携帯ショップ店員になるには

学歴不問

携帯ショップ店員になるために必要な学歴はありません。

多くの求人は「高卒以上」と謳っているだけであり、大学や専門学校にを卒業していなくても十分活躍できる職種であると考えていいでしょう。

ただし給与面で差がついてくることは避けられません。

また営業色の強い職業でもあるため、客からの信頼を獲得するためにも上級学校に進学することは大きなプラスになるでしょう。

未経験者歓迎

もちろん経験者が即戦力として優遇されるのは言うまでもありませんが、そうでなくても十分に活躍できる業界です。

3ヶ月前後は研修生としてベテランの細やかな指導を受け、実力をつけることができます。

接客等のマナーやキャリアに関する知識も外部研修で身に付けていくことになります。

機械に強いと有利

携帯ショップ店員の業務は事務手続きはほぼPCやタブレットで行います。

加えて故障やデータ移行など、携帯電話本体を操作する機会も多いことは言うまでもありません。

機械系の学校を卒業している人は、その経験を大いに活かすことができるでしょう。

接客アルバイトが身を助ける

接客技術は場数を踏むことで上がっていくもの。

携帯ショップ店員を志す人は何らかの接客アルバイトを経験しておくことをおすすめします。

もちろん携帯ショップのアルバイトであればなおいいでしょう。

どの店舗を選ぶか

携帯電話ショップは独立店舗の他、家電量販店の一区画に出店されているものもあります。

また3大キャリアの他、格安ケータイ会社が台頭してきており、それぞれに特色があります。

就職活動の際は業界研究を行い、自分にあう就職先を選ぶことができるように分析を行いましょう。

雇用形態や就職後のビジョン等、自分で調べられることは徹底して調べておくと、その後、自分に合った条件で長く働く道を見つけることが可能になります。