工場で働く仕事の種類(11選) 女性でもできる職種も紹介

(読了時間:8分6秒)

「ものづくり大国」とも呼ばれる日本。

内閣府が発表した日本の業種別GDP構成比によれば、製造業は20.5%と、サービス業に次ぐ主力産業となっています。

製造業に従事する人も非常に多く、さまざまな方面で活躍しています。

ここでは、そんな製造の仕事と密接な関係がある、工場で働く仕事の種類を紹介します。

女性でも働きやすい職種についても紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

工場で使用する機械を扱う仕事

工場では、生産性の向上や安全のために、さまざまな特殊機械が使われています。

そのような工場などで機械の操作・管理をする人を「マシンオペレーター」といいます。

機械が正しく動くようにデータを入力したり、人の手でしかできない細かな調整を行ったりし、製造が滞りなく進むように働きます。

また、重い荷物を積んで釣り上げ、移動させるフォークリフトを動かすのが「フォークリフトオペレーター」です。

大きくて重たい資材や荷物を多数扱う工場においては、不可欠な仕事です。

マシンオペレーター

マシンオペレーター

マシンオペレーターとは、工場などで機械の操作・管理をする人のことです。

工場では、人の手では難しい作業を行うため、または作業効率化のために、たくさんの製造機械が使用されています。

マシンオペレーターは、製造する製品に応じてデータを機械に入力したり、機械、製造する製品に合わせて素材を準備したり、機械の動きを絶妙にコントロールしたり、完成した製品をチェックしたりと、さまざまな業務を担当します。

勤務する工場によって扱う機械の種類や仕事の流れなどが異なるため、基本的には現場に入ってから、先輩の下で仕事を覚えていくことになります。

技術者として製造工程に携わる仕事

ここでは、ものづくりの最前線で、製造工程に深く関わっていく仕事を紹介します。

高度な職人技術が求められる仕事もあります。

「溶接工」は、複数の材料(金属など)に対して「熱」や「圧力」を加え、それらをつなぐ加工を手掛ける技術者です。

重電機や自動車の製造工場でも、たくさんの溶接工が活躍しています。

「プレス工」は、金属などの板に専用の機械で圧力をかけ、さまざまな形状をつくる技術者です。

プレス技術は、自動車など大きなものから、時計やカメラのような小さくて精密なものまで、多様な製品に使われています。

溶接工

溶接工

溶接工は、複数の材料(金属など)に対して「熱」や「圧力」を加え、それらをつなぐ加工を手掛ける技術者です。

火や電気、圧力など危険を伴うものを取り扱うため、専門的な訓練を受けて技術を習得することが必要です。

溶接工の活躍の場は多岐にわたりますが、重電機や自動車などの製造工場でのニーズも高いです。

自分で溶接して製品を組み立てていくことができ、ものづくりの楽しさも味わえます。

製造現場や製品の検査・管理を行う仕事

ここでは、工場での生産を効率的に行うために、また生産した製品の品質が保たれるように、管理や検査などを行う仕事を紹介します。

「生産管理」は、製造現場での生産が滞りなく進むように、計画を立てたり、工場全体のコントロールを担当します。

生産計画の立案や原材料の調達、人員・場所の確保といった、生産にまつわる多様な業務に従事します。

また、安定した品質の製品を製造するために欠かせないのが「品質管理」です。

製造工程の管理や、品質検査などを行うと同時に、もし製品に問題点が発覚した際には品質改善につながる策や方法を検討します。

似たような仕事として「品質保証」もあります。

品質保証は、工場での製造のみならず、製品の企画から製造後の出荷、そして製品を手にした顧客のアフターフォローまで、トータル的に製品の品質に責任をもちます。

生産管理

生産管理

生産管理は、製造現場における生産が滞りなく進むように、計画を立てたり、工場全体のコントロールを行う仕事です。

販売計画に基づいて生産計画を立てたり、原材料や部品の調達に携わったり、生産に必要な人員・場所の確保など、生産にまつわる多様な業務に従事します。

生産ラインを安定的かつ効率的に動かすためには、生産管理の活躍が欠かせません。

常に工場全体を見渡して働かなくてはならない難しさがありますが、生産管理の働きで工場の生産性が上がったときには達成感が得られます。

品質管理

品質管理

生産管理とは、製造業などの企業に置かれる職種のひとつで、生産する製品の品質を管理する人のことです。

不良品の発生を限りなくゼロに近づけ、安定的に同じ品質のものを、決められたスケジュールや予算で作り出していくことが、生産管理の基本的な役割です。

具体的な業務としては、製造工程の立案や改善、生産スケジュールの検討、製造スタッフの教育などがあります。

製品そのものはもちろん、設備を含めた生産ライン全体を見て、安定した品質の製品を作り出せるように働きます。

品質保証

品質保証

品質保証とは、製造業などの企業に置かれる職種のひとつで、製品の品質が基準を満たしているかを検査・評価し、保証する役割を担います。

工場での製造はもちろん、製品の企画から製造後の出荷、そして製品を手にした顧客のアフターフォローまで、トータル的に製品の品質に責任をもちます。

もし不具合や問題点が見つかれば改善点を探り、製造現場とも連携して対応します。

自社で生産する製品の質を継続的に改善・改良していくためにも、不可欠なポジションです。

体力をあまり必要とせず、女性が多く活躍している仕事

工場の仕事というと男性の姿がイメージされがちですが、実は女性が多く活躍している職種もあります。

ここでは、女性が働きやすい工場の仕事の種類を挙げていきます。

「CADオペレーター」は、「CAD(Computer Aided Design:コンピューター支援設計)」というソフトを使って図面を作成する仕事です。

自動車や家電など、ものづくりの現場でのニーズが大きいですが、デスクワーク主体となることもあって、女性が多数活躍しています。

「軽作業スタッフ」は、ものの仕分け、シール貼り、梱包、検品など、比較的軽い作業を担当する人のことです。

過度な体力はいらないため女性にも人気がありますが、単調な作業をミスなくこなしていく集中力や丁寧さが求められます。

「食品加工」は、おもに食品工場において、食材や食品に手を加える作業を行う仕事です。

食材のカットや整形、魚の骨取り、盛り付けといった、比較的簡単な単純作業をラインで行っていきます。

また、工場内でのさまざまな作業を担当する人を意味する「工場作業員」も、女性が多く活躍しています。

作業内容は勤務先によってさまざまですが、生産ラインのでの流れ作業を担当することが多いです。

CADオペレーター

CADオペレーター

CADオペレーターとは、「CAD(Computer Aided Design:コンピューター支援設計)」というソフトウェアを使い、図面を作成する仕事です。

建築や土木業界のほか、自動車や家電といった「ものづくり」の場でのニーズも高い職業です。

CADオペレーターは製造工場で勤務をすることもありますが、現場で体を動かすような作業はほとんどありません。

どちらかというとデスクワークで、パソコンを触りながら集中して製図作業を進めることになります。

そのため、女性の活躍が目立つ職業であり、きめ細やかさや丁寧な作業ができる人は歓迎されやすいです。

工場作業員

工場作業員

工場作業員は、工場内でのさまざまな作業を担当する人のことです。

代表的な作業のひとつが「ライン作業」です。

生産ラインの工程ごとに作業員が置かれ、ベルトコンベアで運ばれてくるものに対して、決められた作業を行います。

たとえば食品工場であれば、食材のカットや、容器に加工した食品を詰める、袋詰め、検品といった作業があります。

比較的簡単な流れ作業が中心ではありますが、さまざまな工場において欠かせない仕事です。

集中力を保ち、スピード感をもって丁寧に作業を進めることが求められます。

ここで紹介したように、工場で働く仕事は、職人的な難しい技術・免許を要するものもあれば、未経験からでも比較的簡単にスタートできるものもあります。

なお、体力を必要とする仕事であっても女性が目指すことは可能ですし、最近は工場勤務の女性も増えてきています。

やってみたい仕事が見つかったら、詳しい仕事内容やなり方を調べてみてください。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント