納棺師の1日

納棺師の一日の流れ

8:30 出勤

事務所の清掃を行った後、その日の流れを確認します。大体3人一組のチームで仕事を行います。

9:00 出発

社用車で現地に移動します。一日4件ほどの納棺を行うのが通常です。忙しいときには7~8件手がけることも。

9:30 到着・あいさつ

現地に到着したら遺族と密なコミュニケーションをとります。悲しみに寄り添いながら、要望を伺った後に作業に入ります。

9:45 納棺作業開始

湯灌、化粧、着替えをベースに納棺作業を行います。所要時間はおよそ90分ほどです。

11:30 作業終了・あいさつ・次の現場へ移動

無事に納棺を済ませたら遺族への声掛けを行い、次の現場へ移動します。

17:00帰社

帰社後は車両の衛生処理、備品の整理を行います。

17:30業務連絡・退勤

その日の反省点をチームで共有し、社内に周知すべく書類にまとめます。その後、翌日のスケジュールを確認し退勤となります。

納棺はチームで行う

その日によってメンバーは異なりますが納棺作業は2~3人のチームであたります。

必ずベテランと新人が組むように編成されているため、経験の浅い納棺師も不安感を持たずに作業することができます。

移動には社用車を使うため、すべてのスタッフに普通免許は必須です。その日に運転を担当したスタッフには手当を付与する会社もあります。

納棺の場は様々

納棺を行う現場はセレモニーホールの他、自宅や病院などさまざまです。

一言で納棺といっても場所によっては遺族が納棺に参加したり、地域独自の儀式を行ったりとその進行も異なります。

朝のうちにその日一日の現場と納棺の流れを把握し、滞りなく作業を進めなければなりません。

勤務はシフト制

納棺師の勤務体制はシフト制をとっている葬儀の需要とっている会社がほとんどです。その日出勤しているスタッフで前述のようなチームを組んで勤務にあたります。

したがって、不定休であることが多く、時期によっては連勤が長引くこともあります。また時間外勤務をせざるをえない場合もあります。

納棺の流れ

納棺作業は地域によっても差があるため一概にはいえませんが、お通夜の開始までに遺体を清め、仏衣を着せて棺に納め、祭壇に安置することが最終的な到達点になります。

納棺にあたっては火葬場で荼毘(だび)に付すまで遺体を美しく保つことを念頭に置いて作業を行っています。

人は亡くなった瞬間から体の中に菌が繁殖して腐敗が進行していきます。

遺体の状態や季節によって進行速度は異なりますが状況によってさまざまな対応が必要となります。

ドライアイスをあてて鼻や口の中に詰め物をするのが通常であり、場合によっては長期保存のために遺体の殺菌・消毒、防腐処置といったエンバーミングを行うこともあります。

その後、着ていた服を脱がせて体をきれいに拭く湯灌の儀、女性の場合は化粧を施し、男性の場合は顔そりを行った後に仏衣を着せます。

そして遺体を棺に納めて作業終了です。これをベースに遺族の要望や地域性に応じて細かな対応をしていきます。

遺族の悲しみに寄り添いながら90分程度ですべての行程を終えることは納棺のプロだからこそできる仕事であるといえるでしょう。