ショップ店員の仕事内容

ディスプレイ、品出し、タグつけ、おたたみ&整列、接客、レジ打ち&包装など

ショップ店員とひと言でいっても、アパレルショップ、アクセサリーショップ、インテリアショップ、雑貨店など、さまざまなお店があります。

細かな違いはあるとは言え、仕事内容はほぼ同じです。

では、どのような作業をするのか、具体的に並べると以下のとおりになります。

ディスプレイ

お店にもよりますがディスプレイの陳列を店舗スタッフがやることもあります。

雑貨も洋服も、どんな風に飾ればより魅力的に見えるか、考えながら並べていくのもショップ店員の醍醐味のひとつです。

チェーンを構える大きな店舗になると本社からディスプレイ専門のスタッフがきたり、ディスプレイの指示書が贈られてくることも多いようです。

品出し

倉庫や本社から届く商品を段ボールから出して、バックヤードや店舗用の倉庫に保管する作業です。

納品リストを見ながら商品は間違えていないか、数は合っているか、検品していきます。

どんな業種のショップでも必要な作業で、アイドル時間(空いている時間)に担当になったスタッフがバックヤードなどで行ないます。

タグつけ

大手チェーンのアパレルショップなどだと、納品時に既に値札などの商品タグが付いている場合もありますが、そうでない場合は店舗でタグつけをします。

タグは別途納品されたものもあれば、小さな雑貨店などだと手書きやお店で印刷したものなどさまざま。

こちらもアイドル時間にバックヤードで行なうお店がほとんどです。

おたたみ&整列

開店中、空いている時間に店内をまわりながら、お洋服をたたんだり、商品を並び替えたり、陳列を整えるのもショップ店員の大事な仕事のひとつです。

アパレルショップなどだと、入社前に洋服のたたみ方などの研修もあるお店も多いです。

接客

ショップ店員の一番の仕事のメインといえば、やはり接客です。お客さまの相談にのりつつ、おすすめ商品をセレクトし、販売をする。

この接客が好きでないとショップ店員は務まらないといわれるほど、重要な仕事なのです。

レジ打ち&包装

お客さまの購入が決まったら、お会計をし、お包み(包装)をします。

カード払いか現金払いかを確認し、速やかに会計作業をします。会計をするスタッフの横でお包みをすることもあります。

いずれのショップも自宅用かギフト化を確認し、専用の包装をします。

雑貨店などだと凝った包装をするお店もあり、このお包みも入社前に研修があるお店が多いようです。

ほかにも、開店前の掃除、閉店後の片付け、お客さまへDM送付、お問い合わせの電話対応など、細かな仕事は多々あります。

どれもさほど難しいことはなく、覚えてしまえば要領よくこなすことができるでしょう。

勤務先は大きく分けると、アパレル系、インテリア&雑貨系の2つ

勤務先となるショップは大きく見て以下の2つのジャンルに分かれます。

アパレル系ショップ

洋服、アクセサリー、バッグ、シューズなどの接客販売を行なうのが仕事です。

すべてを取り扱っているセレクトショップのようなお店もあれば、バッグやシューズの専門ショップもあります。

アパレル系の仕事すべてに共通している大きな特徴は「試着があること」です。

洋服なら着てみたり、バッグなら持ってみたり、試着されたお客さまにそのままお買い上げいただくにはコーディネート提案も重要なポイントになります。

インテリア&雑貨系ショップ

インテリアや、雑貨、文具ショップなどのショップ店員もアパレル系と同じく接客販売が仕事になります。

ディスプレイや包装などに力を入れている店舗も多く、手先が器用な人も多いようです。

特徴的なのは男女比。インテリアショップなどだと男性4割、女性6割くらいですが、雑貨店となると男性2割、女性8割くらいとなります。