人生で後悔していることはありますか?

(読了時間:16分5秒)

目次

将来についてもっと考えていればよかった

自分の将来について、もう少しじっくりと考えて進路を選べばよかった、知識や経験を積んでおけばよかった、と後悔をしているという意見がありました。

大学で知識を身につけ、やり甲斐が持てる仕事に就きたかった

まる 43歳 女性 会社員

高校生の頃は、将来のことなど深く考えず、漠然と毎日を過ごしてきました。

何かスポーツに励んだわけでもなければ、一生懸命勉強をしたわけでもない。

高校卒業後の進路も、受験したくないので適当な専門学校へ進み、やりたいこともないまま事務職に就職しました。

事務の仕事も必要な仕事ですが、やりがいはないです。

職場は地方の中小企業ですが、事務職でも学歴により給料が違っています。

同じことをやっているのに、何年経ってもその差は変わりません。

このような状況なので、仕事が楽しいとは思えません。

仕事が全てではありませんが、社会人になると仕事をしている時間が長く、自分の中での仕事の比重は高いです。

その仕事にやりがいも誇りも持てない毎日を送っている。

そのことにとても後悔しています。

ありきたりですが、学生時代にもっと将来を真剣に考え、やりたいことを見つけて、大学まで進んで勉強した後で働くべきだったと後悔しています。

具体的な自分の将来像を決めておけばよかった

さとし 25歳 男性 会社員

私は大学受験に落ちてしまい専門学校へと行くことになってしまったのですが、そもそも何で落ちてしまったかというと、自分がやりたいことを明確に決めていなかったので行きたい学部や大学があいまいになり、勉強教科が定まらなかったということと、自分の将来像を決めることができなかったということが挙げられます。

しっかりと自分が行いたいことやその職業を決めておき、それに合った大学を決めておけばよかったと今でも後悔しています。

将来のことはしっかり考えるべき

りょうこ 37歳 女性 歯科助手

今、歯科助手の仕事をしています。

この仕事自体は大好きですが、少し後悔してることがあります。

それはせっかくなら歯科衛生士になればよかったということです。

国家資格でなかなか難しい資格ではありますが、月給がかなりいいので生活レベルが全然違います。

同じような仕事をしますが、歯科助手だとある程度の給料しかもらえないので、もう少し先のことも考えて進学をしたらよかったなと思っています。

幅広い知識を身につけておきたかった

佐藤こなつ 48歳 女性 執筆家

後悔していることといえば、高校・大学生のときに幅広い知識を身につけておきたかったということです。

私は体育会系に所属し、スポーツに夢中で、毎日練習していたこともあり、社会に出たら何をしたいのかとか、どう生きていけばよいかなど、考える暇がありませんでした。

卒業して、さまざまな問題に直面してはじめて考えるようになり、少し遅かったと後悔しています。

もっと知識や経験を積めばよかった

みぺは 41歳 女性 法人職員

私は学生時代にやりたいことをたくさん経験することができたため、その点では満足しているのですが、将来を考えた時の知識や経験を積む時間が不十分だったことを大変後悔しています。

具体的には、さまざまな本を読むこと、留学やボランティアなどで日常に生活から離れたところでの経験を積むこと、学びたい分野を絞って思い切り勉強することなどです。

留学を途中で辞めてしまったこと

ころすけ 31歳 女性 調理師

料理の勉強をするためにフランスに留学をして、語学を学んでから研修でフランス料理のお店で働いていました。

語学力は日常会話くらいならできる程度でしたが一人で地方のお店だったためなにかと不安になり、6ヶ月のところを3ヶ月で帰ってきてしまいました。

その時はそれでいいと思っていましたが、今思えばみんないい人たちでしたし、申し訳なかった気持ちでいっぱいです。

社会人になって逃げる勇気も大事だと思います。

続ける根気も大事だと思います。

自分が決めたことが正しい道だと思いますが、私は今でも少し心残りです。

仕事を辞めてしまったこと

職場の人間関係や環境がつらくて仕事を辞めてしまったものの、今振り返ってみれば、「仕事を辞めなければよかった」という後悔があるという意見がありました。

1つ目の職場を辞めてしまったことが最大の後悔

バッカニア 42歳 男性 会社員

大学を卒業し新卒で入社した会社を、2年で辞めてしまったことが大きな悔いとして残っています。

その当時はとても忙しく、社内での人間関係にも悩んでいて、耐えられなくなって辞めてしまいました。

その後、別会社に転職しましたが、転職して初めて最初の会社が恵まれた環境にあることを知りました。

辞めた後になってそのよさを知っても後の祭りで、元の会社に戻ることはできません。

もし今、最初の会社で働き続けていたら、所得も社会的なステータスも現在とはかなり違ったものになっているはずで、その点については日々、後悔してしまいます。

石の上にも3年。あと1年頑張ってもよかったと後悔

まっくすNAK 41歳 男性 自営業

IT関連の仕事を2年しかせずに転職を決めてしまったことを後悔しています。

もう少し頑張っていれば、もしかしたら何かが変わって続けられたかもしれないと思う時があります。

見切りを2年でつけてしまったのは、少し時期尚早だったかなと。

しかし、逆に言えば早く見切りをつけたので、今の職業に出会えて独立して自営業として働いているともいえます。

それにしても、やはりあと1年頑張ってもよかったと後悔します。

自分と向き合わなかったこと

こうちゃん 30歳 女性 看護師

私は、看護師という職業があまりにもつらすぎて、3年で辞めてしまいました。

そのことを後悔しています。

人間関係がうまくいかなかったことも、仕事がうまくいかないこともすべて他人のせいにしていました。

その頃の私は、本当に幼かったなあと思います。

人は自分の鏡だといいますが、人が取る態度には、自分自身にも原因があるということ、自分と向き合うということを当時するべきでだったし、看護師をもう少し続けて、スキルアップしたかったです。

就職活動での後悔

就職活動の際に、もう少し努力をすればよかった、キャリアアップのできる会社かどうかを考えればよかった、という意見がありました。

就職活動を妥協しなければよかった

紅フラッシュ 25歳 男性 塾講師

私は学生時代、これといったアピールポイントがなかったので就職活動に苦戦していました。

志望していた金融業界、メーカー各社の書類選考は通過したものの、面接でことごとく落ちてしまいました。

何回も不合格になっていたので心がポキッと折れてしまい、「この際どの会社でもいいから内定が欲しい」と思うようになりました。

就職活動を妥協するようになったことでいくつか内定はもらえましたが、結局その会社はすぐに辞めてしまうことになったのです。

あの時、妥協せずにもう少し就職活動を続けていたらもう少し違った結果になったのでは? と日々反省しています。

キャリアアップ制度がある会社へ就職すればよかった

カルナモーガン 41歳 男性 会社員

大学を卒業して就職した会社は、東証一部上場だったので何とか定年まで勤務できるかもしれないという期待がありました。

しかし、外資系企業に事業部ごとに売却されることになり、担当事業部ごと子会社化されて丸ごと本社からは切り離されてしまったのです。

一度出向すると、会社本体に何かがあればすぐに戻る場所がなくなってしまいます。

入社後にキャリアアップ制度が充実していれば、会社が身売りされる時点で転職が可能でした。

資格を次々と取得できる、キャリアアップに強い会社へ就職しておけばよかったと後悔しています。

人間関係での後悔

人生を振り返ってみて、学生時代にもう少し友情を築いておけばよかった、人間関係に向き合えばよかった、と悔やんでいるという意見がありました。

人との出会いを大切にすればよかったと思います

ゆう 39歳 女性 専業主婦

私は子どもの頃ひどいいじめに遭っていたことから人間不信になり、高校生以降は友達をあまり作らず人ともあまり接さずに勉強やアルバイト、仕事などに専念してきました。

そのため、人付き合いの方法がわからず、今、夫や子どもとどのように向き合っていけばいいのかがわからずに家庭不和になっています。

人は皆、自分に対して意地悪をするわけではないことから、若い頃にもう少し知り合いを増やして多くの人と関わっていけば適切な人間関係を作って行ける人になれたのではと後悔しています。

いじめに歯向かえなかった自分に後悔している

さやか 36歳 女性 美容師

私は今と違って、とても内気な女の子でした。

それをいいことに、中学卒業までずっといじめにあっていました。

いじめの先導を切っていた人は幼稚園から中学卒業までずっと一緒だったため、幼稚園から中学校卒業までずっといじめられていました。

今の私からは想像できませんが、なぜそんなに長い間一度も歯向かうことができなかったのか後悔してます。

今はむしろ悪いことは悪いと言い過ぎるぐらい注意するタイプなので、あの時の私に「はっきり言ってやれ!」と一言言ってやりたいです。

悪いことは悪いと一言を告げる勇気は本当に大事です。

浅い友情ではなく深い友情を築いておけばよかった

美咲さん 31歳 女性 医療事務

私は学生時代は広く浅く、その場限りの友情を築いていたので、その場の交友関係は広く、スマホの登録件数も普通の人よりはるかに多い方ですが、卒業して社会人になってからも交流がある親友は1人としていません。

休日に自分から連絡を取ってまで会う友人もおらず、だからといって友人から誘われるわけでもありません。

恋人と別れてからはいい人を紹介してもらう友人もいないので、恋人がいない時の休日は常に一人で過ごし、親身に相談にのってくれるのは身内だけという状態で寂しいです。

学生時代には広く浅くの交友関係を築くのではなく、1人でも2人でもいいから、卒業後も未来的に永遠と付き合える友人を持っておくべきであり、深い交友関係を築けば良かったと後悔しています。

勉強をしておけばよかった

時間のある学生のうちに、英語を学んでおけばよかった、もっと幅広く勉強をしておけばよかった、という後悔の声が多数ありました。

若い頃に英会話をもっと学んでおきたかったです

あいり 39歳 女性 自営業

学校の先生と相性が悪く、授業がとにかく苦痛で英語が大嫌いになってしまいました。

ですが、社会に出てから英会話の能力が低いことでいろいろなチャンスを逃がしてしまい、授業はどうあれ独学でももっと学んでおけばよかったと思うようになっています。

取引先の外国の方とのコミュニケーションが思うように取れずに仕事がダメになったり、メールを翻訳するだけでも時間がかかったりするなど、もっとスムーズに英語ができていれば仕事効率が上がっていたかもしれないと悔やんでいるところです。

今、焦ったところで学んでも若い頃のように英語を吸収できず、悪戦苦闘しています。

英語を覚えるべきだった

アムス 30歳 男性 派遣社員

この年齢になってから英語学習することを意識するようになりましたが、もしこれが10代のうちにできていたらもっと習得は楽だったように思います。

ですので、今高校生や大学生くらいの年齢の方は毎日少しでも良いので英単語覚えたり、長期休みを利用して短期留学をしたりするなどして語学力を高め、一生ものの語学力を習得しましょう。

学生時代に勉強をしておけばよかった

あー 30歳 女性 主婦

今生きていてもまだ知らないことが山ほどあって、それらに遭遇するたびもっと学生時代に勉強をしておけばよかったなと後悔します。

一人でも勉強はできるけれど、人からわかりやすく噛み砕いて物事を教えてもらえることのありがたさをこの歳になって痛感。

記憶力も歳を重ねるごとに落ちていくので、もっと若いころにいろいろと視野を広げて勉強しておくべきでした。

大学時代にもっと勉強しておくべきだった

tomarin 40歳 女性 システムエンジニア

大学に受かったらアルバイトばかりして、お金が貯まれば、海外にバックパックを背負って出かけていました。

大学の授業は単位さえ取れてればいいと思っていて試験前に勉強したくらい……。

社会人になった今、大学で、もっと勉強しておけばよかったと思います。

本気を出して語学を勉強してして留学するという選択肢もあったでしょう。

大学の施設や講座は今考えるともっと、利用するべきものでした。

今、知りたいことをたくさん勉強できたのになあと思います。

多くの社会人が、大学時代にもっと勉強しておけば……と口にしていますよ。

これから大学に進学する人には、私みたいに高い授業料を無駄にしないでほしいです。

受験勉強を始めるのが遅く、満足がいかない結果に

べりーさん 27歳 男性 自営業

私が人生で後悔しているのは、大学受験の勉強を始めるのが遅かったことです。

私は高校3年生の夏まで野球部に所属していたのですが、それまで遊べなかった分、引退してから2ヶ月、受験勉強せずに遊んでしまいました。

高校3年生の10月になってようやく受験勉強を始めたのですが、受験まで3、4ヶ月なので、当然間に合わず。

それでも毎日12時間、必死になって勉強したので、何とか第二志望には合格することができました。

しかし、第一志望は合格点に3点足りず、落ちてしまう結果に。

受験を終えてから、勉強を開始する時期がもう少し早ければ第一志望に合格できたのではないかと、2ヶ月遊んだことを悔やみました。

高校を卒業してから10年近く経ちますが、今でもそのことを思い出すと、後悔の念に駆られます。

勉強しておけばよかった

れい 42歳 女性 医療事務員

人生で後悔していること、それは勉強してよい大学を卒業しておけばよかったということです。

私は医療系の仕事をしていて、ドクター、ナース、などと接することが多いのですが、どうしても頭の良さの差を感じてしまいます。

賢い人達と同等に話をしたい、でも頭の良い人にはその世界があります。

大人になって社会人にならないとわからないことを、身をもって知るはめになりました。

もっと勉強していればよかった

あちゅ 42歳 女性 専業主婦

私の人生で後悔していることは「もっと勉強していればよかった」です。

恥ずかしながら私は中学生の頃に荒れており、高校に入学はしましたがすぐに辞めてしまいました。

その時はよかったけれど、やはり仕事を探す時も学歴や自分の知識のなさで今まで苦労してきました。

資格などの勉強をしていれば、また人生は変わっていたかも知れませんが、ダラダラと生きてきてしまいました。

本当に後悔しています。

こんな人生経験を積んでおけばよかった

その時は気付かなかったものの、振り返ってみると、子ども時代や学生時代、会社員時代にこのようなことをやっておけばよかった、と後悔しているという声がありました。

起業する経験をしておくべきでした

ラム 31歳 男性 会社員

自分で事業を進める経験をしておくと、社会人生活における不安は少なくなります。

先生に言われた通り学校の勉強を頑張るだけでは、どこかの企業に就職しても、指示待ち人間に陥りやすいです。

勤めた企業に不満がある場合、指示待ち人間だと転職すら億劫になります。

起業した経験が社会人になる前にあると、転職や独立における心の壁はなくなります。
結果として、楽しい社会人生活を送れます。

子ども過ぎてチャンスがわからなかった

モノクルチェーン 34歳 女性 事務職員

小学4年の時に北米へ父が赴任になり、ついていくか日本に残るか決めることになりました。

当時大好きだったアニメが見られなくなるのが嫌で日本に残る選択をしましたが、今思うと絶対に渡米していた方がよかったです。

たまに1〜2ヶ月ほどの期間で遊びに行きましたが、日本とは異なる文化・歴史背景に触れ、子どもながら深く考えさせられることも多かったです。

大人になってアメリカにも矛盾や問題点が山積していることは重々承知していますが、それでも旅行者ではなく定住者として得られるものが語学以外にもあったのではないかと思います。

その後、父は家族と離れているのに耐えられなくなって退職するなど、家庭的にもアクシデントがありましたので余計にそう思います。

部活動に入らなかったこと

ことぬ 27歳 女性 会社員

中学校までは部活動に入っていましたが、高校と大学では部活動に入らなかったため友達があまりできませんでした。

友達と一緒に思いっきり打ち込めるのは、学生時代だけになるため今でも後悔しています。

勉強ばかりしていたので、もう少しスポーツにも力を入れておけばよかったです。

学生時代の思い出が、勉強しかありません。

怪我のために部活動を引退してしまったこと

ちゃんゆい 29歳 女性 営業職

中学生の時、陸上部で長距離をやっていてそこそこの成績も残していたのですが、3年生の夏に怪我をして、そのまま引退してしまったことを後悔しています。

たいていの部活動は夏で引退だと思うのですが、陸上部長距離は駅伝があるので3年生の冬まで続けることが多いのです。

同じ陸上部の友達は冬まで引退せずに競技を続けているのを見て、怪我としっかり向き合って完治させたうえで続けたらよかったなと今もふとした時に思い出します。

開かれなかった音楽の道

きよりんご 45歳 女性 専業主婦

私は高校時代、地元の普通科の高校に通っていました。

高校では選択科目に音楽、書道、美術があり、私は歌が好きな為音楽を専攻しました。
授業は有名な音楽家について学んだり、珍しい楽器の演奏を聴いたり楽しいことが多かったです。

その中でも歌のテストが私には楽しみでした。

子どもの頃から歌が大好きでいつも歌っていた私にとって、先生がなんと言ってくれるのかとても楽しみだったのです。

しかしながら、周りの友達はほとんどの子が歌のテストが嫌いだったので、自分の気持ちはあえて表に出さず隠していました。

課題曲を歌い終わると先生から「音大に行く気はある?」と聞かれました。

突然のことに「先生、私はピアノが弾けません」ととっさに答えたのを覚えています。

「そうなの?」、「それじゃだめだね」と言われました。

自分の歌を認めてもらえた喜びとともに、ピアノをまじめにやってこなかったことをとても後悔しました。

クレジットカードは会社員時代に作っておけばよかった

ターメリック 42歳 男性 個人事業主

大学を卒業して会社員となり、10年勤め上げて独立開業しました。

個人事業主として開業から2年ほどは年収が200万円程度と低く、贅沢を慎む状態でしたが3年目からは年収が800万円以上となり、独立してよかったと考えています。

会社員時代に年収300万円であってもクレジットカードに申し込めば、複数の信販会社からクレジットカードが発行されました。

しかし、個人事業主として開業してからは、他社借入が無くても新規クレジットカード申込でほとんど弾かれるようになってしまったわけです。

現在の年収や事業内容よりも、日本国内の信販会社は毎月一定額の安定収入を望むことがよくわかりました。

会社員時代から持っているクレジットカードはありますが、今となっては本当に欲しかったクレジットカードは作れないことに後悔しています。

恋愛や結婚での後悔

その時の勢いで結婚してしまったものの実家から遠くて苦労している、思いのほか国際結婚が大変など、恋愛、結婚に関する後悔の声がありました。

会社に就職したら職場恋愛は避けよう

ウールジー 40歳 男性 自営業

新卒で入社した会社では、総務部に配属されて2回の転勤を経験しました。

転勤先で知り合った上司と恋愛関係となり、1年が経過した時点で再度転勤の内示が出たわけです。

転勤が多いことはわかっていたにもかかわらず、同じ社内でしかも上司との遠距離恋愛は続くわけがありません。

結婚・退職・転勤の3つ選択肢がありましたが、彼女が会社を辞める選択肢はなく、私が退職を選びました。

退職を選んだこと自体には今の仕事に繋がったので後悔はありませんが、最終的に彼女とは遠距離恋愛が実らずに別れることになったので最初から職場恋愛は避けるべきだったと後悔しています。

結婚するなら遠隔地は避けた方がよかった

さいとうのさ 36歳 女性 教育関連

私は東北地方から北海道に就職し、そこで知り合った人と結婚したのですが、結婚するなら地元の近くの人の方がよかったと後悔しています。

友達もゼロからつくり、出産・育児をしても義理の親に頼ることが心苦しく、頼れるはずの旦那も自分の親の味方になるので、本当に孤独になります。

なんとかなる! という軽い気持ちで遠方の人と結婚するのは、やめておいたほうがよかったと心から思っています。

国際結婚を後悔しています

koko 27歳 女性 会社員

私は、勢いに任せて国際結婚してしまったことを後悔しています。

やはり、日本人同士の結婚よりも、壁や問題が多いし、生まれ育った環境が異国のため本気でわかり合えない部分がどうしてもあります。

相手が日本語を話せてもやはり何を言っているのかわからないこともあるし、こちらの言いたいことを100%理解してくれないこともたくさん。

仕事をしなくてもお金がなくても生きていけると思っていましたが、そんなことはありません。

日本人同士だったら言わなくてもわかることがいちいちわからないのが国際結婚。

もう少し頭を冷やして、いろいろ考えてから結婚すればよかったです。