病棟クラークの働き方の種類・雇用形態

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

病棟クラークの雇用形態

病棟クラークとして働くといっても、その雇用形態は様々です。

病院によって募集している形態が異なることもありますし、同じ病院の中でも、さまざまな雇用形態のスタッフが混在している場合もあります。

責任者となる役職者だけは正社員で、その他のクラークは非正規雇用という病院もあります。

最も多い形態としては、病院から直接雇用されている正社員、もしくは派遣会社に登録し、病院へ派遣を受けている派遣社員でしょう。

もちろん、それ以外にも契約社員やアルバイト・パートなど、実に多様な雇用形態があります。

正社員の病棟クラーク

正社員の病棟クラークの場合、ほとんどの場合は病院に就職しているということになります。

病院からの直接雇用のため、身分としては最も安定している立場です。

総合病院や、複数診療科のある大病院の場合、人事異動で勤務する病棟が変更になることもあります。

例えば今までは婦人科の病棟担当だったのに、人事異動で次年度からは眼科というように、全く異なる分野の病棟へ異動となることも大いにあり得ます。

もちろん、病棟クラークとしての基本的な業務は共通点も多いでしょうが、取り扱う疾患ががらりと変わるため、学び直す必要がある部分も多々あります。

一方、病院の正規雇用ですから、有給休暇や福利厚生などはしっかりとしていることが多いようです。

あまり多くはない例ですが、全国に系列病院があるような大きな組織の場合、病院間の転勤希望を出せる病院もあるようです。

家族の都合などで県外への転居があった場合でも、系列病院への転勤が叶い、病棟クラークを続けることができたという例もあるようです。

派遣の病棟クラーク

正社員の病棟クラークと並んで、あるいはそれ以上に一般的な働き方として、派遣で働くという方法があります。

医療職・医療関連職の細分化と専門化に伴い、医療職・医療関連職専門の派遣会社が複数できています。

病棟クラークも専門の派遣会社や、専門の部門を有する派遣会社があります。

派遣で病棟クラークとして働きたいと考えた場合、そのような派遣会社に登録し、病院に派遣されることになります。

派遣社員であっても、病棟クラークとしての業務内容は正社員の場合と変わらないことがほとんどです。

ただし、正社員のみ残業OK、派遣社員は必ず定時退社などのルールがある病院もあります。

また、休日やシフトのルールが正社員と異なったり、利用できる福利厚生に差があるといったケースもあるようです。

一方、派遣であるからこそ、自由に働くことができるというメリットもあります。

勤務している病院や病棟で辛いことがあったり、自分にはどうしても合わないと感じた場合、別の病院へ派遣してもらうよう要請することも可能です。

中には、あえてさまざまな医療機関での勤務を希望して、経験を積む人もいます。

複数の病院を経験し、病棟クラークのオールラウンダーとして自己価値を高めるといった働き方も可能です。

一部、病院によっては正社員の病棟クラークはおかず、病棟クラークは全員特定の派遣会社から派遣してもらっているという病院もあります。

希望する病院がそのような体制をとっている場合は、取引のある派遣会社に登録する必要があるというケースもあります。

アルバイト・パートの病棟クラーク

中には、アルバイト・パートとして働いている病棟クラークもいます。

業務内容は正社員や派遣社員と同じであることもありますし、彼らのサポート的な役割を期待されるケースもあります。

また、一部ではアルバイトは所属病棟が固定されておらず、適宜人材が必要な病棟に割り振られるということもあるようです。

その場合、出勤のたびに病棟が異なるため、広く浅く知識を広げてく必要がある、というケースも想定されます。

非正規雇用という位置づけになりますので、正社員のような福利厚生は利用できないことがほとんどです。

また、休日やシフトのルールも正社員や派遣社員とは別に設定されていることも多いため、事前に確認しておく必要があります。

一方、アルバイト・パートだからこそのフレキシブルな勤務が可能という魅力もあります。

自分のや家族の都合に合わせて勤務を調整してもらったり、特に忙しい時期だけ勤務するといった柔軟な働き方ができるケースもあるようです。