助産師富樫 直美さん

1975年、東京都出身。助産師としてNTT東日本関東病院に勤務。助産師の仕事をしながらプロボクサーとしても活躍を続け、日本初のWBC女子世界ライトフライ級世界王者に輝いた。2008年から2012年の間に7度の防衛に成功。2012年9月10日に現役を引退し、同月に結婚。劇団四季の大ファン。

座右の銘:今を生きる

HP:NTT関東病院ホームページ

富樫さんは現在、どのようなお仕事をされていらっしゃるのですか?

「助産師」というと、“お産を取り上げる”イメージを持っている人が多いのではないでしょうか?もちろんそれは助産師の仕事ですが、妊婦さんの栄養指導や生活についてアドバイスを行う「外来」も担当しています。

当院のように「助産師外来」をやっているところでは、助産師は妊娠中から出産まで産婦さんとずっと関わりを持つので、信頼関係を築きやすいですね。産婦さんとしても、分娩のときに顔見知りの助産師がいることで、より安心してお産に臨めるように思います。

毎日の仕事は、外来担当の日もあれば分娩担当やベビー室担当だったりと、日によって違います。

助産師になったきっかけを教えてください。

私は高校卒業後、看護学校を出て「看護師」としてスタートしたんです。就職したのは中規模の総合病院で、内科病棟で働いていました。肺から消化器、そして眼科まで幅広い症状の患者さんがいるところでした。

毎日一生懸命やっていたのですが、人が亡くなる瞬間に立ち会ったり、ご家族の悲しみに触れたりすることも少なからずあったりと、あまり楽しいと思えなくて…。私自身まだまだ未熟だったのもあり、「こんな重い仕事に関わっていて良いのだろうか…」と、仕事を辞めてしまいました。

それから、半年ほどアメリカ留学へ。格好良く言えば「自分探しの旅」です(笑)。帰国後は「やはり人を助ける仕事、人の役に立つ仕事がしたい」と思い、再び医療の世界に入ろうと決意しました。

ただ、また看護師の仕事をする自信はなく、ちょうど助産師学校の試験を受けたら合格して。なりゆきだったのですが、学校では看護師時代とはまったく違う楽しさを感じ、そのまま助産師になりました。

助産師の仕事が楽しいと感じたことについて、詳しく聞かせていただけますか?

産婦さんと赤ちゃん、このふたつの命を守るという意味では、助産師の責任はものすごく重いと言えるでしょう。でも、新しい命が誕生するというのはとにかく幸せなことで、心の底から「おめでとう」を伝えることができるんです。私は単純なので、喜んでもらえるのが本当にうれしくて。

あと、赤ちゃんのパワーって本当にスゴイなと思いますね。みんなを幸せにしてくれます。仕事でヘトヘトになったときも、ちょっとベビー室に寄って赤ちゃんをギュッとすると、回復するんですよ(笑)

幸せそうな光景が目に浮かびます(笑)。では、そもそも看護師を目指そうと思ったきっかけは?

いまの若い子は知らないかもしれませんが、子どものころ『キャンディ・キャンディ』という漫画が大好きだったんです。孤児院で過ごす少女キャンディが、いくつもの逆境を乗り越えながら明るく前向きに人生を送っていく…といったストーリーなんですが。

キャンディはゆくゆく看護師になるんです。それで「人の役に立つ仕事っていいな」と感じましたし、ある程度の年齢になったときには「手に職をつけたい」とは考えていましたね。『キャンディ・キャンディ』、みなさんも機会があったらぜひ読んでみてください!

仕事体験談