携帯ショップ店員の仕事内容

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

携帯ショップ店員の仕事とは

携帯電話に関する、ありとあらゆる相談に直接応じるのが携帯ショップ店員の仕事です。

各種契約を始め、携帯電話本体の不具合の解消、タブレットやルーター等の販売など、利用者全てのサポートを行っています。

携帯ショップ店員の業務の内容

最適な料金プランを提案

携帯ショップを訪れる客の目的で上位を占めるのが契約に関するものです。

新規契約を始め、機種変更や料金プランの変更、解約に至るまで携帯ショップ店員を通さずに成り立つものはないといっていいでしょう。

携帯電話の使用頻度や利用する機能は十人十色で、通話がメインの人もいればほとんどWeb利用しかしないという人もいます。

それぞれの用途に応じてよりよい料金プランを提示し、分かりやすく説明することは店員に最も必要とされているスキルです。

客の話をよく聞いた上で分かりやすく、きめ細やかな対応をすべく、どの店員も日々接客スキルを磨いています。

使用方法のレクチャー

携帯電話の進歩は目覚ましく、次々と新しい機種が発売されます。

最新機種への買い替えを希望する客に対し、基本的な機能の説明をすることも店員の大切な仕事です。

店舗によっては、携帯電話の操作に不安のある人を対象としたレクチャー教室を開いています。

また店舗ではタブレットやWIFIルーターといった携帯電話以外の機器も扱っているため、それらに関する知識も必要です。

快適なネット環境を支える

近年では携帯電話料金との抱き合わせでインターネット回線を契約する客も多いため、そうした説明を行う機会も多くなります。

携帯電話本体同様、こちらも競争の激しい業界であるため、よりきめ細やかな対応が求められます。

携帯ショップ店員の役割

営業としての役割

年々競争が激化するこの業界においては、契約者数を伸ばすことは各キャリア共通の目的です。

したがって、携帯ショップ店員には、利用客獲得のための営業マンとしての働きも求められています。

各キャリアとも、より魅力的な機種や料金プランを次々に提案し、利用客の獲得に励んでおり、それに付随する各種キャンペーンの販促活動や広報活動も店員が主体となって盛り上げています。

また来店したいと思わせる店づくり

店舗のレイアウトや装飾等も店員の大切な業務です。

近年はキッズスペースやおむつ替えスペース、授乳室を完備している店舗も多く、ドリンクやお菓子のサービスをしたり、イベントを開催したりと他店と少しでも差をつけようと工夫しています。

より多くの利用客を獲得するためには、店員の発想と努力が不可欠であるといえます。

携帯ショップ店員の勤務先の種類・有名な企業

携帯電話会社は、かつてはdocomo、Softbank、auの3大キャリアが大部分を占めていました。

しかし近年では、いわゆる「格安ケータイ」とよばれる新しいキャリアが台頭してきており、急速に勢力を伸ばしています。

また携帯電話ショップは独立店舗のほか、家電量販店の一区画に出店されているものもあり、立地や販売場所によっても客層や販売方法、ノルマが大きく異なります。

それぞれ雇用形態や就職後のキャリア等が違うので、それぞれの特徴やメリットについてなどをあらかじめ調べておくと、その後、自分に合った条件で長く働く道を見つけることが可能になるでしょう。