ビズリーチの特徴は? 登録に審査があるハイクラス向け!

(読了時間:8分20秒)

ビズリーチはどんな転職サービスなのか。

一言でいえば企業やヘッドハンターと求職者をつなぐ、ハイキャリア層向けの転職サービスです。

審査に通過した人のみが利用できます。

この記事では、ビズリーチの特徴とどんな人に向いているのかをまとめています。

ビズリーチへの登録を検討している人は、参考にしてみてください。

ビズリーチの特徴は?登録に審査があるハイクラス向け


ビズリーチの特徴は、限られた人だけが利用でき、スカウトを待つ転職サービス。

求人が多数掲載されるリクナビネクストなどの「転職サイト」、担当者が転職活動をサポートしてくれる「転職エージェント」とも違います。

ビズリーチの大きな特徴は3つです。

ビズリーチの特徴
  1. 登録に審査あり!誰でも使えるわけではない
  2. ヘッドハンターや企業から直接スカウト
  3. 有料会員のコースがある珍しい転職サービス

ビズリーチの特徴1.登録に審査あり!誰でも使えるわけではない

テレビCMや駅の広告で「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」「即戦力のあなたに」などのキャッチフレーズを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

誰でも登録できる転職サイト・転職エージェントと異なり、ビズリーチは審査に通過した人だけが登録・利用ができます。

審査について明確な基準は示されていませんが、ビズリーチ公式サイトのQ&Aには、審査について次のように書かれています。

ビズリーチでは、新規会員登録時、すべてのお客様に対して登録内容の審査を実施しています。 審査の結果は、3営業日以内にメールにてご連絡します。

審査基準は、ビズリーチに掲載している求人情報の応募条件を満たすキャリアをお持ちであることです。 ただし、具体的な審査基準は公開しておりません。あらかじめご了承ください。

なお、審査承認後も、定期的に会員情報や職務経歴書の審査を行っており、万が一審査基準を満たしていない場合は、サービスの利用停止、または会員登録の解除を実行する場合があります。

年収の目安は500万円程度から。ビズリーチに登録する際に現在の年収欄が最低でも「500万円未満」だからです。

年収500万円未満の求人はほぼ取り扱っていませんし、未経験OKの求人もほぼないと考えたほうが良いでしょう。

ビズリーチのターゲット層は年収750万円程度。もちろん、年収750万円に満たなくても登録審査を受けることはできます。

登録の際に審査を設けることで、求職者の質を担保できているので、企業の担当者やヘッドハンターが使いやすいという特徴があります。

ビズリーチの特徴2.ヘッドハンターや企業から直接スカウト

ビズリーチでは基本的に、ヘッドハンターや企業からのスカウトメールを待って転職活動をします。

1日平均30件、多い人は1日80件ほどのスカウトメールを受け取ることができます。

ビズリーチでは求人の検索はできますが、紹介された求人でなければ応募できません。(有料会員は応募も可)

ビズリーチに登録すると、スカウトメールの中に1割ほど「プラチナスカウト」が入ってきます。

プラチナスカウトとは、受け取ったら社長や役員クラスとの面接が確約されている、もしくはヘッドハンターとの面談が確約されているスカウトです。

プラチナスカウトを受け取れるよう、登録する職務経歴書の内容はブラッシュアップしておきましょう。

ビズリーチに登録しているヘッドハンターの概要は次の通りです。

  • ビズリーチに登録しているヘッドハンターの数は2,500人以上
  • ヘッドハンターはS~D、金・銀・銅のランク付けされていて評判が一目瞭然
  • ヘッドハンターの検索もできる(コンタクトをとれるのは有料会員のみ)

ビズリーチを利用するならば、複数のヘッドハンターとやりとりして相性の合う人を見つけるのが転職成功のカギといえます。

スカウトのメールを待つだけでなく、優良なヘッドハンターにこちらから連絡して積極的に転職活動を進めましょう。

ビズリーチの特徴3.有料会員のコースがある珍しい転職サービス

転職エージェントは、求職者は無料、転職先の企業が紹介料を転職エージェントに支払うというしくみです。

一方、ビズリーチには求職者も有料のプランがあります。

スタンダード タレント ハイクラス
月額料金 無料 2,980円 4,980円
対象 - 年収750万円未満 年収750万円~
求人情報 検索・閲覧のみ。 応募不可 年収1,000万円以上の求人への応募不可 年収1,000万円以上の求人への応募も可
通常スカウト 閲覧不可
プラチナスカウト
ヘッドハンターの検索 一部可能 相談は不可 ハイクラス向けには相談不可

ビズリーチは上の表のとおり、無料会員でも受け取ったプラチナスカウトには返信が可能です。

しかし、求人の検索は閲覧のみで応募はできず、ヘッドハンターの検索も閲覧のみ、直接コンタクトはできません。

つまり、無料会員ではプラチナスカウトを待つのみ、という使い方になります。

積極的に自分から転職活動をしたい人、短期間で高収入の転職を実現したい人は有料会員になるほうが良いでしょう。

有料会員になっていることで、転職への本気度を企業の担当者やヘッドハンターにアピールできます。

また、企業が全額を負担する一般的な転職エージェントと違い、ビズリーチは求職者にも費用が発生することで2つのメリットがあります。

  • 求職者と企業やヘッドハンターが対等な関係
  • 企業側の採用コストは一律70万円で一定

一般的な転職エージェントでは、転職が決まった人の年収の2割程度を紹介料として企業から受け取ります。

したがって、転職する人の年収が高ければ高いほど、企業は転職エージェントに紹介料を支払うことになります。

一方で、ビズリーチは企業側の採用コストは70万円で一律。求職者も会員として費用を負担している分、企業の採用コストが抑えられていてハイキャリアの採用をしたい企業にとっても嬉しい仕組みなのです。

ビズリーチはこんな人に向いている!


ビズリーチの特徴は、ハイクラス向けのスカウト型の転職サービスということを紹介しました。

ここからは、ビズリーチの利用がおすすめの人を紹介します。

経歴・職歴に一貫性があり自信がある人

ビズリーチには年収500万円未満の求人はほとんどなくハイキャリア向けです。未経験可の求人もほぼありません。

これまでの経歴に自信があり、実績を積み上げてきた人は評価され、スカウトを受け取りやすくなります。

次に当てはまる人は、ビズリーチに登録してみると良いでしょう。

  • 専門的な国家資格を持っている
  • 大手企業の部長・役員クラス
  • 高度な知識とスキルが必要なコンサルタント他

無料の登録でスカウトメールをどの程度受け取れるかで、自分の市場価値を判断するのにも使えます。

他の転職エージェントで満足な求人を見つけられなかった人

ハイクラス向けの求人は、基本的に転職サイトには載らない「非公開求人」です。

経営上、重要なポジションであるなど、ライバル企業に知られたくない、公開すると応募が殺到してしまう、などが理由です。

転職エージェントごとに扱う非公開求人は異なりますが、特にハイクラスの求人は優良なヘッドハンターのみが扱っていることもあります。

シードプランニングの調査によると、ヘッドハンターに最も多く利用されている転職サイト1位はビズリーチです。

他の転職エージェントの提案には満足できなかった人は、ビズリーチに登録してみる価値があるでしょう。

ビズリーチに登録するとき気を付けたいことは?


ビズリーチは万人向けではありませんし、使い方も特殊です。

ビズリーチに登録するなら知っておきたい注意点をまとめます。

経歴によっては登録ができない

すでに述べた通り、ビズリーチはハイキャリア層向けで、メインのターゲットは年収750万円以上。登録には審査が必要です。

以下に当てはまる人は、ビズリーチには登録できない可能性があります。

  • 年収が450万円未満
  • 年齢の割に転職回数が多い
  • 専門領域がなく経歴に一貫性がない
  • 正社員の経験がない

上記に当てはまる場合には、マイナビエージェントリクルートエージェントなどを利用したほうが良いでしょう。

ビズリーチを使って転職するのには時間がかかる

ビズリーチを使った転職活動は3か月程度は見込んだほうが良いでしょう。

基本的にはスカウトを待つ転職活動ですから、どうしても時間がかかります。

また、ハイキャリアのポジションは総数が少ないので、タイミングが重要ですし企業側もマッチングに時間をかけたいという事情もあります。

急いで転職先を探したいという人には向いていません。

職務経歴書はしっかり記入する

ビズリーチでは、ほかの転職サイト・転職エージェント以上に、登録する職務経歴書には気を配るべきです。

企業の担当者やヘッドハンターがあなたの実績を判断する材料は職務経歴書だからです。

経歴だけではなく、どのような実績・能力があるのかわかるように記載しておきましょう。

ビズリーチは自分を売り込んでいく転職活動であると理解する

ビズリーチは有料会員になれば自分からヘッドハンターに連絡したり、求人に応募したりできるようになります。

ビズリーチの会員はただでさえハイレベル。その中でも突出した実績があればスカウトがたくさん来ますが、そうでなければ、職務経歴書をブラッシュアップして自分からヘッドハンターにもアプローチしなくてはなりません。

ただ待っているだけだと、会費の払い損になってしまう恐れがあります。

ビズリーチは求職者とヘッドハンターや企業とのマッチングの場です。ビズリーチ自体は、転職のサポートをしてくれるわけではありませんから、自分から行動していく必要があると念頭に置いて登録しましょう。

ほかの転職サイトや転職エージェントも併用する

ビズリーチはハイキャリア向けで、求人数が多いわけではありませんし、使い方も特殊です。

したがって、求人数を補ったり、職務経歴書のブラッシュアップを手伝ってもらったりするなどを目的に、転職エージェントと併用するのがおすすめです。

レベルの高い求人がそろうビズリーチと併用できるのは、以下の転職エージェントです。

  • リクルートエージェント:業界最大手。非公開求人を含む20万件の求人があるので選択肢を増やせる。
  • JAC Recruitment:ハイキャリア層向け。外資系や大手企業への転職を中心にサポート
  • type転職:東京にしか拠点がないので地方は対応していないが、ITの転職に強い。
  • ビズリーチの特徴|まとめ

    ビズリーチの特徴は以下の3つです。

    ビズリーチの特徴
    1. 登録に審査あり!誰でも使えるわけではない
    2. ヘッドハンターや企業から直接スカウト
    3. 有料会員のコースがある珍しい転職サービス

    ビズリーチは年収750万円以上をターゲットにした、企業・ヘッドハンターと求職者を結ぶ転職サービスです。

    登録するには審査に合格しなければならず、自分の転職市場の価値を見定めるのにも使えます。

    有料プランもありますが、まずは無料登録の審査に通過できるか、通過後はどのような求人情報があるのか・スカウトメールは受け取れるのかを確認するために使ってみましょう。

    目的別サービス紹介

    すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

    ・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

    ・転職エージェントなら:リクルートエージェント

    ・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

    ・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント