観光学(読了時間:4分1秒)

観光学の概要・理念

観光には観光業としてのビジネスの側面と、文化交流が生まれ育まれる場という2つの顔があります。

観光地を訪れた人々が快適に観光を楽しみ、不便を感じることなく過ごしてもらうための課題や改善策について研究します。

観光客を新たに呼び込むための宣伝方法や、観光地に対する潜在的なニーズの調査など、観光業としてより発展していくための施策についても考えます。

実際に観光業で求められる知識や技能を体得するために、ホテル業や旅行業に関する実務的な領域についても学びます。

訪日外国人は年を追うごとに増加傾向にあり、観光業界にとって大きなビジネスチャンスとなりつつあります。

インバウンド需要に応えるためにも、観光に関する専門知識を持ったプロが求められているのです。

また、観光客は世界のさまざまな国から訪れますので、観光地は文化交流が促進されやすい場でもあります。

こうした文化交流の在り方や地域の活性化につなげるための方策を探求するのも、観光学の研究領域です。

観光学で学ぶこと

観光学を研究するにあたって、観光の産業としての側面に着目する場合と、地域・文化に着目する場合があります。

産業としての観光とは、ホテルや交通機関、飲食店、旅行代理店といった産業と観光との関わり合いや、観光客数を伸ばすための施策、観光客の満足度向上といったテーマについて研究します。

地域・文化について着目する場合、観光による地域振興や観光資源の保護といったテーマについて研究します。

観光に関する人々の嗜好やその時々の流行は移り代わっていきますので、時流に合った研究テーマを見出していく必要があります。

このように、観光学で学ぶのは過去に提唱された理論や定説ではなく、今現在の観光の動向や時流に合ったビジネスモデルであることから、産業・地域・文化のそれぞれの観点から今の時代を捉える見識が求められます。

観光学の大学での授業科目の例

観光メディア論

観光に関する情報発信に活用できるメディアの種類と、具体的な活用方法について考察します。

観光事業論

観光事業の在り方や社会や経済に及ぼす影響から、観光事業が担う役割について研究します。

観光文化論

観光を文化の一類型と捉え、観光によって育まれる文化と守られていく文化などについて検証します。

レジャー産業論

人々の余暇時間を対象とするビジネスについて、さまざまな手法やコンセプトを学びます。

観光地計画論

観光を軸とした地域振興や、新たに観光地として認知してもらうための方法論について研究します。

観光学のレポート・テーマの例

観光学と聞くと、観光に関するビジネスを中心に研究するというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実はそうとは限りません。

そのため、レポートも産業として観光を捉える切り口だけでなく、文化としての側面や地域を盛り立てていくための施策といったように、多面的な視点でレポートを作成することになります。

  • ・温泉街への外国人観光客誘致について
  • ・寺社の観光利用について
  • ・ペットツーリズムの普及と発展
  • ・観光地の盛衰とSNSの影響
  • ・京都の観光地と英語表記の実態

観光学と関連する学問

産業としての観光を研究する場合、経営学や経済学の知識を駆使して観光産業を捉えることが多々あります。

地域という視点では、地理学をはじめ都市計画や都市工学といった分野の先行論を参考にすることもあります。

文化という切り口においては、社会学や歴史学はもちろんのこと、それぞれの地域研究の成果が参考になることも少なくありません。

このように、観光学は研究対象に応じて関連する学問分野もさまざまなものがあるといえます。

観光学を学んで就職に有利な業界・仕事

観光学では観光に関する実務的な知識や技能についても学ぶ機会がありますので、他の学問分野を学んだ人と比べると観光業界への就職が有利になりやすいことは間違いありません。

ただし、観光業を学んで観光業界へ就職する人が多いかと言うと、実はそうでもありません。

大学にもよって差はあるものの、実際に観光業界に就職する人の割合としては、一般的に3割程度、多い場合でも5割ほどに留まっているのが実情です。

観光学では観光というテーマに即して産業の在り方や地域との関わり、文化への影響といった幅広い視野で物事を考えていきます。

そのため、観光学を学んだことを通じて視野が広がり、結果的に観光関連業界以外の業界や職種へと興味関心を持つ人が少なくないのです。

観光という注目度の高い産業について研究する実学であることから、就職時に企業からの反応も良いことが多く、観光業界に限らずさまざまな業界で活躍できる可能性を秘めているといえるでしょう。

観光学の知識は人生でどう役立つ?

観光業界に限らず、人との交流を通じて得た体験はこれからの時代において重要度を増していくといわれています。

ビジネスを考える上ではもちろんのこと、地域や文化について考える場合も、人と人との関係性や相互に与える影響について考えないことのほうが少ないでしょう。

観光学は観光について考える学問ですが、観光に限らずビジネスをはじめとする人的交流において、これからの時代に必要とされる知識やスキルを体得する上で非常に良いテーマと見ることもできるのです。

多種多様な地域から訪れる人々が織りなす交流の場である「観光」を研究し、深く考察した経験は、グローバル化が進む世の中において貴重な財産となっていくに違いありません。

職業カテゴリー