携帯ショップ店員の求人状況・未経験採用はある?

携帯ショップ店員の就職先にはどんなところがある?

代理店や委託会社に就職

各キャリアの店舗スタッフは販売を委託されている専門の会社や代理店の採用面接を受けることになります。

同じキャリアの店舗でも経営母体が異なることもあるため、注意が必要です。

正社員を目指せる可能性も高く、各種手当も充実していることが特徴で、離職率の低さを売りにしているところも多いため、人気が高くなっています。

派遣会社への就職

携帯ショップ店員のなかには、派遣会社から派遣されている人もいます。

この場合、契約が更新されない可能性も少なからずあり、先行きに不安がないとも言い切れません。

一方で、時間に融通がきくといったような正社員にはない利点もあります。

携帯ショップ店員の求人の状況

求人は豊富

携帯ショップ店員の勤務先は、各キャリアの独立店舗、家電量販店の携帯電話売り場、複数のキャリアの携帯電話を扱う販売店のいずれかになります。

いずれも求人は豊富であり、多くの選択肢の中から自身の希望に合ったものを選ぶことができるでしょう。

また、携帯ショップ店員の求人を見てみると転職者の受け入れにも寛容で、社会人経験を優遇する旨を明記している会社も多く、門戸が広い職種であるといえます。

経験不問も多い

携帯ショップ店員の求人は数が多い上、採用条件もほとんど提示されていません。

経験不問である場合がほとんどであるため、学歴や職歴に不安がある人でも十分挑戦できる職種であるといえます。

ただし、応募年齢の上限が設定されている会社があるので注意が必要です。

これは若年者のキャリア形成を目的としたものであり、採用年齢の上限を35歳に設定しているところが多く見受けられます。

実際の現場も若年者の活躍が目立つため、留意しておく必要があるでしょう。

年齢を重ねると、責任ある立場に就いたり、他部署に異動したりと現場からは離れる傾向にあるといえます。

高時給が魅力

携帯ショップ店員はパート、アルバイトの求人も豊富です。

時給は1200~1500円が一般的であり、高時給に惹かれて応募する人も少なくありません。

女性の多い職種であるため、育児中の女性でも働きやすいような条件を提示している会社も多く見受けられます。

自身のライフスタイルに合わせた働き方ができる一方で、学生は不可としているところがほとんどです。

携帯ショップ店員の就職先の選び方

正社員を目指すか否か

携帯ショップは、ほとんどが各キャリアから販売を委託された代理店によって運営されています。

同じように見える店舗でも経営母体が異なるため、求人も数店舗見比べた上で応募を決めるようにしましょう。

正社員として雇用されることを目指す場合は、必ず代理店が直接出している求人に応募する必要があります。

携帯ショップ店員の多くは派遣会社に雇われており、正社員登用が極めて難しい立場にあるため、正規雇用を目指している場合、代理店に雇用されることが第一歩です。

派遣社員として働く

派遣社員とは派遣会社に登録し、それぞれの就業先に派遣されて勤務するという雇用形態の社員のことをいいます。

携帯ショップの店員の中には派遣社員という立場で勤務している人も多く、正社員と肩を並べて活躍しています。

派遣社員は正社員と勤務内容はほぼ変わりませんが、時給制であり、正社員のように責任ある仕事を任されたりすることもなく、残業もありません。

一方、福利厚生を受けられないことや、いつ契約をきられるかもわからないといった不安定な生活となります。

しかし、就業先で契約終了とされても、派遣会社からすぐに新しい店舗を紹介してもらえることも多いため、考え方によってはメリットの多い働き方です。

携帯ショップ店員の志望動機・面接

志望動機を考える際には、まず携帯電話会社について深く知らなくてはいけません。

携帯電話は各社で社風や企業理念、特徴的なサービスなどが異なるため、他の会社にはない特徴を志望動機に盛り込むことが大切です。

また、自分がその携帯電話会社のキャリアを利用している場合、携帯電話の使い心地や利用しているサービス、携帯ショップを利用してきて感じたエピソードなどを盛り込むと、より具体的になり印象に残りやすいでしょう。

携帯ショップ店員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

携帯ショップの求人は、ハローワークや求人サイトなどで多く見つけることができます。

また、派遣会社でも携帯ショップ店員の求人を多く見られます。