バイヤー松村 佳美さん

1985年生まれ。群馬県前橋市出身。2007年3月、立教大学社会学部卒業。同年4月、株式会社伊勢丹へ入社。スタイリスト(販売員)、アシスタントバイヤーとして経歴を重ね、2013年4月より婦人雑貨統括部のバイヤーとして活躍中。

HP:株式会社三越伊勢丹ホールディングス

まずは入社してから現在までの職歴について、簡単に自己紹介をお願いします。

大学卒業後、新卒で株式会社伊勢丹(現:株式会社三越伊勢丹)へ入社し、2年目までは新宿店でスタイリスト(販売員)として勤務していました。

当初、配属されたのは「BPQC」という伊勢丹独自のライフスタイル提案型ショップです。そこでは、主に化粧品、食品、洋服など「ナチュラル」や「オーガニック」をテーマにした商品を扱っていました。

入社3年目から、ビューティアポセカリーのアシスタントバイヤーとなり、合計4年間勤務しました。

そして2014年度、入社7年目でバイヤーに昇格し、初めて婦人靴部門へ配属。2015年度の現在は婦人靴の担当3年目で、社歴としては8年目になります。

「アシスタントバイヤー」とは、どのような役割を担っているのですか?

基本的には、バイヤーの代行業務を担当します。

上司に言われていたのは、「バイヤーは未来のことを見て、アシスタントバイヤーは今のことを見る」ということです。

たとえば、バイヤーが3カ月先のことを計画したら、それを遂行するために今どう動き、実行するかを考えるのがアシスタントバイヤー。

バイヤーと、商品を販売する店頭の橋渡し的なポジションともいえます。

ただ、「アシスタント」とはいっても裁量は大きかったです。入社3年目から、自分で見つけた商品については自ら取引先と商談することもありました。

松村さんはなぜ百貨店に就職しようと考えたのですか?

photo2_2

私の就職活動の軸は、「人の生活を豊かにしたい」ということでした。

そのためには、人生の転機だったり、何か新しいことをするというときに、その場に立ち会える仕事がしたかったんです。

ですから、実は百貨店以外にも、人材派遣やホテルなど、さまざまな業種の会社を受けていたんですよ。

百貨店にいらっしゃるお客さまは何か特別なものであったり、非日常的な「ワクワク感」を求めていらっしゃる方が多いです。

そういう期待を抱いている方の力になりたいと思ったことが、私が百貨店で働こうと決めた理由です。

なかでも、伊勢丹へは幼い頃から母や祖母と一緒に足繁く通っており、スタイリスト(販売員)の方に良くしてもらった印象が強かったので、ずっと第一志望にしていました。

それでは、もともと「バイヤー」という職業そのものを目指していたわけではなかったのでしょうか。

はい。そうなんです。実際に、入社試験では面接官から「バイヤーとマネージャーのどちらになりたいか?」と問われたのですが、私は「マネージャー」と答えていました。

というのも当初、お客さまの喜ぶ顔を間近で見られるのは、店頭の責任者であるマネージャーだと考えていたんです。

でも、実際アシスタントバイヤーになってみると、バイヤーこそお客さまの声を聞かなければならず、店頭に出る機会を持たなければならないことがわかりました。

今はバイヤーの仕事にとてもやりがいを感じています。