女性でもレーサーになれる?

カーレーサーに男女の区別はない

カーレースの世界に、男女の区別はありません。

実際にプロとして活躍している女性レーサーもおり、女性レーサーも男性レーサーに混じって同じレースに参戦します。

レーサーは体力が必要であるため女性には不利な面もありますが、能力さえあれば十分にやっていくことが可能です。

女性レーサーがどのようにプロになり、どんな活躍をしているのか、実際の例を紹介します。

モデルからレーサーに転身した井原選手

井原慶子選手は、モデルから転身して女性レーサーとして活躍しました。

モデルをしていたころ、レースクィーンとしてサーキットを訪れたのがきっかけとなって、モーターレースに惹かれたそうです。

しかし、当時の井原選手は自動車免許も持っていなかったため、自動車教習所に通うことからスタートしました。

1999年に25歳でデビューすると、モデル時代の貯金で「フェラーリ・チャレンジ」に参戦して、初戦で3位に入る活躍を見せます。

その後はイギリスに留学し、スポンサーも自分で探しながらイギリスやフランスのレースに出場しました。

デビュー4年目の2002年には「アジアン・フォーミュラ2000」で優勝し、国際自動車連盟(FIA)の公認レースでは女性として初の優勝という快挙を果たしています。

さらに、耐久レースにも出場するようになり、2013年世界耐久選手権シリーズで女性としては世界最高位のランキング22位に輝き、世界最速の女性ドライバーとなりました。

2014年のル・マン24時間レースでは、日本人最高位となる総合14位での完走も果たしています。

レーシングカートからプロになった三浦選手

三浦愛選手は、男性レーサーと同じようにレーシングカートからキャリアをスタートしており、子どものころから有名な存在でした。

小学6年のときに父と兄の影響でレーシングカートに乗るようになり、デビュー戦でいきなり優勝を果たします。

中学生のときには鈴鹿サーキットで開催されたカートレースに出場し、男子レーサーと上位争いをする女子レーサーとして知られる存在となりました。

その後、大阪産業大学に進学すると、ソーラーカーのドライバーとして活躍、国際ソーラーカーレースで優勝したこともあります。

大学卒業後は多額の費用がかかることからフォーミュラカーへの参戦がなかなか実現しませんでしたが、自動車部品メーカーの「エクセディー」が支援を申し出ました。

三浦選手はこの会社で広報として仕事をしながら、会社のバックアップを受けてフォーミュラカーレースに参戦できるようになりました。

2014年4月、三浦選手は「全日本F3選手権」の「Nクラス(旧型マシンで争う)」で女性レーサーとして初の優勝を飾っています。

女性のオートレーサーも誕生

一方で、オートレースの世界では、女性のレーサーが存在しない時代が続いていました。

そもそもオートレーサーになるための養成所の入所条件に「男子」という項目があるため、女性はプロになる資格がなかったのです。

しかし、2010年より女性も養成所に入れるようになり、現在は女性のレーサーも徐々に増えている状況です。