納棺師のつらいこと、大変なこと、苦労

悲しむ遺族との関わり方

現役の納棺師が一番苦労を感じる瞬間は、棺のふたを閉めるときだといいます。

遺族と故人とを隔ててしまう瞬間を、自分の権限で推し量ってもいいものだろうかと苦悩するためです。

悲しむ遺族を目の前にするとそのタイミングをはかりかね、言葉では表せない苦しい気持ちで胸がいっぱいになるのだそうです。

また、納棺師はいかなる時も涙を流すことは許されません。あくまでプロフェッショナルとして葬儀の場に立つ以上、必要以上の感情移入は業務の妨げになります。

とはいえ、遺族の悲しみに直に触れたとき、どうしようもなく心が動かされることも珍しくありません。

これこそ納棺師ならではの苦労ということができるでしょう。

状態の良い遺体ばかりではない

納棺師が扱う故人の死因は様々であり、中には痛々しく苦悶の表情に満ちた遺体もあるのが正直なところです。

変死や事故死、自殺の場合の遺体はあまりの痛々しさにそのままではとてもではありませんが葬儀を迎えることができません。

そのような遺体を少しでも痛々しくないように処置を施すのが納棺師の仕事なのです。

このような処置は大変つらく、たとえベテランの納棺師であっても目を背けたくなることもあります。

納棺師の離職率の高さもこのあたりに起因するところが大きいかもしれません。

しかし、これは納棺師にしか担えない作業です。現在活躍中の納棺師は日々強い使命感を持って業務にあたっています。

いかに周囲に悟られずに時間で動くか

納棺作業は1時間30分ほどで終わるのが一般的です。せかせかと慌ただしく動くのではなく、かといって緩慢になることなく、スムーズに作業を進めていくと大体このくらいの時間で一連の作業が終了します。

しかし前述のように大切な人を失った遺族の悲しみは計り知れず、時には作業が止まってしまうことも珍しくありません。

こういった場合に無理に作業を進行させることはできません。

遺族の悲しみに寄り添いながら、なるべく時間どおりに作業を進めなければならないことも納棺師の苦労の一つです。

意外と体力勝負

遺体は硬直しているため、扱いには大変苦労します。中には体格の良い遺体もあるため、納棺師の多くが腰痛持ちであるという話もあるほどです。

また1日に3~4件の現場をはしごし、その都度、緊張感を持って作業を行うことで精神的にも疲労がたまります。

日常生活の中で疲労回復に努め、ストレスを発散させる努力が必要不可欠であるといえます。

日々死と向き合う仕事

一般的に人間が死を身近に感じるのはやはり身内を失ったときでしょう。その喪失感や悲しみは一朝一夕に言えるものではなく精神力を大いに消耗するものです。

納棺師は縁もゆかりもないとはいえ、日々人の死に接するわけですからその精神の疲弊はすさまじいものであることが容易に想像できます。

実際、そのような毎日に耐えきれず離職していく人も多いのが現状です。

慣れで何とかなるという類のものでもないため、多くの納棺師が永遠の課題として気持ちの持ちようを模索しています。

これこそが納棺師の究極の苦労であるといえるかもしれません。