傭兵のやりがい

無事に一つの仕事を終えたとき

緊迫した戦場で、常に神経を研ぎ澄ませている傭兵たちがホッと一息つけるのは、きちんと任務を遂行し、前線から後方へと無事に帰ってきた瞬間だといいます。

最前線で戦っている時間は、一瞬一瞬が勝負。少しでも気を抜けば敵の攻撃を受ける可能性も高まりますし、実際に死を間近に感じる瞬間もありますから、とてもやりがいを感じているような余裕はありません。

しかし、無事に命を守って生還し、戦場での出来事をあらためて振り返ったとき、初めて大きな達成感が生まれます。

多くの傭兵たちはそこで味わった興奮や自信によって力がみなぎり、また次の戦場へ向かおうと決意するようです。

仲間との強い信頼関係

傭兵は、個々が高い戦闘能力を持ったプロフェッショナルですが、ひとたび部隊に入ったら必ずチームで行動することになります。

世界中、さまざまな国から集まった傭兵たちと一緒に行動するのは難しい面もあります。一人ひとり育った環境も価値観もまったく違いますし、我が強かったり、くせ者だと感じるような人も少なくありません。

また、日本人の傭兵は決して多くありませんから、外国語でコミュニケーションをとる必要もあります。

しかし、一緒に厳しい訓練を乗り越えたり寝食を共にしながら、お互いのことをわかり合おうとするうちに、徐々に信頼関係は育まれていくものです。

厳しい環境で同じ目標に向かっていくからこそ、非常に強い絆を実感できることも多々あるでしょう。

実力が上がったことを実感できたとき

フリーランスである傭兵には、実力や経験によって培われたレベルを示す「階級」というものはありません。しかし、新人の傭兵とベテランの傭兵とでは、戦いに対する考え方や働きぶりはだいぶ異なります。

厳しい戦場で経験を積んでいくうちに、自分の実力がどんどん上がっていくのが実感できるはずです。

そして、雇い主から実力が認められれば次の仕事を依頼されたり、別の現場でリーダー役を務めたりすることもあります。

実力勝負の仕事だからこそ、常にレベルアップを目指していくやりがいが味わえます。