貿易事務の勤務時間・休日

貿易事務の勤務時間

 
貿易事務として働く人の勤務時間は、勤務先の就業時間に準じます。

朝9時から夕方18時頃まで働くケースが多いですが、勤務先によって30分から1時間ほど始業と終業の時間がずれることもあります。

海外の取引先との時差によって、勤務時間が調整されることもあります。

日本より1時間遅れている中国や東南アジアの一部の国との取引では、時差はそれほど大きな問題になりません。

しかし、たとえばヨーロッパとの取引で時差が8時間ある場合、先方の始業時間の朝9時は、日本ではすでに夕方17時です。

そのため、ヨーロッパとの取引をおもに行っている中小企業では、始業を10時とし、就業を19時とすることで、なるべく残業時間を増やさずに、取引先との接触時間を長くしようとするケースもあります。

休憩時間は45分から1時間ほどで、合計の労働時間は1日当たり8時間前後が平均的です。

貿易事務の休日

 
貿易事務の休日の日数は職場により異なりますが、土日祝日、年末年始などは比較的しっかり休める職場が多い傾向にあります。

一方、急ぎの案件が発生した場合や、中小規模の会社で担当する業務範囲が広い場合などは、休日出勤をして対応しなければならないケースもあります。

また日本の大型連休中であっても、取引先の海外企業は通常稼働している場合などは、休日であっても対応しなければならないことも珍しくないようです。

夏季休暇については、関連各所が通常営業しているときに社内全員で休業してしまうと取引が滞ってしまうため、各人が時期をずらして休みを取るのが一般的です。

この件については、オフシーズンに海外旅行ができることから、貿易事務の仕事に就く人の間では歓迎されることもあります。

貿易事務の残業時間

職場により異なる

残業時間については、職場によりかなり差があります。

人員数と仕事量のバランスが取れており、残業が少ない職場がある一方で、人員数が不足している職場では自然と残業時間が増えてしまいます。

というのも、貿易事務の業務では期日に間に合うように書類の作成や、申請をしなくてはならないことが多いからです。

さらに、船便の遅れなど突発的なトラブルに対応しなければならない業務が発生することも多く、常にスピードや柔軟な対応が求められることから、残業が日常化している職場も珍しくありません。

また、人員をしっかり配置している大企業でも、複数の取引先との調整が発生することで午後に仕事が集中してしまい、結果的に残業が多くなるというケースも聞かれます。

月末や期末、年度末などは、決算に絡んだ経理業務が増えるため、どのような職場でも残業時間が増える傾向があります。

時差が原因の残業もある

輸出入取引をスムーズに行うためには、取引先や関係機関と連絡をとりながら進める必要があります。

海外企業とコミュニケーションをとる場合には、時差の関係から、日本時間の定時後に連絡をしなければならなかったり、やっと仕事を終えて帰ろうというときに連絡がきたりすることもあります。

急ぎの案件も多く、どうしても残業して対応しなければならないということも出てきます。

残業が難しい場合、派遣社員も選択肢に

貿易事務は業務上、残業が必要なケースが多いので、家庭の事情などで残業ができない人にとっては難しい面もあるでしょう。

貿易事務は女性の割合が多く、女性の働きやすい環境づくりを推し進めている企業も増えているので、自分の働き方に合った職場を検討することも重要です。

派遣企業を通しての就業であれば、残業時間に制限をかけている求人もあります。

自分の条件に合った求人を探してみるといいでしょう。

貿易事務は忙しい? 激務?

 
職場にもよりますが、貿易事務として働いている人のなかには激務と感じる人も多いようです。

ただ、激務といっても出張が多い、肉体的にハードという意味ではありません。

貿易事務の仕事は、自分一人で仕事が完結することはなく、社内や取引先、契約業者との連携が必須になります。

そのうえ海外を相手にしているだけに、文化、商慣習、天候などにより予定外のトラブルも発生しやすく、仕事のスケジュールが立てにくくなります。

それでも期日や納期に遅れた場合、莫大な損害が発生したり、企業の信用問題に発展したりするケースもあるため、迅速に問題を解決する必要があります。

繁忙期やトラブルが発生した時は、休憩時間も返上して業務にあたったり、残業をせざるをえなかったりすることもあります。

貿易事務の休日の過ごし方

 
貿易事務として働く人の多くは、仕事とプライベートをきっちり分け、休日は自分の趣味・家族との時間にあてることが多いようです。

一方で、貿易事務に必須となる語学力を高めるために、英会話スクールに通ったり、中国語などにチャレンジしたりする人もいます。

また貿易事務検定など資格の勉強をし、キャリアアップに向け努力している人もいます。

ちなみに、貿易事務として働く人は、「海外が好き」「海外に関わる仕事がしたい」という理由から仕事に就いた人もいます。

そのような人は、まとまった休みがとれたら海外旅行に出かけることも多いです。

貿易事務の1日のスケジュール・生活スタイル