「マーメイドが集大成の仕事になる」日本初のエクササイズを提唱した日本マーメイド協会 代表・ジャスミン井上(読了時間:9分31秒)

好きを仕事にしてる人を紹介するインタビュー記事。
今回は、日本初のエクササイズ『マーメイドモノフィンボディワーク』を提唱した日本マーメイド協会 代表・ジャスミン井上さんからお話を伺います。

マーメイド協会の活動内容

「日本マーメイド協会」では、どのような活動をしているのでしょうか?

協会の代表として、『マーメイドモノフィンボディワーク』の指導を開催しています。

また、指導者を増やすため育成にも力を入れています。

神戸を中心に東京・奈良・福岡と育成を展開する。

これらが主な仕事となっています。

日本マーメイド協会では、アカデミックな要素と解剖学を取り入れた持続可能なエクササイズを確立。

ロジカルなボディワークが特徴でありながら、ワクワクする気持ちを大切に指導を進めているのです。

ボディワークのほかにも、ヒーリングの要素も取り入れています。

マーメイドモノフィンを使って人魚になり、さまざまな可能性を試しているんです。

マレーシアで習得した『ランドヒーリング』、物理学や歴史を取り入れた『魔法学校』の開設準備を現在は行っています。

日本マーメイド協会の活動が収入につながっているのでしょうか?

マーメイド協会では、主に『マーメイドモノフィンボディワーク』の体験レッスンや不定期に開催するイベント。

そして指導者養成クラスのレッスン代が収入としてあります。

ほかにも、ホームページ内にショッピングサイトを立ち上げ、海外で仕入れたアイテムの売上。

マーメイドアイテムの監修やマーメイドネームを考案することの謝礼も。

また、オリジナル香油作成スクールレッスン代金、州政府関連の企業様のコンサルタント業務及び海外出張、アーユルヴェーダの施術やエジプシャンマッサージの売り上げ代金、ヒーリングとして『ランドヒーリング』参加料金など多岐に渡る活動から収入を得ています。

マーメイド協会 代表としてのライフスタイル

さまざまな活動をされていて、かなり忙しそうな印象があります…。

そうですね…実際はほぼ毎日仕事に費やしています。

本当は週4日は仕事の時間、週3日は家族・勉強の時間(自分の解放)と決めているのですが(笑)

メンターとして、ボディワークやその他をレッスンを受講された方たちへのフォローも大切です。

時間を惜しむことなく受講生の皆さんとのコミュニケーションを重視しています。

州政府関連の企業様からの依頼で海外と連絡を取ることも多いので、深夜まで仕事をしていることもありますね。

ただ、将来的にはグローバルに活動していきたいと思うので、日本時間にこだわった仕事をしている感覚はありません。

もちろん、自分一人で仕事をすると回らないこともあるので、事務的なことは一緒に働くスタッフの方に依頼して成り立っています。

とてもパワフルですね。忙しさに負けない精神力はどのように培っているのでしょうか?

常に「バランス良く、上手く活動できるように!」を意識的にコントロールして、自分自身を調整しています。

例えば、仕事が続いているときは、深呼吸と瞑想をして、短時間で2日分ほどの心身浄化を行っています。

また、生徒さんの成長が私の大きなパワーにもなっていますね。

マーメイドの活動以外にも、メンタル美容研究家として多くのことを研究してきました。

健康・美・メンタルの関連性を考え、レッスンの中に取り入れています。

私に心身を委ねてくれる生徒さんも多く、愛情を注いで抱きしめてしまうんです。

すると、生徒さん達もどんどん愛を感じて、ますます美しく、幸せな表情を見せてくれる。

それを身近に見れることで、感動するとともに自分自身のメンタルも成長します。

マーメイドに着目したキッカケ

そもそも、なぜマーメイドに着目したのでしょうか?

まず、私自身、人魚に憧れていたというのがあります。

「現実と幻の狭間」にある人魚に強く惹かれていたのです。

そんな中、海外のサイトで一般の人が人魚姿になっているのを見たんです。

「すごい!人魚になれるなら、私もすぐになりたい!」と思い、マーメイドに成り切れるための道具をすべて揃えました。

初めてマーメイドになったときの感動は忘れられません。

今でも大切に心に留めています。

そして、このとき、初めて人魚のヒレ(モノフィン)をつけて驚いたんです。

モノフィンをパタパタ動かすだけで、身体の中心がどんどん鍛えられていく。

モノフィンを使って何かできるのではないかと考えました。

そこで、以前働いていた州政府時代にお世話になった大学の教授に相談し、神戸大学の専門の先生を紹介して頂きました。

本格的なデータ収集から始まり、各筋肉に節電図を装着し調査した結果、実質的にモノフィンが身体に良い影響を与えられるエビデンスが出来た。

このエビデンスをもとに『マーメイドモノフィンボディワーク』を考案、商標登録をしました。

憧れだった“マーメイド”が仕事に繋がったんですね。

そうなんです。

人の脳は感動することで、確実に記憶し、その記憶以上の感動を求めて気持ちを高める能力があります。

私はマーメイドを通して何度も感動しているのですが、この感動を皆さんに伝えたいと思いました。

また、メンタル美容研究家の活動もしていたため、「マーメイドは集大成の仕事になるかもしれない!」と思いました。

マーメイドエクササイズは、美の意識を高めながら身体を鍛えられます。

ワクワクしながら取り組むことで、女性としての魅力も向上。

今までと違う自分の発見ができます。

この素晴らしさも皆さんにお届けしていきたいと。

そんな想いで、日本マーメイド協会を立ち上げました。

誰もしていないことを始めるのには、かなりの勇気も必要だったのでは?

細心の注意は払っていますね。

誰もしていないことを展開するというのは、信頼を創り上げていかなければなりません。

そのためにも、信憑性のある情報を十分に意識しながら発信を心掛けています。

情報収集も怠りません。

州政府の経験を活かして、さまざまなイベントで世界のマーメイドに関する情報を得る機会があります。

マーメイドに関わるすべての人たちが安心して学べて健康でいられるように、そして笑顔や幸せのために、活動していきます。

マーメイド協会 代表としてのやりがい、つらさ

マーメイド協会の活動をする上で、どのような場面でやりがいや楽しさを感じていますか?

マーメイドになることで、多くの人たちの笑顔を見れることです。

最初は自信のない方でも、エクササイズを通して可愛くて美しい人魚になると、どんどん自身に溢れ、意識や行動も変わってきます。

それは、私のやりがいとなっています。

また、取材などのご依頼があった時に、メディアのスタッフの皆さんと一緒に楽しく過ごせることは、楽しみとなっています。

「人魚」というキーワードに興味を持って集まる方たちとは、とても心地よく過ごせます。

周りの人たちへの感謝を忘れずに、楽しくマーメイドワールドを続けていければと思っています。

逆につらいな、大変だな、と思うことはありますか?

苦労や大変さは特にないですね。

ただ、時間配分はあまり得意でなく。

自分自身を向上させるために、積んである本を読む時間に費やしてしまうのですが、それ以外にも今の社会のトレンドを受け入れて熟すことも必要だと思っています。

そのためにも、SNSなどは一つのルーティンワークにしていきたいなと。

今はどうしても後回しにしてしまうので、上手く取り入れていきたいものです。

また、仕事がメインの生活になってしまうと、日常のお付き合いがほとんどなくなってしまいます。

実際友達は少なくなってきているのは寂しくもありますが…この仕事をしていると理解いただける方だろう、と勝手に解釈して前向きに過ごしています。

マーメイド協会 代表としての目標

今後、マーメイド協会の活動を通して目指していることを教えてください。

国内たくさんの方々にマーメイドになって欲しいと思っています。

そのためにも、全国各地で指導者を募りたいですね。

特に若い方々の素敵なエネルギーでキラキラしたマーメイドさんの誕生を期待しています。

目標は全国。それが達成したら、次は世界を目指していきたいです。

マーメイド協会として、世界中を訪れたい。

ドイツで開催されている、美しいマーメイドを決める『ミスマーメイドジャーマニー』から連絡もいただいているので、世界進出も夢ではないと思います。

実際に日本マーメイド協会では、「マーメイドモデル」さんたちの登録も30名程ありますので、今後誰もしたことのない「マーメイドのファッションショー」等の開催や、また、マーメイドワールドの創造として、「マーメイドになって○○をする」という、たくさんのワーク・セミナーを開催し、マーメイドの輪が世界中に繋がることを夢見ています。

好きを仕事にしたい人に向けてメッセージを

最後に、好きを仕事にしたい方へメッセージをお願いします。

“好きなこと”はどんどん極めてください。

そして、たくさんの“感動”をしてください。

どんなに小さな出来事でも、感動で脳波が変わり、好きなことを自分らしく表現できるようになります。

好きなことを自分らしく表現できるようになることで、自分自身アピールができます。

そして、自信にも繋がっていくのです。

自信がついてくると、表情が豊かになり、周りの人にも感動を与えられるような人になります。

そうやって、少しずつでも良いので、経験を積み重ねましょう。

それは宝物になり、やがてお仕事に繋がります。

ひいては、プロフェッショナルな道が待っていることでしょう。

好きなことを通じてたくさんの感動を得てくださいね。

ジャスミン井上さんから教わる、強いメンタルを保つ3つのポイント

1. この世にあなたが生きている奇跡に気づいてください

生きていると凹んでしまったり、嫌な気持ちになったりすることがあります。

しかし、この世に生命を授かり生きているということだけでも、素晴らしい事。

自分の存在をしっかりと受け入れてください。

この奇跡について。

あなたにはご両親が必ずお二人存在します。

お父様とお母様の愛がなければ、あなたはの存在はありません。

まずはその深い愛に心から感謝しましょう。

そしてそのご両親のご両親…と10代さかのぼると、あなたのAncestor(ご先祖様)は1024人になります。

Ancestorの存在がなければ、今のあなたは存在しないということです。

そして、その兄弟たちを考えると想像を絶する数字になります。

あなたのAncestorは、日本だけに拘ることなくもしかすると世界中、この地球全てのどこかで繋がっています。

そして今もそう。

地球のどこかにたくさん、あなたと繋がっている人はいます。

そう考えると、なんだか心が広くなってきませんか?独りではなく、たくさんの人たちの奇跡が繋がって誕生したあなたは、本当に素晴らしい存在です。

2. 何かを乗り越えるごとに、メンタルも強くなります

何かうまくいかないことが多くなると、気持ちも下がってしまい、下を向いてしまいます。

でも、皆さんには生まれる時に、必ず二つのギフトをもって生まれてきています。

一つは“乗り越える力(修行ともいいます)”、二つは“幸せになる力”。

このギフトを知ることが大切なポイントになります。

“乗り越える力”は、何か乗り越えないといけない時に発揮します。

頑張っている人でも、そうでない人でも、必ず前に立ちふさがるものが登場する。

出来事、人、いろいろなケースがありますが、それに打ちひしがれるのではなく、前に進もう。

乗り越えてみよう。

という勇気があれば、乗り越えられます。

その回数が多いほど、乗り越えるパワーは強力になります。

そして二つ目の“幸せになる力”と繋がるのです。

若い人たちは、乗り越える勇気がなく、辛い思いをする方もいると思います。

でも、必ず持っているギフトです。必ず開花します。

3. 「心の余裕」を持ちましょう

ポイントは、「自分を大好きになること」。

すると、自分に自信がつきます。

自分を認めることで安心でき、その安心感は心の余裕へと繋がります。

そして、周りの人のことを考えれるようになります。

自分のことで精いっぱいの状態だと、周りが見えなくなってしまいます。

しかし、余裕があれば、周りの人が困っていると、助けてあげたいという気持ちになるのです。

無理をせずに、心地よい自分でいれるような状況・状態に近づけてみてください。

そして、自分を大好きになり、自信をもって、素敵な笑顔で過ごしてみてください。

みるみるうちに、周りの人も自分自身も意識が変わってきます。

強いメンタルでいることは、周りの方を思いやれる「心の余裕」につも繋がります。

風で小枝が折れても、そこから新芽を出す、しなやかな大木をイメージしてみてください。

心のどこかに、雨や風に負けない大木を育ててみてください。

職業カテゴリー