納棺師の仕事内容

故人を安らかにお送りするために 納棺師とは亡くなった人を棺に納めるために必要な作業と行う職業人のことをいいます。 映画『おくりびと』でその存在が広く世間に知られ、興味や関心を持つ人が増加してきました。 別の呼称として「湯 … 続きを読む

納棺師の1日

納棺師の一日の流れ 8:30 出勤 事務所の清掃を行った後、その日の流れを確認します。大体3人一組のチームで仕事を行います。 9:00 出発 社用車で現地に移動します。一日4件ほどの納棺を行うのが通常です。忙しいときには … 続きを読む

納棺師のやりがい、魅力

遺族からの感謝の言葉が活力に 納棺師のやりがいの筆頭として挙げられるのが遺族から寄せられる感謝の言葉です。 故人を失い、これ以上ないほどの悲しみで溢れている葬儀の場での納棺の儀はベテラン納棺師といえども大きなプレッシャー … 続きを読む

納棺師のつらいこと、大変なこと、苦労

悲しむ遺族との関わり方 現役の納棺師が一番苦労を感じる瞬間は、棺のふたを閉めるときだといいます。 遺族と故人とを隔ててしまう瞬間を、自分の権限で推し量ってもいいものだろうかと苦悩するためです。 悲しむ遺族を目の前にすると … 続きを読む

納棺師の現状と将来性

超高齢化社会と納棺師 日本において高齢化の進行が叫ばれるようになったのは最近のことではありません。 それどころか、2007年には総人口において65歳以上が占める割合が20%を超え、今まさに日本は超高齢化社会の真っただ中に … 続きを読む

納棺は葬儀屋の仕事?

納棺に特別な資格はいらない 映画『おくりびと』のヒットにより、急激に認知度の上がった納棺師という職業ですが、実はこれといった資格は必要ありません。 一般的な納棺であれば葬儀会社の担当者が行うのが通常であり、場合によっては … 続きを読む

納棺師と湯灌師の違い

呼称に規定はない 厳密には納棺作業を専門とするのが「納棺師」、湯灌(ゆかん)作業を専門とするのが「湯灌師」とする向きもありますが、この二つの作業は互いに不可分であるため、呼称はどうあれ、どちらの作業も行うことになるのが一 … 続きを読む