バイトの面接の服装は? アイテム別に具体的に解説

(読了時間:6分44秒)

「バイトの面接、服装は何が正解?」

バイトの面接は清潔感のある服装や身だしなみが大切なのはわかっているけど、具体的にどのような服装が好印象なのか知りたい方へ。

男女別でアイテムごとに具体的に解説します。

「高校生やフリーター・主婦の場合は?」「スーツで行った方が良い職種は?」などの疑問も一気に解決。

この記事を読めば自信を持って面接に臨めるようになります。

バイトの面接の服装は?男女別で解説

バイトの面接の服装で大切なのは「清潔感」とよく言われますが、具体的にどのような服装が正解なのか難しいところです。

そこで、男女別にトップス・ボトム・靴などのアイテムごとに具体的なポイントをまとめました。

バイトの面接の服装|男性

バイト 面接 服装 男性

男性のバイトの面接の服装の基本は「襟付きのトップス+キレイ目のパンツ」です。

アイテム別に紹介します。

【バイトの面接|男性のトップス例】

  • 白シャツ
  • 無地か派手すぎない柄のシャツ
  • ポロシャツ
  • ベーシックな色のセーター

困ったら合わせやすい白シャツが良いでしょう。

夏はポロシャツ、冬ならネイビーなどのベーシックな色のセーターも〇。

営業や塾講師などの人前に出る職種の場合はジャケットを羽織りましょう。

トップスに合わせるパンツを見ていきます。

【バイトの面接|男性のパンツの例】

  • スラックス
  • チノパン
  • キレイ目のジーンズ

バイトの面接に履いていくなら、スラックスやチノパンが無難です。

服装自由のバイト先などはジーンズも可ですが、ダメージジーンズは避けましょう。

また、半ズボンは面接に着て行くにはカジュアルすぎるのでやめましょう。

続いて小物や髪型などについてみていきます。

【バイトの面接|男性の小物や髪型の例】

  • バッグ|A4が入るサイズで自立するものが〇
  • 靴|革靴かスニーカー
  • 髪型|清潔感がある短めの髪

男性は普段はバッグを持たない人も多いですが、面接のときに履歴書をむき出しで持って行くと印象が良くありません。

A4サイズの紙が折らずに入るバッグで、面接中に床に置いた時に自立する方が良いでしょう。

靴は革靴かスニーカーで、面接前に磨いておきます。

ブーツやサンダルはカジュアルすぎるので、面接には向いていません。

髪型は職種にもよりますが基本は短めで前髪が顔にかからないようにすると好印象です。

爪や髭もお手入れも清潔感には欠かせないので、面接前にチェックしてください。

バイトの面接の服装|女性

バイト 面接 服装 女性

女性のバイトの面接の服装は「キレイ目」であればパンツ・スカート・ワンピースどれでも構いません。

アイテム別に紹介していきます。

【バイトの面接|女性のトップスの例】

  • シャツ
  • ブラウス
  • カットソー
  • キレイ目のニット

面接に着て行くトップスは白や淡い色だと顔映りが良く、明るい印象になります。

上記のトップスにカーディガンやジャケットを羽織るのも良いです。

派手な色や柄、露出や体のラインが出るものは避けましょう。

続いてボトムスについて紹介します。

【バイトの面接|女性のボトムスの例】

  • ひざ丈・ひざ下丈のスカート
  • スラックス
  • チノパン
  • キレイ目のワンピース

面接に履いて行くボトムスは、丈が短くないスカートやスラックス、チノパンを合わせます。

ワンピースは1枚で着るとカジュアルな印象になってしまうこともあるので、カーディガンやジャケットを羽織ると良いでしょう。

続いて面接で気を付けたい小物やメイク、髪型について。

【バイトの面接|女性の小物・メイク・髪型の例】

  • バッグ:A4サイズが入る自立するものが〇
  • メイク:ナチュラルメイク
  • 髪型:肩より長ければ結ぶ
  • 靴:パンプスが基本
  • アクセサリー:付けすぎ注意
  • ネイル:なしか派手すぎないもの

バッグはA4の履歴書が折らずにはいる大きさのもので、自立すると面接のとき床に置いた時に倒れなくて良いでしょう。

メイクはすっぴんでも派手すぎても印象が良くないのでナチュラルメイクを心がけて。

なお、アパレルや化粧品販売などのバイトであれば、お店に合う雰囲気のメイクが好まれます。

肩より長い髪の毛は、一つにくくったりお団子にしたりして、お辞儀したときに落ちてこないようにしましょう。

前髪も眉にかかる長さならスプレーなどで固めたり、ピンで留めたりすると、お辞儀するたびに顔にかかって気になることもありません。

靴は3~6cm程度のヒールのあるパンプスが最もフォーマルな印象ですが、服装自由であればキレイ目のブーツやスニーカーでも可です。

アクセサリーは腕時計や結婚指輪以外は外しておくと無難です。

ネイルは飲食店の場合は何も塗らないようにします。

そのほかの職種でも、薄付きのマニキュア程度のネイルが好印象です。

バイトの面接の服装に関する疑問を解決

「バイト面接の服装、こんな時はどうしたらいい?」という疑問を解決します。

高校生のバイト面接の服装は制服?私服?

高校生のアルバイト面接の服装は、制服でも私服でも構いません。

もし、迷うなら制服で行くと間違いないでしょう。

校則を守ってきちんと制服を着ているのが好印象です。

夏の面接であれば制服の夏服で行っても問題ありません。

フリーター・主婦(主夫)のバイト面接の服装は?

社会人経験のあるフリーターや主婦・主夫の方はスーツで面接に行くと安心です。

学生なら大目に見てもらえる服装であっても、社会人経験のある人だと「常識に欠ける」とみなされてしまうこともあります。

アパレル関係など、服装がアピールになる職種であれば私服で行くべきですが、一般的なバイトであればスーツで行くと印象が悪くなることはありません。

迷った場合はスーツで行くと良いでしょう。

スーツで行った方が良い職種もある?

職場の人がスーツを着て仕事をしている場合は、バイトの面接もスーツで行くのが基本です。

また、以下のような職種のアルバイトの面接はスーツを着て行きましょう。

バイト面接でスーツを着て行くべき職種

    • 塾講師
    • オフィスの事務
    • 営業系
    • ホテル業界
    • ウェディング業界

人前に出る塾講師や営業、フォーマルな装いが求められる業界ではスーツを着て仕事をすることになります。

求人票に「スーツ着用」などと書かれていることも多いので確認してみてください。

職種別の面接の服装のポイントは?

バイトの面接に適した服装は、職種によっても異なります。

バイトの職種別に面接の服装のポイントを紹介します。

  • 飲食店:制服があることも多い。服装そのものよりも髪型や爪などの清潔感が重視される
  • コンビニ:キレイ目のジーンズやスニーカーもOK。接客するので清潔感は大切
  • 塾講師:スーツ勤務のことも多い。スーツで行く方が無難
  • アパレル販売:服装も面接で重視される。お店の雰囲気に合うおしゃれな着こなしが求めれられる
  • 倉庫などでの軽作業:お客さんと接する機会がないので服装は問われないことが多い

アパレル販売のアルバイトの面接では、お店の雰囲気に合う着こなしができるかが重視されます。

面接の前にショップへ行って、店員さんのコーディネートを観察するのも良いでしょう。

そのほかの職種についても、アルバイト先の雰囲気に合わせた服装が大切です。

服装自由のバイトの面接は何を着て行くべき?

服装自由のアルバイトであっても、だぼだぼのジーンズなどを着て行くと面接官から白い目で見られてしまいます。

服装自由の場合は冒頭に述べた男女別の着こなしを参考に、清潔感のあるキレイ目な服装を選んでください。

スーツで行く必要はありません。

バイトの面接が夏の時はジャケットは必要ない?

バイトの面接が夏の場合にジャケットを着て行くか迷う職種であれば、持って行って面接のときには着た方が良いです。

飲食店やコンビニなど、服装がそれほど厳しくない職種であれば、ポロシャツやカットソーなどのトップス1枚でも構いません。

髪色は黒でないとダメ?

髪色はバイト先で関わるお客さんが不快に思わない程度であれば、黒でなくとも構いません

髪色自由、と書かれているのであればそれほど気にする必要はありませんが、脱色して奇抜な色に染めているのであれば面接のときには髪色を暗くした方が無難です。

1日だけ髪色を変えられるスプレーなどもありますから、上手く使って面接での印象が良くなるように工夫しましょう。

面接のときにはマスクは外す?つけたまま?

一般的には、面接のときには顔がはっきり見えるようにマスクを外すのがマナーとされています。

ただし、現在はコロナウィルスの影響でマスクを着けたままバイトの面接を行うことも多いようです。

面接が始まるときに面接官の方から「マスクを着用したままで構いません」と言われたら、そのままつけて面接します。

何も言われなかったら、「面接の間はマスクを外した方が良いですか」と一言聞いてみる方が印象が良いです。

面接官の指示に従って、マスクの着脱をします。

バイトの面接の服装|まとめ

バイトの面接は、第一印象がとても大切です。

「バイト先の人が一緒に働きたいと思ってくれそうか」「お客さんから見て印象はどうか」という視点で考えて、気持ちよく仕事ができる服装を選びましょう。

迷ったら、この記事で紹介した男女別の着こなしの例を守れば印象が悪くなることはありません。

自信を持って面接に臨んでください。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント