議員秘書の勤務時間・休日

勤務体系の種類

議員秘書は、基本的に議員のスケジュールに合わせて働きます。

勤務時間や休日は議員と相談して決定されますが、あくまでも目安と考えた方がよいでしょう。

政治家は世間が休みの日に行動することも多いため、規則正しい働き方を希望する人は議員秘書に向いていません。

議員秘書の勤務時間

公設秘書、私設秘書ともに議員と協議の上で勤務時間を決定します。

私設秘書の勤務時間は午前9時から午後6時など定められていても、議員のスケジュールにより就業時間が変動します。

公設秘書も同様で、所定の勤務時間とおりとはいかず、不規則と考えた方がよいでしょう。

議員は早朝から行動することもあれば、0時を過ぎても会議を続けていることもあり、決まったスケジュールでは動きません。

秘書のスケジュールは議員の行動に左右されますし、事前準備や後処理などで、さらに不規則な勤務時間となります。

議員のスケジュールとは別に、後援会や支援企業との信頼関係を築いたり、官僚とコミュニケーションを図るための会合も多く、深夜に帰宅することも珍しくありません。

議員秘書の休日

休日も、やはり議員のスケジュールによって変動します。

議員が呼ばれるイベントや講演会は土日祝日に開かれることも多く、議員秘書も同行しなければなりません。

国会議員の秘書の休日は、東京事務所か地元事務所のどちらで働くかによってもちがうでしょう。

議員会館が週末は閉館のため、東京事務所で働く秘書は、土日が休みの週もあります。

一方、地元事務所で働く秘書は週末のイベント出席や演説などに合わせて議員が帰ってくることもあり、平日よりも忙しく動きます。

あいさつ回りや後援会の会合も人が集まりやすい休日に行うことが多く、土日はほとんど休めません。

議員秘書の残業時間

当然、残業はあるものとして考えた方がよいです。

すべては議員の行動しだいで、政治的に重大な局面を迎えている時ほど残業時間も多くなります。

一番忙しいのは、選挙の時です。

選挙で負ければ自分も仕事を失うため、議員にとっても秘書にとっても、人生を左右する勝負の時です。

支援者へのあいさつ回りやビラ配り、議員の遊説(ゆうぜい)、街頭演説、集会など、議員に同行して朝から晩まで働き続けます。

選挙期間中は、たとえ帰宅が遅くなっても、残業しているという感覚はないかもしれません。

議員秘書は忙しい? 激務?

議員秘書の仕事が激務であるのは間違いありません。

公設秘書は収入や待遇面である程度恵まれているとはいえ、休日返上、残業は当たり前です。

議員の政治信念を実現するため、将来政治家として活躍したいなど、秘書それぞれが強い想いを抱いているからこそ、過酷な勤務にも耐えられるのでしょう。

気になるのは、このような働き方が法律的に問題ないのかという点です。

議員秘書は「機密の事務を取り扱う者」に当たり、労働基準法の労働時間や休日に関する規定を守る必要はないという考え方もあります。

しかし、スケジュール管理や書類整理などの業務がメインの議員秘書は、機密を扱う者には当たらないという考え方もあり、議員秘書の労働時間については非常に難しい問題です。

議員秘書の休日の過ごし方

常に忙しく働くため、完全なオフの日はとにかくリフレッシュする人が多いようです。

家族と過ごす人、パートナーや友人たちと遊びに行く人、一人でゆっくり過ごす人など、それぞれ自分の時間を大切に過ごしています。

しかし、休日に議員が複数の会合に招待されていたり、議員が地元に帰っていてイベントに出席できないときは、秘書が代理で出席しなければなりません。

休日出勤もやむをえません。

国会議員の秘書でも、地方議員の秘書でも同じです。

地方議員の秘書は人数が少ないため、視察や資料集めを休日に行うこともあります。

このように、議員秘書は休日であっても働かなければならない日があるのは、覚悟しておきましょう。

議員秘書の1日のスケジュール・生活スタイル