのが、相手の心を読み解いたりコントロールしたりするための心理学の知識です。

これは専門学校や大学で勉強することもできますし、本を読んで独学で勉強することも可能です。

心理学は占い師として仕事をするうえでは大いに役に立つ知識で、実際に心理カウンセラーとしての知識や技術を備えたうえで、占い師として活躍する人もいるようです。