小説家坂井 希久子さん

1977年、和歌山県和歌山市生まれ。同志社女子大学 学芸学部 日本語日本文学科卒業。2002年、作家を志し、勤めていた京都の通販会社を退職し上京、小説講座の門を叩く。2008年「虫のいどころ」で第88回オール讀物新人賞受賞。著書に『コイカツー恋活』『羊くんと踊れば』がある。

座右の銘:五里霧中

HP:坂井希久子のブログ『たまごの日々』

小説家の仕事内容について教えて下さい。

一言で言えば、小説を書くのが仕事なんですけど(笑)

そうですね、普段の生活をしていて、ちょっとした心に引っかかったものをメモしておいたり、頭とか心の中に留めておいて、そういったものを少しずつ組み合わせていくと言いますか……。

普段から小説家としての、モノを見る視点とか、感性とかを持っていたいと思ってます。小説家ってそんな仕事です。

もちろん書くことが仕事なんですが、それ以外のことがすごく重要で、観るもの、聞くもの、映画だったり、小説だったり、全てが栄養になります。そういう意味で言うと、24時間寝ている時以外は仕事中という感じです。まっ、夢もたまにヒントになったりしますから、24時間ですね(笑)

小説家っていうのはそういう仕事かなって思いますね。

24時間仕事の感覚なのですね。一日はどんな風に過ごしますか?

私は低血圧なので、朝はあまり早くなくて(笑)。9時ごろに起きてシャワーを浴びて、軽く食事を摂って、書き始めるのは大体、11時ぐらいからですかね。

14時過ぎになると休憩をしたり、昼は気持ちが弛むのでパソコンを持って喫茶店などに行ったりして、外で書いていることも多いですね。締め切りが迫っている場合は夜中まで書いています。

小説家を目指そうと思ったきっかけを教えて下さい。

きっかけはものすごく単純です。小学校6年生のときに、夏休みの宿題で作文を3本書かなければいけなかったんですよ。先生が好みそうな作文を書くのは、ものすごくめんどくさくて(笑)。

その中の一本は創作物を入れても良いということで、童話を書いたんですよね。童話は宿題で誰も書いて来ないので、先生もおもしろく感じたらしく、県の小さなコンクールに出したんですよ。それが、入選して賞をもらったのが、すごく嬉しくって「将来、小説を書いて生きていく」って言ったことがきっかけですね。

そのときからずっと小説書くって言いながら書いていますから。バカなんです(笑)