フリーランスとは? メリット・デメリットは?

(読了時間:2分37秒)

終身雇用制度や年功序列制度が徐々に崩壊し始めるにつれ、だんだんと「会社に所属し、会社員として定年まで勤め上げること」が当たり前ではなくなってきているようです。

価値観がどんどん多様化する中、いま、次第に増えてきているとされるのが「フリーランス」という働き方。

フリーランスとして、各業界で大きな活躍をみせる人も目立ち始めています。

しかしながら、どのような仕事や働き方にも人によって「向き不向き」があるように、フリーランスも比較的、向き不向きは大きい働き方だといえます。

そこで今回は、フリーランスとはどのようなものかを紹介していきます。

フリーランスの定義

フリーランスとは、特定の企業や組織、団体に所属せず、自身の技術や才覚によって請負の形で業務を行う人のことをいいます。

一般的に「自由業」と同義で使われることが多く、個人事業主として登録して働く場合がほとんどです。

なお、フリーランスとして働く人(「フリーランサー」と呼ぶことが多いです)は、専門性が高く、クリエイティブな仕事に就いているケースが多いとされています。

たとえばカメラマン、デザイナー、プログラマー、ライター、脚本家、アナウンサー、コンサルタント…。「フリー○○」と名乗って仕事をしている人は、たいていフリーランスです。

なお、日雇いでの勤務や派遣社員は、個人で雇用主や派遣先と契約している場合はフリーランスの扱いになりますが、仲介業者や派遣会社を通して働いている場合はフリーランスではありません。

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットは、自身の持つスキルや能力を最大限に発揮し、自由に仕事ができるという面にあります。

会社員のように勤務時間や休日が明確に定められているわけではないため、自分の思うように仕事を進めやすいことが特徴です。

また、案件ごとに企業契約を結んで働く形が基本となるため、自分自身で仕事の内容も選ぶことができますし、さまざまな企業と同時に契約を結んで仕事ができるため、自らのスキルアップにつながったり、活躍の場を広げていったりすることができます。

こうして実力をつけたフリーランサーは、会社員よりも高額な収入を得ることも可能になります。

実績や経験を積んだフリーランサーの中には、かなりの収入を得ている人もいます。

フリーランスのデメリット

もちろん、フリーランスとして成功するのは簡単なことではありません。

フリーランスになること自体は誰でもすぐにできますが、生活できるだけの収入を得続けていくには、相当な努力が必要です。

会社員のように会社の知名度やブランド力に支えられるわけでもないため、仕事をもらうためには自分自身で営業をかけたり、実績をアピールしていったりしなくてはなりません。

フリーランスとして働く人が増えれば増えるほど、同じ領域で仕事をする人との競争が激しくなります。

また、会社に属する場合と異なり、ボーナスの支給はありませんし、会社が用意してくれる雇用保険等の適用や福利厚生、待遇などはもちろんありません。

所得税に関しては、「確定申告」として事業所得を報告し、計算したうえで自ら納めるなどの手間もかかります。

フリーランスに向いている人、そうでない人

フリーランスに向いているといえるのは、自分の持っているスキルを存分に発揮し、それによって世の中に価値を提供していきたいと考えている人です。

フリーランスは「会社にいる時間」がないことからオン・オフの区別がつきにくいため、仕事を仕事と思わず、好きなことで稼ぎたいといった気持ちがある人に向いています。

なお、フリーランスは自由度が高いことは魅力ですが、その中でもクライアントとの連絡をきちんととる必要がありますし、納期を守るためにはスケジュール管理が必須です。

誰かに見ていてもらわないと不安、自己管理が苦手といったタイプの人は、フリーランスにはあまり向いていないといえます。

少し大げさな言い方に聞こえるかもしれませんが、ここで挙げたようなデメリットを気にし過ぎてしまう人は、ある意味、フリーランスには向いていないといえるでしょう。

自分を守れるのは自分しかいない「弱肉強食」の世界であるため、その辺りの覚悟があるかどうかというところも、フリーランスとして働くためのポイントになります。

フリーランスは、「一人きり」で生きていると思われがちですが、実はクライアントをはじめ、さまざまな人に支えられてこそ成り立つ働き方です。

実際、人からの紹介によって仕事がもらえることもあるため、会社員以上に「人付き合い」を大切にしている人は多いです。

自分自身で生活をコントロールするのは簡単ではなく、安易な気持ちでフリーランスになると苦しい思いをすることもあります。

フリーランスを目指す人は、よく考えて準備をしてから実行に移すことをオススメします。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント