携帯ショップ店員の勤務時間・休日

携帯ショップ店員の勤務時間

携帯ショップ店員は、店舗の営業時間を中心に2~3交代制のシフト勤務になっています。

開店前から出勤するシフト、閉店後も残るシフトなど、出退勤時刻はまちまちですが、日中多くの来客がある時間帯には出勤予定の全ての店員が揃うように組まれています。

どのシフトも実働8時間前後になるように調整されており、時間差をつけて勤務させることによって各店員が長時間労働をしないですむようになっているのです。

店舗によっては全店員が日勤帯で出勤したり、短時間勤務のアルバイトや派遣社員を雇ったりするところもあります。

携帯ショップ店員の休日

土日祝日は基本的に出勤

携帯ショップは土日祝日も通常営業しています。

平日、仕事等でなかなか来店できない客が多く訪れるため、一般的な休日には休まず出勤し、平日に交代で休みをとるのが一般的です。

会社によっては1ヶ月ごとの変形シフト制をとっているところも多いです。

連休は取りづらく、他業種の友人や家族と休みを合わせにくいといった悩みを抱える人も少なくありません。

週休二日が一般的

携帯ショップの店員は休日こそ休めないものの、週休二日としている求人がほとんどです。

そのほか、有給休暇、慶弔休暇、産休・育休、介護休暇なども整備されており、取りやすい業種であるといえます。

携帯ショップ店員の残業時間

繁忙期には定時を過ぎても退勤することができない場合も珍しくありません。

定期的に行われる商品の在庫管理や、店内のディスプレイ変更など、閉店後にしかできない作業も多いためです。

ただ、残業代は100%支給される体制が整った会社がほとんどで、肉体的にはきつい部分もありますが、収入にはしっかり反映されます。

携帯ショップ店員は忙しい? 激務?

携帯ショップ店員の仕事は立ちっぱなしが多く、長時間接客をしなくてはならないためどうしても体力的に厳しいと感じる人が多いです。

また、シフトで退勤時間が決まっていたとしても、お客さまの相手をしていればその場で切り上げるわけにもいかないため、どうしても残業が発生しやすいです。

お店の混み具合や、どのような案件のお客さまが来るかが予測できない、店頭がいつ忙しくなるかがわからないという点も大変だと感じる要因でしょう。

お店が混みあっていれば当然休憩を取ることも難しいですし、シフト勤務であるため生活が不規則になりがちです。

土日祝も基本的には休めないため、こうした生活に体力の限界を感じる人が多く、実際に働いているのは20~30代が中心なのが現状です。

携帯ショップ店員の休日の過ごし方

携帯ショップ店員の休日は平日が多いため、一般的な連休などの混雑を避けて休日を楽しめるといったところにメリットを感じている店員も多いです。

もともと携帯電話やガジェットが好きという人も多いため、新商品をチェックしたり、多店舗を視察しに行ったりする人もいます。

携帯ショップ店員の1日のスケジュール・生活スタイル