放送作家の勤務時間・休日

放送作家の勤務時間

放送作家は一般的なサラリーマンのように定時の勤務時間で働いているわけではありません。

放送業界全般にいえることではありますが、ロケやスタジオ収録、生放送の予定に合わせて働くことになるので、スケジュールは非常に流動的になります。

担当している番組によっても勤務の時間帯は異なり、週末の生放送のバラエティ番組を担当している放送作家は土日も働くことになりますし、深夜のラジオ番組を担当している放送作家の場合は午後から出勤して夜遅くまで働くことも珍しくありません。

事務所に所属している放送作家の場合はフレックスタイム制で働くことになり、フリーランスで働いている放送作家の場合は自分の好きなときに働くことになるでしょう。

放送作家の休日

放送作家は、仕事の合間を縫って不定期に休日を取ることが多くなります。

週休二日制が確約されていることは少なく、土日は必ず休めるというわけではなりません。

担当している番組によっては盆や正月も休めないこともあります。

売れっ子の放送作家ともなると、完全に休める日は一か月に一日か二日しかない、ということもあるので、忙しい毎日のなかで心身ともに健康を保つ努力をすることがとても大切です。

ただし、特番などの大きい仕事が終わったあとにまとめて休みを取ることは可能です。

一週間ほど休んで海外旅行に行く人もいます。

思いきり働いてしっかり休む、というメリハリのある働き方が好きな人にとっては放送作家の働き方は魅力的でしょう。

放送作家の残業時間

放送作家は残業が多い職業です。

企画立案や番組編集など番組を制作する過程で、どうしても煮詰まってしまうことがあるので、なかなか勤務時間が読めないのです。

さらに、悩んだときにアイディアを出したり過去の番組から知恵を出すことができるよう、日頃から圧倒的な知識を持っていることが求められます。

担当している仕事が終わっても勉強をすることが多いので、残業になってしまうことは少なくありません。

ある意味では、寝ている時以外はずっと仕事をしているといえるでしょう。

放送作家は忙しい?激務?

放送作家の仕事は忙しいのでしょうか?

これに関しては個人差が大きく、仕事がない放送作家は他のアルバイトをするくらいの余裕がありますし、売れっ子の放送作家は寝る暇もないくらい忙しい毎日を過ごしています。

人気放送作家の場合、朝9時からテレビ局で番組の打ち合わせが始まり、日付が変わってもまだ仕事をしているようなことも珍しくありません。

企画書の作成から台本の制作、打ち合わせ、ロケハン、生放送の立ち会い。

とにかく放送作家がやるべき仕事はたくさんあるのです。

人気作家の場合、このような忙しい仕事の合間を縫ってメディアへの出演やSNSでの情報発信も行っています。

放送作家の休日の過ごし方

多忙な毎日を送っている放送作家にはリフレッシュが必要です。

普段はパソコンに向かって台本を書く仕事がメインですので、運動不足が重なると体調を崩してしまいます。

息抜きを兼ねて、ジムに通ったりウォーキングをしたりして、体調管理をする人が多いようです。

また、家族との時間もどのように設けるかも大切でしょう。

ある作家さんは、奥さんとの食事時間を1日10分でも必ず設けるようにしているとおっしゃいます。

仕事とプライベートのオンオフを上手にすることも、放送作家を続けていくには不可欠といえるでしょう。

心身ともに健康であってこそ、充実した仕事ができるのです。

放送作家の1日のスケジュール・生活スタイル