納棺師の仕事内容

故人を安らかにお送りするために

納棺師とは亡くなった人を棺に納めるために必要な作業と行う職業人のことをいいます。

映画『おくりびと』でその存在が広く世間に知られ、興味や関心を持つ人が増加してきました。

別の呼称として「湯灌師(ゆかんし)」「復元納棺師」などがありますが、各々に厳密な規定はありません。

遺族と故人をつなぐ重要な役割

葬儀社などからの依頼で火葬までの遺体の状態を管理しつつ、遺族や参列者が故人と対面できる様に遺体の見栄えを整えるのが納棺師の役割です。

具体的には、ドライアイス等で内臓や体全体を冷やし腐敗の進行を抑えたり、含み綿等を使って表情を整えたり、経帷子等の衣装に着替えさせたり、顔剃りや化粧をしたりします。

また、変死体の場合は死因に沿って遺族のショックを和らげるために特別な処置を施します。

セレモニーを邪魔しない手際の良い仕事ぶり

納棺師の仕事は、遺体を棺に納めることですが、だからといって、ただ無造作に棺に納めればいいというわけではありません。

遺体を整え、旅立ちの衣装を着せて棺に納めるという一連の作業をプロとして手際よく進めていきます。

納棺師が作業をしている時間は遺族にとって、死と向き合う大切なひとときでもあります。

そのため、可能な限り遺族にも納棺作業への参加を促し、悔いのないお別れをしてもらえるように努めるのも納棺師の役目です。

厳粛でありながら、おだやかな雰囲気を作り出すことができるかどうかは納棺師の力量ひとつにかかっています。

葬儀会社所属の場合、業務は多岐にわたる

納棺師の就職先としては納棺業務だけを専門に行っている業者の他に葬儀全般を執り行う葬儀会社が挙げられます。

前者の場合は遺族や病院、葬儀会社から依頼を受けて納棺作業のみを行うことになりますが、後者の場合はそれ以外に葬儀の司会進行や誘導、事務作業等の業務を総合的に担当していきます。

葬儀会社に就職した場合、納棺師としての業務に携われるチャンスが巡ってこない可能性もありますが葬儀全体を把握しあらゆる役割を経験できることはその先のキャリア形成を考えた上でも大いにプラスになるといえるでしょう。

湯灌作業を行うことも

納棺作業の前段階として湯灌(ゆかん)という工程があります。

湯灌とは、葬儀に際し遺体を入浴させ、洗浄したり清拭したりする作業のことをいいます。

納棺師とは別に湯灌専門のスタッフが担当することもあれば、病院で看護師の手によって済まされていることもありますが、どのようなケースにも対応できるように湯灌の技術を持っている納棺師がほとんどです。

エンバーミングとは

エンバーミングとは、遺体を消毒や保存処理、また必要に応じて修復することで長期保存を可能にする技法のことをいいます。

日本語では死体防腐処理、遺体衛生保全などといわれますが、90%以上の遺体が火葬される日本ではこの慣習は定着していません。

一方で土葬が基本の欧米では、遺体から感染症が蔓延することを防止する目的もあり、ほとんどの遺体がエンバーミング処理されています。

エンバーミングは、エンバーマーと呼ばれる葬儀の専門の技術者や医学資格を有した医療従事者によって、行われますが特別な規定がない場合はその限りではありません。

日本では前述の通り慣習はありませんが、海外で亡くなった遺体を日本に移送する前にはエンバーミングを行うのが普通です。

東北大震災の際、身元不明者の遺体を遺族に確認してもらうために一定期間保存するためにエンバーマーが被災地に派遣されたことを受け、大きく注目されました。

以降、志願者も増えてきており、エンバーマー養成のための課程を設置した専門学校もいくつかあります。

損傷の激しい遺体の復元等での活躍も期待されているエンバーミング技術もこれからの納棺師には求められるでしょう。