神父・牧師の仕事内容

一見、神父(司祭)と牧師の仕事は、似通っていますが、就業条件、給料などについては違いがあります。

儀式を行う権限と資格

カトリック教会の神父、プロテスタント教会の牧師は、どちらも儀式を行う権限、資格を教会から与えられています。

神父は、カトリックの信仰の主柱である祭儀「ミサ(礼拝集会)」のほかに、罪を許す「洗礼」、結婚式に当たる「婚姻」、聖職者を任命する「叙階(じょかい)」などの儀式を執り行います。

牧師も、礼拝に加え、洗礼や最後の晩餐を再現する儀式「聖餐(せいさん)式」を実施します。両者は教会で行う葬儀の司式も行います。

儀式を執り行うのは、神父・牧師の重要な仕事。教会に不可欠な儀式を任されている神父・牧師は、教会の要といえます。

早朝でも、夜でも信者を支える

信者を導き、支えるのも、神父・牧師の重要な役割です。たとえば、神父は早朝の朝ミサ、午前中は聖書の研究会を開き、信者が信仰を深めるよう促します。

日によっては、入院中の信者を病院に訪ね、病を癒す儀式「病者の塗油(とゆ)」を施すこともあります。夜間でも悩みを抱えた信者からの電話に応じます。

一方、牧師は、早朝の祈祷会、信者の家庭に出向いて行う家庭集会、定期的に開くカウンセリングなどで信者の相談に対応する時間を設けています。

教会の管理・運営

保育園や幼稚園を併設している教会は珍しくありません。

この場合、神父・牧師は、教会に加え、保育園や幼稚園の事務仕事もこなします。園の設備のちょっとした修理が神父・牧師の仕事になっていることも。

また、教区ごとの会議に顔を出し、遅くまで教会の抱えている課題について意見を交わし、深夜に帰宅してから教会のホームページ、ブログなどで情報発信するケースもあるようです。

教師としての活動機会も

神父・牧師の中には、宗教家としての専門知識と経験を見込まれ、高校や大学で教鞭を執っている人がいます。

生徒から相談を持ちかけられることが多く、カウンセラーとしても頼られているといいます。

その他に、キリスト教をテーマにした原稿執筆や講演の依頼などを受けることがあります。

神父と牧師、就業条件・給料はどう違う?

こうしてみると、神父・牧師の仕事内容は確かによく似ています。しかし、神父・牧師の就業条件は大きく異なります。

カトリックでは神父を聖職者ととらえているため、神父は、独身男性であることが条件。女性は神父になれません。

一方、牧師は教職者という位置づけなので結婚が許されており、教派によっては女性牧師も活躍しています。ほとんどの牧師は家庭を持っています。

また、給料については、神父の場合、教会が属している教区から支払われるため、自らが所属している教会の信者数などにかかわらず、同じ教区内では同一の給料を得られるようです。

教区とは、教会をエリア別に区分けしたものです。

しかし牧師の場合は、所属教会が支払い元になるので、小さい教会の場合、主な収入源である献金が細りがちで、給料だけで暮らしていくのが難しくなることもあるようです。

そうしたケースでは、牧師や牧師の配偶者はアルバイトや他の仕事で生計を補います。