84件見つかりました。

  • 地方公務員(市役所の事務職・広報担当) 井上文司さん

    32歳 男性 経験6年10ヶ月 大阪府

    正社員

    4.00

    メッセージ
    市役所で働くにあたっては「どんな仕事をしたいか」より「どういう風に働きたいか」ということを考えておくことがオススメです。 市役所は定期的に人事異動で部署が変わるため、自分がやりたい仕事と実際に携わる業務の内容が一致しないことが多くあります。 そのため、自分がどういう風に働きたいかという「働き方の軸」を意識しておくことで、どの部署に配属されても、モチベーションを保って業務に取り組むことが出来ます。 市役所業務は人の生活に寄り添うものばかりなので、どの部署で働いても、そこで得た知識と経験は全て将来の自分のためになります。
  • カフェのアシスタントストアマネージャー MAIさん

    25歳 女性 経験3年 東京都

    正社員

    5.00

    メッセージ
    とてもやりがいのある仕事で毎日がとても充実します。 自分が思っている以上に自分に期待してくれますし、どう成長していくかは自分次第だと思います。 経験値が豊富で尊敬できる方がたくさんいます。人の価値観ってこんなにも様々なんだと毎日感じました。 素敵な仲間のいいところをたくさん吸収して、仕事に生かすと良いと思います。 接客業なので、日々たくさんの人との出会いがあります。その出会い、自分の人生の財産になる仕事です。
  • 求人広告の制作職 ねごとんぼさん

    24歳 女性 経験2年 北海道

    正社員

    3.00

    メッセージ
    広告代理業は、良くも悪くも成果が目に見て分かりやすい業界です。 ですので、自分の成果を数値で具体的に知りたい方にはいいと思います。 ただその分明確に自分の行動を示していく必要があるので、具体的な目標や行動が考えられない人は成果も伸ばしづらく、信頼を失いやすいです。 私は制作職だったので営業さんがとってきた仕事をさらに細かくかみ砕いて広告にしていく仕事でした。 そのためクライアントに電話したり、会社に足を運んで交渉をすることも多く、定時で帰れないことの方が多いので事務職よりはハードです。 広告の効果が出たときは営業さんと一緒に喜べるやりがいのある仕事ではあると思います。 「男女関係ない環境で成果を出して出世していきたい人」には向いていると言えるでしょう。
  • ケーブルテレビ会社の技術職 シモシさん

    34歳 男性 経験6年8ヶ月 長野県

    正社員

    3.50

    メッセージ
    私が勤めていた地元のケーブルテレビ局の技術職では、情報通信、無線の知識を発揮することが出来る職場でした。 地元ケーブルテレビ局本社から、電柱に乗せたケーブルを通してお客さんのお宅までテレビの電波を届けるというのがこの仕事の任務です。 情報通信系又は、無線系の知識や技術をお持ちの方は、これらの知識や技術を地元の為に存分に発揮することができます。 最近のケーブルテレビはテレビだけでは無く、光回線インターネット、光電話などの事業にも力を入れているので、様々な技術に携わることが出来る仕事でもあります。 また、地元ケーブルテレビ会社の醍醐味は地域密着型の企業であるということです。 地元の番組作りをしている制作課と一丸となり、夏の高校野球、フットボールクラブの試合、大規模な夏祭りなどの生中継に携わることもありますので、地元が好きな人や、地元に貢献したい人にはやりがいのある仕事です。
  • 医療ソーシャルワーカー・精神保健福祉士 ねんじさん

    34歳 男性 経験1年 和歌山県

    正社員

    3.50

    メッセージ
    医療ソーシャルワーカーは人の生死に関わる場面で働くことも少なくない仕事です。 支援を求めている人に医療と日常生活の場面におけるつなぎ役として携わることが多くなり、いろんな機関の様々な職種との協働も必要になります。 そのため、必要になる知識も多岐に渡るので、学びを継続して積み重ねていく姿勢が大切になります。 ワークライフバランスで言えば、ワークに少し比重が重くなる仕事ではありますが、長く働き続けようと考えれば働くことができる仕事です。
  • 求人広告のライター くらげさん

    35歳 女性 経験1年6ヶ月 東京都

    派遣社員

    4.00

    メッセージ
    求人広告のライターの仕事は、スピードが命。 クライアント先に取材に行って、次の日には初回の原稿をクライアントに送って、修正を繰り返して、2~3日後にはサイトにアップします。 この工程を3~4社分同時進行で行うので、とにかく忙しいです。 ですが、仕事を続けるうちにクオリティの高い文章をスピーディーに作成できるようになりますし、いろいろな仕事の話が聞けるのでやりがいは充分。 時には、一般人の目にはあまり触れない裏側まで見ることができます。 ライターの仕事のなかでは、未経験者向け求人も多いので、気になる方はぜひチャレンジしてみてください。
  • スクールカウンセラー siroさん

    28歳 女性 経験2年 愛知県

    業務委託

    4.00

    メッセージ
    スクールカウンセラーは、常勤・非常勤共に給与が比較的高く、心理士としても人気のある職業です。 健康な子どもたちから元気を分けてもらえる良さや、カウンセリングで子どもや親、先生たちとじっくり関わることができるやりがいがあります。 スクールカウンセラーの役目をきちんと果たすためには、個人で判断する力や個人でしっかり勉強を続けることが大切です。 スクールカウンセラーを目指すには、大学や大学院へ進学し、心理学の勉強を長年続けられるようにやる気を維持しましょう。
  • 認可保育園の保育士 Yumiさん

    25歳 女性 経験3年 東京都

    正社員

    4.00

    メッセージ
    私は私立認可保育園にて勤務をしておりました。 子どもたちの成長を近くで見ることができるこの仕事はとてもやりがいがあり素晴らしいお仕事だと思います。 1年目のときには、わからないことばかりで失敗の連続でしたが、経験を重ねることで気持ちの余裕ができてくるので、はじめは大変ですが経験を積んで成長していくと、とても楽しくお仕事ができると思います。 保育の現場では子どもが昨日できなかったことが急にできるようになったり、いろんな発見のある仕事です。 重労働であったり大変なことも多いですがやりがいの多い仕事だと思います。
  • 旅行会社のツアープランナー shimichiyoさん

    38歳 女性 経験15年10ヶ月 東京都

    正社員

    3.50

    メッセージ
    このコロナ禍で旅行業界全体が大きな転換期を迎えています。 対面での販売は実質ゼロとなりました。 多くの旅行会社では、路面店の閉鎖を余儀なくされています。 go to トラベルキャンペーンの需要は期待できる一方で、その後の営業方針に関しては多くの会社で暗中模索状態が続いている状況です。 そんな状況下を敬遠するのか、それとも「チャンス」と捉えるのかはあなた次第です。 旅行は「平和産業」ですので、コロナの影響が回復した将来、必ずまた旅行需要が復活します。 その時をビジネスチャンスと捉えて前向きな仕事が出来る人材を、旅行業界各社は求めています。
  • エステティシャン sachiさん

    30歳 女性 経験7年 北海道

    正社員

    4.00

    メッセージ
    華やかな世界をイメージし、憧れる女性が多く人気の職業だと思います。 実際は体力を使う施術やサロンの掃除、事務処理など裏方の仕事も多いです。 美のスペシャリストとして、自分自身がきれいでいたいと思えるため、美意識が高くなります。 新しい機械が導入されたら誰よりも早く試したり、スタッフ同士で練習したりするため気が付いたら勝手にきれいになっているかもしれません。 一度技術を身につけると、自分でサロンを開いたり将来的に有利です。
  • 病棟の看護師 runaさん

    32歳 女性 経験11年 秋田県

    正社員

    4.00

    メッセージ
    給料に見合わない大変な仕事であることは間違いありません。 しかし、誰にでもできる仕事ではないので、やりがいを見つけることができます。 また、この仕事は、プライベートでの自分、家族のことを考えたときに持っている知識や技術が大いに役立つこともあります。 給料、休み、職場環境など改善すべき余地はたくさんあり、ストレスも貯まる仕事ですが、それはこの仕事にのみ言えることではありません。 強い意志と信念をもってこの仕事を目指してみてください。
  • パーソナルトレーナー 鈴木ハルキさん

    27歳 男性 経験6年 東京都

    業務委託

    4.00

    メッセージ
    パーソナルトレーナーは人の人生を豊かにすることができる仕事です。 もともとダイエット目的だった方が、筋トレから地道に積み重ねていくことの大切さを知って、カラダ作りやスポーツにハマる方、自信がついて仕事や恋愛に挑戦できるようになった方も多くいます。 パーソナルトレーナーを長く続けるほどに様々な生き方や働き方をしている方との出会いも魅力の1つです。 お客様から学ぶことも多く、飽きることがありません。 探究心と向上心を忘れず前に進むことができる方には最高のお仕事です。
  • 特別支援学校教諭 食パンさん

    28歳 女性 経験3年 北海道

    正社員

    4.00

    メッセージ
    お子さんとともに自分自身も成長していくことができる、魅力ある仕事です。 大変なこともありますが、その分やりがいを感じることもできます。 特別支援学校教諭はお子さん1人1人の特性や状況から個別の指導計画を立案しオーダーメイドの教育を実施するため、専門的知識も必要な仕事です。なるまで、そしてなった後も常に探求心をもって仕事に臨んでほしいです。 また、自分が勉強して身につけた知識だけでなく、得意なことや苦手なこと、好きなことや嫌いなこと、そういった経験や感情のすべてが指導の引き出しとなります。 ティームティーチングが基本となり多職種の人とも連携する必要がある仕事ですので、教員になりたいから教育学部!ボランティアは学校関係!と一直線になるよりも、年齢分野問わず色々な人とコミュニケーションをとる経験をしておくといいと思います。 また、教える内容も幅広いので、色々な経験をしておくと強みになると思います。 教育以外の学部に入るのもいいし、遊びやバイト、サークル、大学院への進学等々、学生のうちに色々な経験をしておくことをおすすめします。
  • 外資系IT業界の法人営業 つかしんさん

    27歳 男性 経験3年 東京都

    正社員

    4.50

    メッセージ
    私が勤めていた外資系IT企業の営業職はインセンティブがあり、成果に応じて給与が右肩上がりになる仕組みになっていました。 自分の数字が芳しくないときは厳しい扱いもありますが、それ以上にどのように結果を出していくかということを真剣に考えさせらる良い機会でした。 ご自身の成長を目指されるのであればこれ以上無い環境だと思いますので、そういうマインドのある方に営業職をおすすめ致します。 数億規模のプロジェクトに関わらせて頂くこともあり、社会的にも影響があることを認識し、自身の職務の重要性に気づくこともできました。
  • 航空自衛隊の自衛官 しのぶさん

    40歳 男性 経験5年 北海道

    正社員

    4.00

    メッセージ
    高校生、大学生の方々は将来の就きたい職業に悩まれている時期で職業分析されている方も多いかと思います。 なかには、自衛官という選択肢も考えられている方もいらっしゃると思います。 私は、そんな方々に対して、少しでも自衛官という仕事について認識して頂き、職業選択のいいきっかけ作りになれば嬉しいと思っています。 まず、私についてですが航空自衛隊出身で、現在は医療職資格で仕事をし、傍らでカウンセラーの資格も取得しストレス分野のマネージメントにも関わっている者です。 また、自衛隊退職後は、予備自衛官として志願し、災害時に備えた訓練などにも参加しています。 ちなみに私は、3等空曹で退職し、予備自衛官では3等陸曹という階級です。 現職自衛官は退職して、一般社会人と予備自衛官という二つの顔を持つ私だから、お伝えできることもあるのかなと思っています。 自衛官には、陸・海・空がありそれぞれ沢山の職種があります。 必ずしも、体格や体力的に恵まれていないと、採用されないというわけではありません。 たくさんの職種の中から、適性や自分の希望で選んで決めます。 どの仕事も責任ある仕事で、日本を守ることを協力し合っています。 あなたが、自衛官を希望し受験し、採用された場合は、あなたにあった職域が待っているはずです。
  • 現地採用の営業職(海外) okatokiさん

    27歳 男性 経験1年 北海道

    正社員

    4.00

    メッセージ
    まず初めに、わたしは”海外転職”に踏み切った自分を本当に誇らしく思っております。 日本で働いていた時には見えなかった光景がそこにはありました。 文化や価値観の違い、働くことに対する考え等、挙げればキリがないほど、素晴らしい経験ができております。 その反面、やはり日本の方の方が良いなと感じることも多々ありました。 これも、実際に海外にいって働いたらこそ気づくこともできたと思います。ですので、自分が挑戦したいと思ったらぜひ、一歩を踏み出してみてください。
  • 専門外来の看護師 akariさん

    38歳 女性 経験17年8ヶ月 東京都

    正社員

    4.50

    メッセージ
    看護の仕事は漠然と奉仕や思いやりみたいな綺麗なイメージを持っているかもしれません。 ナイチンゲールの様な天使でいられるように日々努力はしていますが、精神的にも肉体的にも緊張を強いられ強くストレスを感じる場面も多く、状況により常に天使であることは難しいなぁと思っています。 多くの患者さんと出会い様々な症例を経験することで、看護師としても人間としても成長することがあり、1年前とは違う考え方・物の見方をした自分に驚くことが大変多いです。 今はコロナで長期の自粛を強いられていて、仕事でのストレスも強く困難に感じる場面も多いのですが、それでも仕事を続けたいとなぜか思ってしまう、不思議な魅力が看護の世界にはあります。
  • ピアノ講師 りおんさん

    48歳 女性 経験26年6ヶ月 福岡県

    代表・役員

    4.50

    メッセージ
    一般的には音楽大学へ進学してピアノ講師になることが多いのですが、私は音楽大学へは進学しておらず、専門学校卒業です。 高校卒業後に音楽系の専門学校へ進学しましたが、自分が思っていた現実は厳しく、私程度の実力はザラでした。 一旦は断念して無関係の仕事に就きましたが、あきらめきれずに地元でも有名な先生のもとで個人レッスンを受けるようになりました。 技術的にもそうですが、仕事をする上では資格やスキルが求められるため、講師資格を取得しました。 支えてくれた家族や先生のサポートがなければ今の私はいないと思います。
  • ウエディングプランナー・披露宴サービススタッフ まるちゃんさん

    26歳 女性 経験2年 京都府

    正社員

    2.00

    メッセージ
    ウェディングプランナーは式場を見学にきてくれた方に式場をアピールして契約をしてもらい、一緒に結婚式の内容や披露宴の演出を考えるお仕事です。 キラキラして華やかなお仕事と思われがちですが、実際は想像している以上にハードで体力勝負のお仕事です。 結婚式、披露宴にかかるお金は平均で300万程と言われていますが、新郎新婦様は決して安くない金額を払って式を挙げるので、プランナーに求められる責任は計り知れません。 そしてプランナーは営業職なので1人プランナーに対してノルマを課している企業もあります。 営業のスキルを必要になってきますし、もっと結婚式の単価を上げて会社の利益を上げたい会社側と限りのある予算内で式を挙げたい新郎新婦側に挟まれて頭を抱えることもありました。 結婚式が好き、結婚式に憧れているという理由だけで就職してしまうと、理想と現実のギャップに悩むことがあるかもしれません。 プランナーを目指すのであれば、自分がどんな風に結婚式に関わりたいのかを自己分析して、それを叶えられる企業を選ぶことをオススメします。 ですが、結婚という人生の節目に関わることができるのでやりがいはとてもあります。 1つの結婚式を作る期間は会社によっても多少違うと思いますが半年ほどかけて作り上げます。 その間新郎新婦様と3人4脚で協力して作り上げるので、当日お二人の希望通りの結婚式、披露宴を迎えることができればとても感動して達成感と充実感を感じることができます。
  • カフェスタッフ ともこさん

    30歳 女性 経験5年 北海道

    正社員

    3.50

    メッセージ
    人と関わるお仕事ですので、接客が好きな人であれば楽しく働けると思います。 お店の特徴によりますが、コーヒーにも詳しくなりますし、カフェドリンクの作り方や食事のおしゃれな盛り付けを身につけられるので役に立つと思います。 一見華やかなお仕事に見えますが、常に立ち仕事になります。 料理を運んだり皿洗いをしたり、体力も必要になります。 日頃から体力をつけたり、体調管理には気をつけていた方が良いと思います。

work style

働き方インタビュー

人生体験記

人生体験アンケート

category